コンサート

読響シンフォニックライブ

https://twitter.com/kazmatsuki/status/855443681385496577

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狛江エプタザールでの室内楽

今日は狛江はエプタザールでの室内楽コンサートでした。
ヴァイオリン 上里はな子、KENTA(from TSUKEMEN)
ヴィオラ 鈴木康浩
チェロ 小川和久
という鉄壁の布陣との共演。



主催の方が、みんな楽しんで音楽活動をされている方々だから、ということで「アンサンブルJOY」という名前をつけて下さいました。
エプタザールで演奏するのは2年ぶり。前回は上里はな子&松本和将デュオでした。とても響きのいいホールだったので、ぜひここで編成のある程度多いな室内楽をしたいと持ちかけて実現しました。
前半はまずはベートーヴェンの弦楽四重奏曲第2番。運命や熱情を書いた人と同一人物が書いたとは思えないような、優雅で華やかな曲です。爽やかな風がホールを吹き抜けるような感覚になりました。
そして次はドホナーニのセレナーデ。弦楽トリオの編成で、上里はな子さんが抜けて男3人のアンサンブルとなります。よく考えるとドホナーニという作曲家の作品は、この曲とあと1曲知っているだけ。かなりマニアックな作曲家なんですが、この曲は弦楽トリオの1番の名曲と評価する人もいるくらい、本当にカッコいい曲です。また、3人で弾いているとは思えないような巧みな書法も聞いていて楽しいです。会場のボルテージもどんどん上がってきました。



休憩を挟んで後半はシューマンのピアノ五重奏曲。合わせるのが決して難しい曲ではないんですが、自然とみんなの歌が一つの方向に向かっていかないと凝り固まったつまらない演奏になってしまう、意外に難しい曲。後の2曲がとにかく合わせが大変な曲だったのでシューマンはどうしても短い時間の合わせになってしまうんですが、本番は見事にみんなの気持ちが一致した感じでした。
アンコールはまたまたシューマンの3楽章の後半部分。アンコールでは本編より早く弾くのが定番。えぇ、煽りましたよ(笑)。みんなそれに答えてバッチリ弾くからやり甲斐ありますねぇ!
ちなみに今回は、僕は演奏の出番は後半だけだったんですが、ナビゲーター役も務めました。ピアニストが弦楽四重奏の解説をするというなかなかない展開^^;。でもそれでお客さんが少しでも音楽に親しみを感じてくれたらいいな、という思いでいつもしゃべっています。
お客さんにはTSUKEMEN KENTA君のファンの方もたくさん来て下さってましたが、懇親会でお話していると皆さん楽しんで下さったようで良かった。
またここでみんなで弾きたいな^_^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーヴェンソナタ全曲講座最終章



春休み感満載の表参道で、朝からベートーヴェンの後期ソナタの講座をしてきました。今日は30番と31番。こういう曲の場合は、「講座」という言葉がしっくりこないね。熱情とかだったら、どこがどういう仕組みになっていて、それをどうやったらうまく成し遂げられるか、そしてその結果生まれる音楽はどんなものか「解説」出来るけど、後期の3つのソナタは「解説」をするような境地にはきっとない。むしろ、どれだけ素晴らしい内容なのか、聞きにきた人とその感覚を共有するという感じかな。そのためには心の準備が出来ていないといけない。熱情やハンマークラヴィーアのように気合いではなくて、心を開いてありのままを受け入れるということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリティコンサート in カワイ名古屋






| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のコンサート

せっかくなので4月の予定も少し。



カンマームジークアカデミー in 呉の最終日4月1日には、受講生全員と講師が出演する修了演奏会があります。それぞれのグループに講師が入って一緒に演奏していますし、今年はスペシャルコンサートがあるのでごく短くですが最後には講師によるミニコンサートもあります。




4月8日には久しぶりに(なんと4年ぶり!!)三浦一馬君のキンテートに参加します。デュオでは味わえない、高校生の時にロックバンドをやっていた時の感覚にも似たようなエキサイトがあって楽しみです。






翌日4月9日には東広島の酒どころ西条に日本酒を飲みに……、ではなくて新しく出来た東広島芸術文化ホールくららでリサイタルです。去年5月18日に東京の浜離宮朝日ホールで行った「松本和将の世界音楽遺産」第1回を広島でも出来るのが嬉しいです。ハイドンから始まりモーツァルトのソナタとベートーヴェンのソナタ、最後は月光で終わる自信ありのプログラムです。





4月16日には狛江のエプタザールで室内楽。主催者さんがアンサンブルJOYという名前を付けて下さいました。



4月23日には昨年11月に第1回のシューマン&ブラームスヴァイオリンソナタ全曲演奏会行った東戸塚のサーラ・マサカで、第2回のコンサートです。今回はブラームスの第1番「雨の歌」とシューマンの2番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月のコンサート予定

そういえば毎月始めにはコンサート情報をアップすると言っていたがするのに早速忘れてて先月はやってない気がする(・_・;。1月もやったっけ。。

というわけで3月の予定!





もうすでに明日ですが、カワイ名古屋で東日本大震災のチャリティコンサート。上里はな子&松本和将デュオで名古屋では初のコンサートです。CDにもなっているフランクのヴァイオリンソナタのほか、追悼の意味も込めてバッハの主よ、人の望みの喜びよや無伴奏ヴァイオリンソナタなども弾きます。






3月18日には倉敷音楽祭で、倉敷のヴィルトゥオーゾのvol.2。今回は、長らく作陽大学で教授もされていたチェロのディミトリー・フェイギンさんにも来てもらって、前半はラフマニノフだけの重厚なプログラム、後半は打って変わってウィーンの香りのシューベルト「ます」を演奏します。



3月21日には岡山大学内にあるJunko Fukutake Hallで、ホール開設3周年記念のコンサート。初めて行くホールなので楽しみです。




3月28日からは毎年恒例、呉での室内楽マスタークラス「カンマームジークアカデミー in 呉」が開講します。今まで修了演奏会で講師によるミニコンサートを作っていたんですが、今回は初めて独立したコンサートを開催します。マスタークラスのために呉に集結した日本トップクラスのアーティストによる、この日にしか実現しない室内楽コンサートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月11日完売のお知らせ

3月11日のカワイ名古屋でのチャリティコンサート、チケットが完売になったそうです。皆さんありがとうございます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペトルーシュカ〜読響シンフォニックライブ

読響シンフォニックライブでのストラヴィンスキー:ペトルーシュカ終了。いつものソロや室内楽、はたまたコンチェルトとも違う要素が多すぎて、しかもピアノパートはコンチェルトのように難しくて、「楽しかった〜」と一言では片付けられないけれど、とても充実した気分です。
読響には団員の中に知っている音楽家が多くて心強かったし、広島はぼへみあんでたまたま隣でお話しして以来の再会した指揮の田中祐子さんもとても楽しく導いて下さって、すぐ近くの打楽器や管楽器の方々とピタッと合った時は気持ち良かったし、完全ソロのところはリハの時は探り探りだったしえらい難しくてブルブルしてたけど、思いっきりやって下さいと言って下さったので本番では思い切って弾けてみました。やり過ぎたかもしれないけど^^;。放送が楽しみだ!

放送は4月20日(木)午前2時29分〜3時39分です。
ようするに水曜日の深夜ですね。





| | コメント (1) | トラックバック (0)

読響シンフォニックライブ出演

2月28日公開収録の読響シンフォニックライブ、ストラヴィンスキー:ペトルーシュカのピアノパートを急遽担当することになりました。オケ中ですが、当初ピアノ協奏曲として構想されていたほどの派手なピアノパートです。
指揮は田中祐子さん。公開収録の応募は残念ながらもう終わっているのですが、4月ごろに放送される予定だそうですので観てくださいね。
読響シンフォニックライブ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ポン・ヌフプログラム

しあさって17日のポン・ヌフでのリサイタル、プログラムが最終決定しました。

ラフマニノフ:プレリュードOp.3-2嬰ハ短調「鐘」
チャイコフスキー:「四季」Op.37bより
1月 炉端にて
6月 舟歌
11月 トロイカ
スクリャービン:ピアノソナタ第5番Op.53
ラフマニノフ=コチシュ:ヴォカリーズ
ラフマニノフ:プレリュードOp.23-5ト短調

――――休憩――――
ムソルグスキー:展覧会の絵

何度か書いていますが、レストランでのコンサートと言うとディナーコンサートのようなものを想像されると思いますが、レストランとは別の建物で行う本格的なリサイタルです。プログラムももちろん本格的。終演後にはご希望の方には、レストランに移動してこの日のためだけのスペシャルディナーがあります。僕もいただく予定ですscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧