音楽

モーツァルトと様式の統一感と人生観と

折しも史上初めてブラックホールが撮影されたところですが、モーツァルトのピアノソナタにも名作に挟まれたブラックホールのような曲が存在します。
2曲しかない短調のうちの1つ、強烈な個性を発揮するハ短調K.457と、全ソナタの中で最も短くソナチネのように愛らしいハ長調K.545に挟まれたへ長調K.533がそれです。
昨日もちらっと書いたように、このソナタには2つの番号が与えられています。
第1楽章、第2楽章がK.533、第3楽章がK.494。
一体なぜ1つのソナタに2つの番号が与えられているのか。

1787年12月、前任者グルックの死によりモーツァルトは待望の宮廷音楽家となります。
そのすぐあとに作曲されたK.533の第1、2楽章に2年前作曲してすでに出版もされているロンドを第3楽章としてくっつけて1788年初めに出版したのです。
モーツァルトの例に漏れずこれも借金返済のためと言われますが、そのような名誉ある職についたということを早く披露したかったという話もあるようです。
いずれにしてもそのような経緯で無理やり違う時期の違うスタイルの楽章がくっつけられたこのソナタは、後世の批評から「様式感の統一などいささかもかえりみない」と酷評され現在までこの曲が知られざる存在となる原因となっています。
しかし、天才的なバランス感覚を持ったモーツァルトが、たとえ旧作とくっつけたとしても本当に「いささかもかえりみない」ような曲を作ったでしょうか?
たしかに後期の交響曲すら見えてくるような充実した第1,2楽章に比べ第3楽章はあまりにもシンプルです。
それを持って様式の統一がないというのであれば、他にもそのような曲はたくさんあります。

そもそもそこで言う様式の統一というものは、「始まったものは全て最後の締めくくりのためになければならない」というベートーヴェン以降の感覚に基づくもので、この時代は各楽章の結びつきはもう少し弱かったはず。
そう考えて無心にこの曲と向き合ってみると、入り組んだ2つの楽章の後に現れる第3楽章のなんと清らかなことか。
人生も人の心もドラマと同じではない。
複雑な場面の後に何の脈絡もなくシンプルな美しさが来てそれが心を打つ、それこそが人生の縮図なのではないでしょうか。

 

そんなK.533+494ピアノソナタ、
そして
ヴァイオリンソナタK.377へ長調
ヴァイオリンソナタK.379ト長調
ピアノソナタK.311ニ長調を
4月20日にプリモ芸術工房で演奏します。

20190420678

20190420678ura

| | コメント (0)

セザール・フランク

‪ 最近の旅のお供はこちら。



「セザール・フランク」。
弟子のヴァンサン・ダンディがそばで見た「先生」の姿を書いたもので、資料の少ないこの作曲家のことを知る上でとても貴重な本です。

どうしても手に入らなくて(あってもものすごく高くて)FBなどで呼びかけたところ、
同時に2人の知人から本の現物とPDFになったファイルとどちらも頂きました。
ありがたや!

僕は実際に本を手に取ったほうが頭に入るタイプなんですが、
何か気になった時にすぐ見るにはファイルでクラウドに保存しておくと便利なので、
とてもありがたいことです。

フランクの「プレリュード、コラール、そしてフーガ」、まずは今週日曜日に倉敷でのリサイタルで演奏します。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松国際ピアノコンクールを聞いて

浜松国際コンクール、なんとか本選を全部聞けました。
普段ここまでコンクールをフォローしたりしないのですが、まずは知っているコンテスタントがいるので見はじめて、
その辺りからえらい周りが盛り上がっていたので、なんとなく流れで見始めたらとても面白かった。
これだけ個性豊かな人たちが出たコンクールはなかなかないんじゃないかな。
別に浜コンが毎回そうという訳でもないので、時代の流れなのかな。

1位のチャクムル君の3次予選でのモーツァルトには驚きました。
毎ページアドリブをしているのではないか、というほどの自由自在さ、そしてまたそれがセンスがいい。
しかしアドリブを入れたから通ったわけではもちろんなくて、単純に室内楽として聞いていてとても楽しい演奏だった。
ファイナリストはほとんど3次も聞きましたが彼(と6位の安並さん)だけが本当に室内楽の醍醐味を味わわせてくれたと言ってもいいかもしれない。
チャクムル君はシューベルトのソナタも素晴らしくて、巨匠のCDを聞くような気持ちで聞いていました。
時々アラは目立つけれど、こんな音楽家が入賞出来るような時代になるといいな〜、なんて思ってたらなんと1位。

こんな音楽家と知り合いになりたいものだ、なんて思っていたら、
今度は浜松のカワイでレッスンしていたらたまたま会えました!
感想を伝えてしばらくお話することも出来ました。
すごい偶然だ!

日本勢も今回はすごくレベルが高かったと思いますが、やはりチャクムル君のような心から音楽に感謝したくなるような演奏にはあまり出会えないですね。
ありえないくらい完璧でも、成熟した心が伴っていないとまた聴きたいとなかなか思えないものです。
その中ではしかし、個人的には失礼ながら存在を知らなかった6位の安並さんの音楽には大いに感銘を受けました。
こんな演奏が出来る人が日本にいたのか、と。
しかも、ドイツでがっちりをした音楽を身につけるまで勉強されたのかと思ったらずっと日本にいるらしい。
日本もまだまだ捨てたものではないですね。

国内のコンクールもこういう音楽家がちゃんと出てこられるように、もっともっと音楽的な体質になっていけるといいな、と願っています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ぶらぁぼ

‪今月発刊の月刊「ぶらぁぼ」11月号に、11月14日の東京文化会館のリサイタルについてのインタビューが載っています。僕もまだ現物を見てませんが。ベテラン伊熊よし子さんによる文章、きっと興味深いものに仕上がってますよ。
https://ebravo.jp/archives/48345

‪#ぶらぁぼ #インタビュー #シューマン #ブラームス #松本和将の世界音楽遺産‬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアニストの素質

一昨日昨日と芸文館に缶詰になって倉敷音楽アカデミーの公開レッスンをしてきました。



新しい出会いがある一方普段から教えてる生徒たちも何人かエントリーしていたのですが、
いつもとは違うピアノ、違う空間でレッスンするというのはとてもいいですね。
教える僕のほうもいつもとは違った聞き方が出来て生徒の新しい側面が見えてくることもたくさんあるし、
なによりも空間の広いところでないと教えられないことはたくさんあります。

そしてそれ以上に、現実的な話としてピアニストはいろんな楽器を弾かないといけないので、
いつも同じピアノで教えているとどうしても偏りが出てしまいます。
例えば単純な話、ギャンギャンとうるさい音の出るピアノでレッスンしていると生徒の演奏は大人しくなります。
アクションの動きの悪いピアノでレッスンしているとどうしても固くなるだろうし、軽すぎるピアノだと今度はうまく指が育たなかったり、など。
教える側がそこまで分かって教える、という意識は大切ですが、
やはり場所と楽器を変えてみないと分からないことはたくさんあります。

思えばベルリン芸大に留学していた頃、家にピアノがなく学校で練習してたんですが、
いろんなピアノ、それもだいたいがひどいピアノで何とかして自分のイメージする音を出そうとしているうちにかなり対応力がついた気がします。
今はあちこちの本番でいろんなピアノが弾けるので、さらにどんどん対応力がついてきます。

弾き合い会なんかもいろんな会場でしてみると分かることがたくさんあるかもしれないですね。

さて、今日は京都です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶらぁぼ

今日はぶらぁぼの取材で、11月14日のリサイタル「松本和将の世界音楽遺産〜ドイツロマン編」を取り上げて頂きました。



インタビュアーは若い頃から何度もお世話になっている伊熊よし子さん。あらゆる演奏家のことをご存知なので、リサイタルのテーマは「クララを巡って」ということにも関わらず、モーツァルトのことからバッハから、なぜかバレンボイムの話からイングリット・ヘブラーからピーター・ゼルキンまで、どんどん脱線して行きました。あぁ、楽しかった!
もちろんシューマンとブラームスのこともちゃんとお話してます。あとはきっと伊熊さんがバッチリまとめてくれるでしょう!
インタビューは来月半ばに出る11月号に載る予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今まで受けた印象的なレッスン 〜ロシアンピアノスクールを聴講して



カワイ表参道で毎年行われているロシアン・ピアノ・スクールを聴きにきてみた。ずっと興味はあったんだけどやっと来れました。午前中はアンドレイ・ピサレフ先生。予想はしていたけれど、やはりレガート奏法の嵐。ピサレフさんが弾くとどんなパッセージでもレガートに弾けちゃうんだねぇ。モニターも付いてたので、手の形や各部位の動きなどジーッと見てるととても勉強になりました。
午後はパヴェル・ネルセシアン先生。奏法に重きを置くピサレフ先生とは対照的に、受講生のキャラクターを掘り起こすためにいつもと違う弾き方をさせてみたり、曲のイメージの話をたくさんしたり、どんどん音楽が豊かになる時間でした。そして、何気なく隣で弾くのがうまいこと!!2011年の大震災後のチャリティコンサートで同じステージで弾いたんですが、その時の印象とは別人でした。面白かったのは、ドビュッシーの喜びの島の最後の和音のところ、ドビュッシーっぽくないわけでは全くないのにやっぱりロシアの鐘のような音色に聞こえたこと。プロコフィエフ とかはやっぱりさらっと弾いてもあの独特な感じが出るあたり、こりゃあ日本人にはまだまだ真似できませんな。
思い起こせば、自分もこうやってたくさんの公開レッスンやマスタークラスを受けたものだ。たった1回のレッスンでも、今でも自分の音楽に影響を与えている先生に何人も出会いました。アルゲリッチ音楽で受けたヴィタリー・マルグリスのレッスンでは、肩から落とす打鍵(今考えるとそれは腕の根元=肩甲骨からしっかり動かしているということ)で鳴らしたキエフの大門の爆音に驚きました。ニーズのアカデミーで受けたミシェル・ベロフのレッスンでは、「走るな、走るな!」と言いながら僕よりはるかに速いテンポで弾くベロフ先生に笑いそうになりましたが、しかしそのクリスタルのような響きの出し方は、特にフランス物を弾く時には今でも頭をよぎります。ジャン=マルク・ルイサダのレッスンで受けたショパンのピアノ協奏曲第1番では、とにかく隣で弾いてくれるだけでしたが、どんなパッセージにもコロコロとニュアンスが付くその表現力に感嘆しました。細かい表情付けまで言われるのは基本的に嫌いなんですが(笑)、全く違和感なく受け入れられたのは小さい頃から彼のCDを聞いていたからかもしれません。そして一番驚嘆したのは、御木本先生のところで受けたフェレンツ・ラドシュのレッスン。事あるごとにいろんな外国人の先生のレッスンを受けさせていただいたのですが、ラドシュは超越してた。なんせ、ショパンの葬送ソナタ、「レシッ」の弾き方だけでレッスン終わりましたから(笑)。その頃の僕は細かいことはさておき全体の雰囲気と勢いだけで勝負してました。そんな自分には衝撃的なレッスンでした。単なる「レシッ」なのに先生の弾くのとは全く違うのは分かる。しかしどうやっても出来ない。細かいところにこだわっているからといって、神経質な感じでは全くなく、本当に音楽的に必要だから、というだけ。全体のために細部を磨くことの大切さが身にしみたのでした。これは演奏にも役立ってますが、いざ自分がレッスンする時にはさらに役立ってます(笑)。全体をまんべんなく色付けしても、その曲は仕上がるかもしれないけど生徒の力は伸びない。それよりも必要な要素をとことん突き詰める。その辺が、シフ・コチシュ・ラーンキのような素晴らしいピアニストを育てられた秘訣なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画アップ

「松本和将の世界音楽遺産」

今年のテーマは”ドイツ・ロマン編〜クララを巡って”です。
もちろん、シューマンとブラームスの作品です。
その中の一曲、青年期のブラームスがその切ない想いを託した「創作主題による変奏曲Op.21-1」の動画をアップします。テーマの部分だけですが。
ブログだとアップするのが難しいのですが、FacebookやTwitter、Instagramではちょくちょく動画もアップしているので、見てみてください。
Facebookは友達申請してくださる時は、一言メッセージを添えてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショパンエチュード講座延期のおしらせ

今日のカワイ岡山でのショパンエチュード講座ですが、山陽新幹線が動いていなくて岡山までたどり着ける見込みがつかないため、残念ながら延期とさせていただきます。
日程はまた調整してお知らせします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代ピアノの為の演奏技術講座 by 高田匡隆



たまたま午前中だけ時間があったので、友人のピアニスト高田匡隆くんの講座を聞きにカワイ表参道へ出かけてきました。いやぁ、楽しかった。人の講座やレッスンなどを聞くことをしてみたいなと常々思っていたのがようやく叶いました。「うんうん」と共感するところがもちろんたくさんあり、「なるほど、そういうことだったか」と思わされるようなところもあり、また全く自分の知らなかったこともたくさんあり、勉強になりました。テクニック的にも、「なるほど、ここはそうやって弾いているのか」という発見がたくさんあり、それはもちろん自分のためにもなりますが、何よりもレッスンをするときに教えられる事の引き出しが増えるのでとてもためになります。
それにしても、まさか講座で「ダンテを読んで」を全部通して演奏する(4回に分けてではあるけど)とは思わなかったのでびっくり。演奏中の手元をスクリーンで見られると言うのは面白いですね。演奏会では見られない視点だし、YouTubeでは音が良くない、部屋で間近で見るのもなんかともやはり音の広がりが違うし、あれはいい考えですね。僕もいつも講座のときにはやっていますが(ペダル講座の時は足元です)、客席から見ると新鮮ですね。
ちなみに9月からは同じカワイ表参道で久々に講座とコンサートシリーズが始まります。今回はロシア音楽のシリーズです☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧