音楽

ラフマニノフコンクール

生徒で、現在同門の妹弟子でもある三好朝香ちゃんが、ロシアの青少年のためのラフマニノフコンクールで1位を取りました!
なかなか日本語での情報がないですか、ロシア人たちに混じっての1位、すごいことです☆
モスクワで開かれた青少年ピアノコンクール:日本人2人が入賞!【写真】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次のCD




ふぅ、CDのライナーノーツと解説を書き終わった!!といっても、ほぼ豊橋から岡山までの新幹線2時間半位で書き上げられたんだけど。CDの解説とかを自分で書き始めたのはいつのことだったか。最初の頃は徹夜に近いような状態で泣きそうになりながら書いていた(笑)。ずいぶん速く書けるようになったものだ。それだけ伝えたいことがはっきりしてきたと言うことかな。
ちなみに僕の書く解説は、一般的な知識のようなものはほとんど書いていません。展覧会の絵に至っては各曲の説明すらしていない。だってそんなものはネットで調べればすぐわかるからね。それよりも演奏家自身が書くに当たって、その曲を演奏するときにどんなことを感じているのかとか自分なりに導き出した世界観はどんなものなのか、とかそういうことを大事にしています。
次のCDは4月18日発売予定。「松本和将/展覧会の絵、ヴォカリーズ」。去年11月のリサイタル「松本和将の世界音楽遺産」のライブ録音です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

譜読みについて

勘違いをしている人がたくさんいるけれど、(ピアノにおける)譜読みとは音符を鍵盤に置き換える作業ではない。紙の上に書かれた音符という記号を音にして、音楽を読む作業なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンドレ・プレヴィン、比類なき温かい天才

21日の戸塚でのコンサートに向けて、移動中にベートーヴェン大公の勉強中。楽譜を見ながらいろんな人の演奏を聴いていると、今まで見えてなかったたくさんの気持ちが見えてくる。この時間が一番の幸せ。あ、違う、本番の次に幸せ。指が動くようになるために練習してる時間は正直しんどい。こうやって頭の中でいい音楽が鳴りさえすれば指は勝手に動いてくれればと思うんだけど、そういうわけにはいかないねぇ。



今のところ僕の中で大公のベストレコーディングは、プレヴィン・ムローヴァ・シフのもの。カザルストリオよりもデュ・プレよりもケンプよりも、僕はこっちが好き。
プレヴィンという人はホントに懐の深い天才だな、と思う。近寄りがたい天才、常軌を逸した天才、頭回りすぎで冷たく感じられる天才、いろいろいるけれど、プレヴィンのは温かい天才だな、と。んーちょっと違うかな。心を開かせてくれる天才、かなぁ。学生の頃は、アシュケナージのラフマニノフコンチェルトの指揮をしてる人くらいの認識で、ラフマニノフの交響曲も振ってるな、というくらい。ショスタコのピアノコンチェルトでバーンスタインの指揮でピアノも弾いてたからびっくりしたんだけど、あぁ、指揮者だけどもともとピアノも弾くんだな、と。ショルティもミュンフンもそうだし、それ自体はそこまで。そのあとで何気なくジャズのオムニバスを聞いていて圧倒的にカッコいい「マイ・フェアレディ」を聞いて、何気なく演奏者欄を見た時の衝撃!!プレヴィンのプロフィールに何となく「ジャズ」というワードは見たことがあったけど、本気でジャズから出発した人だとは全く思っていなかった。今の時代2つのジャンルをまたがって活動している人はたくさんいるけれど、ジャズファンはプレヴィンをジャズピアニストだと思ってるし(「え?クラシックの指揮もするの?」)、クラシックファンはプレヴィンをウィーンフィルなんかも指揮するクラシックの音楽家だと思ってるし、こんな人は他にいないんじゃないかな。もちろん大公の演奏が好きなのは、そんなすごい人だから好きなわけじゃなくて、単純に聞いてて心地よいからです。カップリングになってるブラームスの1番もまた素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊ショパンにコンサートの記事が載りました

‪今月発売の月刊ショパンに、6月16日のベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会最終回の記事がドドンと1ページ載ってます!‬



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーヴェン講座最終回!

カワイ表参道でのベートーヴェンソナタ全曲演奏会の最終回。30番と31番の事は前回しゃべったので今日は32番だけ。せっかくここまで全曲やってきたので、前半は1番から順番に31曲を振り返ってみました。




しかしよく考えると、30曲位を1時間でしゃべらないといけないと言う事は1曲を2分で終わらせないといけないと言うことに始まる直前に気づき、戦慄を覚えたのですが、かけ足で説明してなんとか1時間ちょっとで全曲をふりかえることが出来ました。短い時間でこうやって全曲を少しずつでも弾いてみると、若い頃のエネルギーと野心に溢れている感じから中期の頃の凄まじい大きな建造物の感じ、そしてそれを経た後の自然な感情の発露までどう変化していったかがよく分かって興味深いです。ベートーヴェンほど生涯を通して作風が変化していった作曲家は少ないんじゃないかな。それも形式的な変化だけではなくて、むしろそれよりも内容の変化、哲学の変化といってもいいかもしれない。
そんな31曲を通り過ぎた後に32番に目を向けてみると、何とも言いようのないほど内容の深い世界が広がっています。神のような天上の世界ではなく、神と対峙した自己の世界、宿命を何とか乗り越えてきた自分自身を見つめる眼差し。第2楽章を弾いていると、あぁこの人は何と強い人なんだったんだろうと切なくなってきます。どんな困難も自分の中で答えを見つけて解決してきた、そんな人にしか書けない旋律です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今月の予定

毎月始めのコンサート告知、順調に遅れております(笑)
なんだか今月始めは忙しかったなー。初めてGWに子供達を連れて遠出をするということもしてみました。(いつもは仕事なので)
その結果…………、もうGWに車では出かけない!^^;。姫路豊橋が、食事休憩も取ってないのに7時間以上もかかるなんて。次からは頑張って新幹線を取ろう。
しかし子供がいない頃は、連休は混雑の中遊びに行く人たちを横目に見ながら仕事をする時で、遊ぶのは空いている平日にと思ってたんだけど、子供がいるとそうもいかないですねー。このようにして集中的に混むんですね。




もう明日ですがカワイ表参道でベートーヴェンピアノソナタ全曲講座の最終回!!もう最終回ですよ!!今回は最後のソナタだけなので、前半で1番のソナタから全曲軽く振り返ってからにしようかなと思います。後期3大ソナタのコンサートは6月16日にあります。




13日はACT音楽セミナーでもご一緒しているチェリストの大島純さんと、彼自身が館長をつとめる洗足のプリモ芸術工房で、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、ラフマニノフのチェロソナタという凄まじいプログラムのデュオコンサートです。




17日はカワイ浜松でペダリングセミナー第2回「基礎編」。ついこの間第1回をやった気がしてるんですが早いものです。第2回はいつも単発でやっているのと同じような内容。今まで何回も講座をやって築いてきたペダルの極意を根本から説明します。




19日は2月にトリオで演奏したハクジュホールでカウンターテナーの藤木大地氏のリサイタル。シューマンの名作「詩人の恋」、それからシューベルトの歌曲も何曲かあるのですが、ピアニストにとっての見せ場は「魔王」でしょうか。




21日はおなじみ京都のカフェモンタージュでトリオのコンサート。シューマン&ブラームスピアノ三重奏曲全曲プロジェクトの第2回で、今回はどちらの作曲家も第2番です。もう席があまりないようです。




そして22日23日は続けてカフェモンタージュで、ベートーヴェンの後期3大ソナタです。




24日はカワイ広島で初めてのペダリングセミナー。サロン「パーチェ」は出来たばかりの時のお披露目会でも演奏したご縁のあるサロン。こじんまりとしていますがとても響きのいい空間です。内容は浜松の第1回と同じで「導入編」。ブルグミュラーやピティナB級、C級の課題曲も取り上げます。浜松は初めての講座だったのでまずはピアニストがそういう曲を弾くとどんな響きになるのか、音楽のイメージなども含めてお話して聞いてもらいました。ペダルをプロジェクターで撮ってリアルタイムで映像も見てもらいましたが、詳しく掘り下げた系統的な説明は基礎編で聞いてもらうことにして、まずは「ここまでペダルは細かく使うのか、ペダルでこんなに響きが変わるのか」ということを知ってもらうことに焦点を当てました。広島は今まで何回もいろんな講座をやっているので、もう少し突っ込んだ内容にするかもしれません。




引き続き25日は大阪のカワイで同じくペダリングセミナー第1回「導入編」。こちらも梅田に新しく出来たサロン「ジュエ」。サロンが出来る前には行ったことがあるのですが、新しくなってからは初めてなので楽しみです。




<!--image:10-->

28日は大好評の語りと音楽シリーズ。毎年この時期はフィリアホールで、こちらももうずいぶんチケット出ているようです。今回はカウンターテナーの藤木大地氏も一緒にシューベルトの「美しき水車小屋の娘」を演奏します。ピアノソロとしては「さすらい人幻想曲」。シューベルト唯一のヴィルトゥオーゾ曲。大学時代からずっと興味のあった曲なんですが、演奏するのは今回が初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉敷音楽アカデミー

ゴールデンウィーク最後の土日は、倉敷音楽アカデミーの公開レッスンでした。常連の受講生も初めての人も楽しく聞かせてもらい、楽しく(厳しく?)レッスンをしました。だんだんこの公開レッスンの認知度も高まってきたのか、聴講の方もかなりたくさんいて嬉しい限りです。少しでも地元のレベルアップに寄与できればと思っています。
時期的にほぼみんなピティナの曲を持ってきていました。主要コンクール前はみんなその曲を持ってくるので、こちらも課題曲に詳しくなります。全く今まで知らなかったいい曲との出会いなんかもあって(たとえばイベールのおてんば娘)これはこれでなかなか楽しい。もちろん全部が全部名曲というわけにはいかないけれど、それはまあ仕方ないところでしょうね。一見いい曲に見えても名曲でないものはレッスンで突き詰めていくうちに底の浅さが見えたりほころびが生じたりするので面白いところです。逆に名曲は、どれだけこちらが研究し尽くした気がしてもさらにその先がある。それにしても今年は学生音コンも含めてあまりにも内容が難しい曲が入ってる気がするんですがどういう意図なんだろう。「子供だから子供らしく弾きなさい」とは全く思わないし、本人が好きで選ぶ曲だったらいいと思うんだけど、課題曲はもっとオーソドックスなもののほうがいいんじゃないのかなぁ。何か深い意図があるのかもしれませんが。
ところでこの土日は実は携帯ナシ生活でした。なんと新幹線の中に置き忘れてきたんです。乗り換えの駅で危うく寝過ごしそうになり、荷物をまとめて急いで降りたホームで携帯がないことに気づいた時には時すでに遅く、発車する新幹線の窓から運ばれていく携帯を見るあのなんとも言えない気持ち。諦観というのはああいう心持ちなのか。
いろんな連絡が取れないのはとても不便で、今も携帯がある安心感と喜びを噛みしめているところですが、練習や勉強は携帯がないほうが捗りますね。移動中なども、手が少しでも空くと携帯を開いてしまうこの習慣をなんとかしないといけない。目の前のたくさんの情報に目が行くことで失っているものがきっとある気がする。それは情報のせいでも携帯のせいでもなくて、自分がちゃんと考えて向き合えばいい話。
現代人の考え方が安易になっているという原因はネットでいつでも簡単に情報が手に入るからだ、という風潮、原因としては確かに間違いじゃないかもしれないけど、じゃあネットがなかった時代は良かった、というのはおかしいんじゃないかと思い。何かがないよりもあるほうが間違いなくいいわけで、その溢れる情報にどう向き合って行くかは個人の責任。
コンクールも似たようなものかもしれないですね。僕らが子供のころよりコンクール自体が増えて、そのための講座や解説なんかも簡単に見られるようになった。そりゃあ見ればいいですよ。手に入る情報は何でも手に入れればいい。コンクールも受けたいコンクールは受ければいい。いい賞も取ればいい。だけどその先に何があるのか、そして何が本当に音楽的なのか、というところを見失わないようにしないとね。
情報も音源も少なかった時代は一つ一つがもっと大事で、その同じものをみんなが求めてた。みんな名盤の解説本もあってみんながそのレコードを買いに走っていた。そしてその曲の世界最高の演奏はそのレコードであって、それ聞いたことのない人はまだ「最高」を知らない人だった。そしてその名盤以外は存在していても誰も知らなかった。だけど今は名盤っていう概念も薄くなってるんじゃないかな。いつでも手に入る。たくさん手に入る。その代わり玉石混淆。そこでいまいちなクオリティ演奏を「最高」だと信じて聞いてしまっていたとしてもそれは玉石混淆のYouTubeのせいじゃない。これだけ情報で溢れかえる時代だからこそ選ぶ自由がある。そして選ぶ能力が必要になる。可能性が無限にある面白い時代じゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本ピアノフェスティバル〜ブルグミュラー講座

松本ピアノフェスティバル2日目はブルグミュラー講座を行いました。初めての試みでしたが、皆さん本当に真剣に聞いてくれました。
1時間だけの講座で全曲やると薄っぺらくなりそうだったので、何曲かピックアップしました。定番の「乗馬」(蛇足ですが原題のフランス語には貴婦人という意味はなく、乗馬という意味すらないそうです)「バラード」「シュタイヤー舞曲」など、それからピアニストが弾くと特に違いが出る曲として「アヴェマリア」「別れ」なども取り上げました。
ここをこう弾きましょう、こういう部分が難しいのでこんな練習しましょう、とか、教える時にこんなことに気をつけましょうというようなことは他にもいくつも初歩的な講座があるので、楽曲としてどんな素晴らしさがあるのかという解説に焦点を絞りました。
それぞれ良さがありますが、中でも「別れ」という曲はとてもよく出来た曲ですね。あのホロっと泣かせるような出だし、それはフリではなくて本当に身を切るようなつらさがあるということが3小節目のsfでよくわかります。そして悲しさや心の震え、動揺や焦りのようなもの、様々な感情が入り混じるテーマ。agitatoとあるので、別れの後のポツリとした寂しさ、別れの辛さが体に染み込んでいく様などを表しているのではなく、また嘆きを切々と歌い上げるアリアでもありません。もっと心が動いている状態、たとえばいてもたってもいられない様子を表しているのか、もしかしたら別れはまだ目前にあって「どうしよう」と思っているのかもしれません。中間部は幸せな思い出の世界。ショパンの葬送行進曲にも似たような展開ですね。この部分がどのようにすれば「幸せだった」「思い出」のように響くのかの検証もしてみました。
今回は休日の講座だったのでレスナーさんが大半を占めるいつもと違い子供たちや親御さん達もかなりいたようですが、ブルクミュラーの世界を少しずつ掘り下げていくうちに、どんどん会場の集中力が深まっていったのを感じました。掘り下げていくと作品の内容がどんどん見えてくるというのは名曲の証です。手ほどきの仕方や弾きにくい気をつけるべきところを教えてくれる講座や解説本も大事ですが、その大元には音楽を愛する心とそれを表現したいと言う気持ち、そして今取り組んでいる作品の大きなイメージが必ず必要です。それなくして「やり方」だけ学んでも決して音楽にはなりません。ブルグミュラーに関してはその部分を教えてくれる講座や、憧れの対象となるべきすばらしいピアニストによる演奏があまりにも少ないと感じたので、あえてこういう講座をしてみました。
「やり方」の情報があふれている現代だからこそ、本当に音楽的なものに目を向けられる人が少しでも増えるといいなと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本ピアノフェスティバル

2年ぶりの松本ピアノフェスティバル。今回は演奏ではなくて、ジュニアアワードの審査員と講座をしました。1日目の今日はジュニアアワード。11人のピアニストの卵たちが自由曲を弾きそれを審査するのですが、面白いのは聴衆も審査に加わると言うことです。それも、他のコンクールのように副賞のような扱いではなく、審査員特別賞と同じかむしろそれよりも価値のある賞としてミューズ上と言う名前の聴衆賞が設定されているのです。
そんなコンセプトなので、子供たちも心なしかコンクールよりものびのびと演奏していたような気がしました。
夜はピアノ・ザ・プレミアムを鑑賞。ノージャンルのピアノフェスティバルと謳うだけあって、クラシックの山本貴志君から2台ピアノのライル・クライス、そして松下奈緒さんまで多彩なラインナップ。後半は前回もコンサートを盛り上げていたレ・フレールの演奏。楽しかったなー!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧