CDなどを聞いて

ピーター・ゼルキン

明日のエプタザールで弾くので、最近ブラームスのヴァイオリンソナタをよく聞いている。鉄板はシェリンクとルービンシュタイン。ヘッツェルとドイッチュのものも味わいがあっていい。
そんな正統派好きな自分だけれど、最近図書館で見つけたパメラ・フランクとピーター・ゼルキンのデュオが素晴らしい。すばらしいというか、面白い。
多分書いているうちにほとんどピーター・ゼルキンのことばっかりになってしまうと思うので、パメラ・フランクが非常に伸びやかに自然に歌う素晴らしいバイオリニストだと言う事常に伸びやかに自然に歌う素晴らしいヴァイオリニストだと言う事を書いておこう。
さて、ピーター・ゼルキンは言うまでもなく巨匠ルドルフ・ゼルキンの息子。父ルドルフに比べると少し活動のステージは狭いけれど、父とはまた違ったマニアックな人気がある、というイメージでした。僕は個人的にはよくわからないピアニストの1人で、それも「良くないと思う」ということではなくていまいち自分の理解の範疇の外にいるということ。CDを聞いても縦割りにしか聞こえず、一度コンサートも聞きに行ったことがあるけれど遠くの方でおとなしく弾いているような印象を受けただけだった。そう、このCDを聞くまでは。
最初のうちはやはり、ルバートを極限まで控えて表情も抑え目で、淡々と縦割りで進んでいくようなイメージがあった。しかし、隣で聞いているはなこが「このピアニストは突然怖いほど迫ってくるね」とひとこと言ったところから、いろんなものが見えてきた。確かに、何事もなく控えめに弾いているようでありながら、思い出したように突然目の前まで表情が迫ってくる。
そうしているうちに、だんだん彼の演奏している姿や、家で1人で音楽と向き合っている姿が勝手に浮かんでくるようになった。ナイーブな今にも壊れそうな心を持った青年が(実際はすでに50近いおじさん^^;)、自分の心の中にあるたくさんの難しい感情を冷たい輝きを放つクリスタルのように音にして紡ぎ、しかし奥底から湧き上がる衝動は抑えることができず時に突然激しい音となって表に出てくる。3番の3楽章あたりからは、もはやたかがはずれてしまったかのように、たくさんの爆発的な音が出てきます。そのたびにピーター・ゼルキンの姿が巨人になっていくよう。その姿を見ていると、なぜ淡々と縦割りのように演奏している部分があるのかがよくわかりました。
しかし、どれだけ爆発的な音を出してもその類まれなるコントロールは絶対に破綻をきたしません。コンピューターのような頭脳と完璧な指のコントロールを持って、どんな世界でも美しいものにしてしまう。あまりにも強迫的に激しくて、なのにどこまでも美しくて、聞いているとどんどん笑いがこみ上げてきます。変だからじゃなくて、すごすぎるから。もちろん隣ではなこも大笑いです。これを聞いて笑うと言う感覚はなかなかわからないだろうなぁ。こういう経験を共にできる相手がいるっていうのはいいね。
さて、だからといって明日はそんな屈折した美しさを出すわけではなくて、僕らはこれぞブラームスと言う音楽を目指して演奏したいと思います。2番のソナタは一緒にやるのが初めて。楽しみだ^_^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気CD?

なんと!!

Amazonの「子供の情景」のところに、「人気」っていうタスキ??みたいなのがついてる!!




クラシック全体でも89位みたいです。





なんだかすごいことになってるぞー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まつきとわたるとはなこのトリオCD制作現場

余りにもヘロヘロになっていてリアルタイムで投稿しそこねましたが、


13日、14日でまつきとわたるとはなこのトリオの初アルバムの編集と写真撮影をしました。

たった二日動いただけですが、一日目はスタジオに一日こもってひたすら音を聞き続けるシビアな作業(これを一年中やってるエンジニアさんはすごいと思う)、

140113
二日目は「この冬一番の冷え込み」って言われてる日に都心よりおそらく5度くらい気温の低い郊外の公園で、薄着で撮影。
1401142
1401142a

慣れないことをやるもので、ヘトヘトでしたが、一仕事終えた気分です。

レコーディングをしてから4ヶ月せずに発売という忙しいスケジュールなので、いろんなものを同時進行でやらないといけないですが、

こうやって少しずつ形になっていくのがすごく嬉しいね。

いいCDになーれ^ - ^ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD発売再開!

年末からネットで手に入らなくなっていた最新アルバム「子供の情景」が、

ようやくAmazonで再び手に入るようになったようです!

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=子供の情景%E3%80%80松本和将




| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー考察

1557740_3884220201221_804249236_n_2

先日HMVにすでに情報の載っていたトリオのCDが、ちょうど今編集作業も佳境に入っているところ。


録音した物を何度も何度も聞く作業を最近しているのだけれど、いや、これは良い!!

我がメンバーながら、聞いていてほれぼれとするような表情がたくさんちりばめられている。

きっといいCDになるなーO(^○^)O

そしてつくづくこの曲はシンフォニーだなぁ、と思う。

あ、チャイコフスキーのピアノ三重奏曲「偉大なる芸術家の想い出に」ですよ。

あ、トリオとは「まつきとわたるとはなこのトリオ」のことですよ(^_^;A

ブラームスのトリオを弾いていた時にも、そのままオケの音色が聞こえてくるような気がしたけれど、 この曲も同じ。

そしてもちろんチャイコフスキーのあの弦楽器がうねり木管が色彩を描き、そして金管がすべてを持っていくあのサウンド。

ピアノは時によって弦楽器にもなり、木管にもなり、金管にもなります。

打楽器もやります。

ピアノならではの音色というものはそんなに必要ないのかもしれない。

だいたいピアノをいかにもピアノのように弾くってのは、ショパンとリストくらいしかないんじゃないんだろうか。

それは言い過ぎか。

チャイコフスキーはソロを弾いていてもコンチェルトを弾いていても、間違いなく違う。

チャイコフスキーもラフマニノフもロシアの広大な大地を思わせる長くうねるようなサウンドを作り出したけれど、 チャイコはオケでそれに最も成功していて、ピアノはいまいち持て余していた感があるので演奏者の方で補足していかないといけない。

ラフマニノフは逆に、ピアノでそれに成功していて、オケは逆に使い切れなかった感がある。 面白いものですね。

さて、話が逸れた。。。

というわけで年末まで作業は続きますよ、というお話。

さぁ、明日はカウントダウンコンサートだ☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ってしまった!

1382102258523.jpg

1382102277766.jpg

ピアニストの斎藤雅広さんに進められて、思わず買ってしまいました。

Vladimir Horowitz Live at Carnegie Hall

なんと42枚組!!

あー、聞く暇がない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラームスとジュリアス・カッチェン

最近19日と22日のリサイタルで弾くのでよくブラームスのOp.117を聞いている。
ジュリアス・カッチェン素晴らしい!!彼の演奏はたまに性急な感じを受けるんだけど(ラフマニノフ2番のあのテンポ!!)、この3曲はどれも噛みしめるように弾いていて、染み入る。40代にして死ぬことを知ってたんだから、急いでても仕方ないよね。
グールドもいい。Op.118の数曲あるほうは個人的には崩しすぎててそこまで好きになれないんだけど、117はいいね。
ケンプの孤独感も魅力的。ヴィルヘルム・ケンプという人は、いつもバックハウスとの対比で「人間的な優しい演奏」というようなことを言われているけど、僕にはむしろ「いざとなったら切り捨てて突き放す冷たさを持っているからこその惹きつける魅力」な気がしてる。どうなんだろう。
逆にバックハウスは、一見厳しくて人を寄せ付けないように見えるけど、本当は最後まで絶対に面倒を見る人だったんじゃないだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラフマニノフコレクション

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。

3日間連続でカワイ表参道の広いスタジオで練習させてもらったら、ずいぶんいろんなものが見えてきたような気がする。

高2の時に初めて取り組んだ曲だから、もう16年もずっと弾いているのかぁ。

長くやっているからすぐに出来ることもあるし、

長くやっているからなかなか出来ないこともある。

特にこれだけ過去の自分のスタイルを確立してしまった曲になると、

今の自分の音楽性やテクニックに変えていくのがすごく難しい。

音楽性はまだ頭の中の作業だし、弾いてなくても音楽は常に流れているのでどんどん変わっていくんだけど、

久しぶりに弾くとやはり体は正直で、今では絶対にやらないような動きをしてしまう。

そしてそれに気付くのは至難の業だ。

でも今日少し気づけた気がする。

あぁ、遅すぎる~~。もうあさってが本番ではないかっdash

さて、ちょっとクラシックマニアっぽいこともたまには書いてみよう。

うちにある今パッと確認できる限りのラフマニノフの2番の録音リストだ。

・アビー・サイモン       レナード・スラットキン指揮 セントルイス響
・アール・ワイルド       ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ロイヤルフィル
・アレクセイ・スルタノフ    マキシム・ショスタコーヴィチ指揮 ロンドン響
・アンドレイ・ガヴリーロフ  リッカルド・ムーティ指揮 フィラデルフィア管
・アンドレ・ワッツ       ドミトリ・キタエンコ指揮 NHK響
・イェネ・ヤンドー       ジェルジ・レヘル指揮 ブダペスト響
・イェフィム・ブロンフマン  エサ・ペッカ・サロネン指揮 フィルハーモニア管
・イヴリン・チェン       レナード・スラットキン指揮 フィルハーモニア管
・ヴィクトル・エレスコ     ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー指揮 ソビエト国立放送響
・ウェルナー・ハース     エリアフ・インバル指揮 フランクフルト放送響
・エレーヌ・グリモー      ヘスス・ロペス・コボス指揮 ロイヤルフィル
・クリスティアン・ツィメルマン 小澤征爾指揮 ボストン響
・クー・ウン・パイク      ウラディーミル・フェドセーエフ指揮 モスクワ放送響
・ゲイリー・グラフマン     レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨークフィル
・ゲザ・アンダ         アルチェオ・ガリエラ指揮 フィルハーモニア管
・ジャン・フィリップ・コラール ミシェル・プラッソン指揮 トゥールーズ劇場管
・ジュリアス・カッチェン    ゲオルク・ショルティー指揮 ロンドン響
・スヴャトスラフ・リヒテル  スタニスラフ・ヴィスロツキ指揮 ワルシャワフィル
・スヴャトスラフ・リヒテル  クルト・ザンデルリンク指揮 ソビエト国立放送響

・セルゲイ・ラフマニノフ   レオポルト・ストコフスキー指揮 フィラデルフィア管
・ゾルタン・コチシュ      エト・デ・ワールト指揮 サンフランシスコ響
・タマーシュ・ヴァーシャーリ ユリ・アーロノヴィチ指揮 ロンドン響
・ディーター・ゴルトマン   ヘンリー・アドルフ指揮 ミュンヘン響
・バイロン・ジャニス     アンタル・ドラティ指揮 ミネアポリス響
・バリー・ダグラス       マイケル・ティルソン・トーマス指揮 ロンドン響
・ベルント・グレムザー    アントニー・ヴィト指揮 ポーランド国立放送響
・ベンノ・モイセイヴィチ    フーゴ・リゲノールド指揮 フィルハーモニア管
・ミハイル・ルディ       マリス・ヤンソンス指揮 レニングラードフィル
・ワルター・ギーゼキング  ウィレム・メンゲルベルク指揮 コンセルトヘボウ管
・ラン・ラン           ヴァレリー・ゲルギエフ指揮 マリンスキー劇場管
・レフ・オボーリン       アレクサンドル・ガウク指揮 モスクワ放送響
・小川典子           オーワイン・アーウェル・ヒューズ指揮 マルメ響

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽鑑賞の時間

悲しくなった時、幸せを感じた時、何かが心のそこから絶え間なく湧き続けてる時、

このCDを聞く、という録音がいくつかあります。

まずは、自分の中で別格のピアニスト、ウラディーミル・ホロヴィッツの

リスト:オーベルマンの谷。

最後のホ長調に入るところの優しく包み込むような響き、

そこからのアルペジオの場面に入ったところの思いもかけない消えそうなピアニッシモ、

何度その瞬間に涙したことか。

そして、

スクリャービン:エチュードOp.2-1。

この人はいつもは屈託ない笑顔を見せるのに、どこにこんな傷を隠し持ってるんだろう。

ワルター・ギーゼキングのシューベルト:即興曲Op.90-1も外せません。

こんなに孤独な音を出す人は聞いたことがない。

ギーゼキングのグリーグ:叙情小曲集も相当聞きました。

「郷愁」なんてサイコーですね。

サンソン・フランソワのショパン:バラードも何かと聞きますね。

やっぱり1番4番がいいかなぁ。
傷口にあえてナイフを突っ込んでえぐり出すような、胸が痛くなるような音色。

この人は平然とした顔で血を流しながら弾いてるんじゃないかな。

ぴあのではないですが、

ホセカレーラスの「プッチーニ:誰も寝てはならぬ」も何度涙したことか。

パヴァロッティの声はきっとすごいんだと思うけど、僕は断然カレーラスです。

あんなに心をこめて歌う人をあまり他には知りません。

声ってすごいね。一番気持ちがこもるね。

でも、人間の声と同じくらいの気持ちを表現してるホロヴィッツがやっぱりすごいな、と思う。

最近この鑑賞リストに新しい録音が入りました。

ホロヴィッツの弾くラフマニノフ:プレリュードOp.32-5ト長調。

モスクワでのライブ録音です。

ずっとCDは持ってたし、きっと何回も聞いたことあるんだろうけど、

今日何気なしにかけたら一瞬でその世界に引き込まれました。

どこまでもみずみずしく、悲しみの海を乗り越えた後の秋の明け方のような、

そんな音色でした。

これはしばらく聞き続けるだろうなぁ。

一体今までどれだけCDにつぎ込んだか、というくらいなんですが、全部自分のかけがえのない財産になってるだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リスト:ソナタロ短調

やっぱり偉大な先人たちの録音を聴くことは大事だ。

もともと僕はすごく聞くのが好きなタイプで、

CDも山ほど家にあります。

学生時代は、家賃は奨学金でまかなえていたので、

コンサートでギャラが入ると、自転車で西日暮里から銀座のヤマハまで行って楽譜を何十冊も買うか、

新宿のタワーかHMVに行って(こっちはさすがに電車ですが)CDも山ほど買うかしてたものです。

一番たくさん聞いたのはラフマニノフの2番のコンチェルトで、

多分30種類くらいは録音あるんじゃないかなぁ。

ここまでたくさん聞いてる人はいないだろう、と思ってたら、

ラフマニノフの2番コンチェルトのいろんなピアニストの聞き比べの本が出ていて、

あの曲を聴くだけで本まで書いてしまうとは、

さすがに負けた、と思いましたがpig

それに次ぐくらいいろいろ聞いたのがリストのソナタロ短調。

なんせ初めてレコーディングした曲ですから、

とにかくいろんな人の録音を聴いて研究をしたわけなんです。

しかし、当時はホントに驚くほど弾けなくて、仕上がらなくて、

なんで他のピアニストはみんなここまでちゃんと弾けるのか、と自分のテクニックのなさを嘆いたものでした。

だって、70を超えたホロヴィッツのほうがまだ20歳の自分よりはるかに弾けてるわけですから。

普通に年齢だけ考えたら絶対ありえないはずなのに。

その時たくさん聞いた録音を、ここ半月くらいまたたくさん聞き返してます。

やっぱりホロヴィッツは別格。

録音なのにこんなに心に染み入る音が出せる人は、他にはいないですね。

生だったら、いい音を聴いた瞬間にホール全体の空気感が変わるような体験をした方もいると思います。

ホロヴィッツはそれを、スピーカーを通した音でも出来てしまうんですね。

一体生で聞いたらどれだけすごいものなのか。

聞きたかったな~~。

そういえば先日、「モーストリー」の取材で”ピアニストが語るピアニスト”というタイトルで、

伊藤恵さん、青柳晋さんと座談会をしたんですが、

お二人とも生でものすごいピアニストをたくさん聞いてるんですね。

特に伊藤さんなんか、

リヒテルもミケランジェリもグルダも聞いてるとか。

そして、僕のルーツとも言えるホロヴィッツの2度目の来日コンサート、

1986年のことだったので僕はその時7歳だったんですが、

青柳さんはそれを生で聞いてるらしい。

うらやましすぎる!!!

録音は後からいつでも聞けるけど、生はその時しか聞けない。

もう二度と聞けない存在になってしまうかもしれないし、

またコンサートをする演奏家でも、その時のその同じ音は二度と出せない。

最近忙しくてなかなかコンサートを聴きにいけてないけど、

なるべくいろいろ行かなきゃな~~。

そうそう、リストソナタの話でした。

他にiphoneに今入ってるのは、

ポリーニ、ツィメルマン、アルゲリッチ、コルトー、ギレリス。

久しぶりに今ツィメルマンを聴いてるんですが、

いいですね~~note

何よりもこの完成度!!

決して一音でゾッとさせる演奏ではないけれど、

緊張感が見事に構築されていて、どんどん引き込まれて持って行かれる。

たくさん方法論を知っている今こそ、

いろいろ聞いて方法論の縛りから解き放たれないといけない。

全ては解き放たれた時に始まる。

まだまだ道は遠いけど、

最高の一音を出す、

求めるものはそれだけかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧