旅行・地域

うなぎっ!




長い長い間食べたい食べたいと言いながら、軒並み高いのでお店に入るのを躊躇していて食べられなかったうなぎ。満喫です。
浜松から一山越えたここ豊橋では、関東風の蒸したうなぎではなく焼いたうなぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仔羊幼稚園発表会




妻の実家がやってる仔羊幼稚園、毎年アイプラザ豊橋というホールで発表会をします。普通にコンサートで使うようなホールを仕込みとリハ含めて3日間借り切ってのステージ。僕も家族の一員としてこの日は出動し、裏方で大道具を出したり(笑)、卒業生の合唱の伴奏をしたりします^^;




毎回裏方をやっているのでちゃんと舞台を見れないのがとても残念なのだけど、セリフも歌も動きもついたミュージカルを幼稚園生がやっていると言うのはすごいことだ。それも、こんな豪華なセットの前で。




自分も幼稚園生の時には裸の王様を演じた記憶があるけど、セリフはあったのかな。もちろん会場はこんな立派なホールではなくて幼稚園のお遊戯室でした。そして、風邪で休んでばかりいた(実は小さい頃は病弱だったんです(笑))僕に代わって他の子が裸の王様になっていたんだけど、本番には僕が復帰したので舞台には2人の裸の王様がいると言うなかなか面白いことになっていたらしい(笑)。
とにかく、幼稚園でこんなに完成度の高い発表会はなかなかないので、園外の人にも是非観てほしいな。園長である義父が、「幼稚園だからこんなことはできないだろう、と思ってしまうからできないんだ」と言ってました。なるほどー。そのまま音楽にも通ずる話だ。僕ら大人はどうしても、このくらいの年頃の子はこの辺までしかできない、この子は今までできなかったから次もきっとできない、と無理をさせないようにする思いやりのつもりで知らず知らずのうちに勝手にリミットを作ってしまうけど、子供たちの可能性は無限なんだろうなぁ。
自分も子供のようにある日突然ビヨーンと上手くなればいいのに(*´ー`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの最後に

もう9月ですね〜。早すぎて愕然とします。8月は(前半は)のんびりしたので英気を養ったような気がしますが、ここから秋は例年通り殺人的なプログラムなのでぶっ倒れないようにしなければ。
8月の終わりには念願だった、妻と息子2人を連れての里帰りをしました。
瀬戸大橋を越えて讃岐の名店山内うどんにうどんを食べに行ったり、



源平合戦の舞台、屋島に行ったり、



さりげない何重もの仕掛けでまんまと歴史好きになった息子1を連れて天空の城備中松山城に行ったり、


美観地区で買い物をしたり。
生まれ故郷ながら美観地区には歩いたことのないような路地がいくつもあって、個人的には発見だらけでした。とは言っても妻や母が美観地区を見ている間僕は息子1の「カブトムシの店に行きたい」という要望に付き合っていて少ししか見られなかったのですが(^^;;
次はいつ行けるかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキー!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行☆☆

8月は例年コンサートが少ないので、少しだけ休暇を取って旅行に行って来ました。

というか夫婦二人ともなかなか休みが取れないので、半年たってようやく旅行に行けたというか・・・・
さて、
A140813101
これはどこでしょう?
あ、間違えた。
こっちだ。
1408146
あれ、これも違うっ!!!!
こっちだ↓
A140813111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーマニア旅行記その2

最終日の今日は、ブカレスト観光。

パックツアーの旅行者のようにせかせかと予定を詰め込まず、

まずは10時過ぎにノンビリと優雅に朝食を取るのです。


1379532444301.jpg

いや、ただ単にダラダラしてしまっただけですがaries

さぁ、まずはブカレスト最大の見どころ、というか多分名所はここくらいしかないという「国民の館」へ。


1379532449507.jpg

す、すごいっ!!

角を曲がってこの建物が見えた瞬間、一人で感嘆の声をあげてしまいました。

一番たくさん回れるガイドツアーの予約をして、少し時間があったので国立軍事博物館へ。

………臨時休館……

なんか今回のこんなのが多いなぁ。。

あまり治安の良い地域ではないのですが、仕方なくその辺をブラブラして、

一人旅ならタクシーばかりでなくバスも乗ってみようとあちこち歩き回るけれど、チケット売り場が見つからない。

ルーマニアのバスはSuicaのようなICカードを買わないと乗れないらしいんです。

その辺の英語がしゃべれそうな若者に聞いてみたら、結構遠くまで行かないと買えないらしい。

そうそう、ルーマニアの人はすごく英語がしゃべれるか全くしゃべれないか、両極端な気がしました。

しゃべれない人は数字も10以上になると言えない。

しゃべれる人はペラペラ。

というわけで、その人の教えてくれたローマ広場まで向かいかけたんですが、途中でもう疲れてしまってやはりタクシーに乗ることに。

道端でぼーっとしてると次から次へとタクシーに声をかけられるんですが、いつもは怪しいから無視してたんですね。

しかし、なぜかこの時に限って答えてしまった。

きれいなボルボだったし、確認したらタクシーメーターもついてて、ちゃんとボタンも押してたし、

料金表みたいなのも置いてたから、なんだか怪しいけどまぁいっか、と思って乗ったら、

案の定ボラれました!!

これはプライベートタクシーだから基本料金自体が高いんだ、と言われて高い料金表を見せられて、

しばらく粘ったけど何ともならなさそうなので払って降りました。

普通のタクシーの2倍以上したけれど、まあそれでも1000円くらい。

いい勉強だ。

気を取り直して(立ち直りは驚くほど早いですon)、国民の館へ。

テラスから見る風景はすごかったですねぇ!!


1379532451668.jpg

パリのシャンゼリゼっぽいこの通りも、もちろん建物と一緒に作られたもの。

しかし、建築物としては、ペンタゴンに次いで世界第2位の大きさのこの国民の館ですが、

予想通り、圧倒はされたけれど感動はしませんでした。

バルセロナで坂の上からサグラダファミリアが見えた瞬間に流れた涙、

ローマの遺跡で感じた何千年も前の人々に対する畏敬の念、

金閣寺や清水寺の日本ならではの美、

そのようなものを今回は感じることが出来ませんでした。

なぜなのだろう。

ずっと考えてたんですが、いまいち答えは出ず。

そこまで裕福でもないこの国で民衆から搾取して無理やりすごいものを作ったからか。

しかし、そんなものは歴史上いくらでもあります。

1980年代に出来たばかりでまだ時間の魔法をかけられていないから。

それはきっとあるだろうけれど、新しくても感動する建築物はたくさんあります。

最終的に僕なりに辿り着いたのが、

この建物を建てた独裁者チャウシェスクのセンスの悪さなのではないか、と思うようになりました。

実際どうなんでしょうね。

もうちょっと調べてみないと。

何にしても、建築芸術のことから共産主義・独裁のことまで、

たくさんのことを考えるきっかけになりました。

ルーマニアに行ったら是非とも訪れるべき場所です。

そんなこんなで結局その日は国民の館を見たくらいで、あとは旧市街をブラブラしてから、夜の21:50の飛行機に乗りました。

いい旅でしたhappy01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

出雲大社

ツアーの合間をぬって親友と出雲大社に行ってきました。


1376614147392.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縮景園

午前中ぽっかり時間が空いたので、泊まっていたホテルのすぐ近くの縮景園に珍しく観光に行ってみました。

広島はこれだけしょっちゅう来てるのに、だいたい朝から晩までレッスン入れてるのでほとんど観光したことがないんですね。

居酒屋だけはどんどん詳しくなるんだけど(笑)。

というわけで縮景園の景色。

A121124

小さいころから地元岡山の後楽園は、茶道をやっていた亡き祖母に連れられて何度も行ったし、

金沢の兼六園にも連れて行ってもらったこともあったんだけど、

子供の自分にはさっぱり魅力が分からなかった。

そんな庭なんて見て一体何が楽しいんだ、

庭くらいうちにもあるじゃないか、と(笑)。

しかし年を重ねると人間感動を覚えるポイントも変わってくるもんですねぇ。

あれほど温泉が好きでなかったのに今では大の温泉ファンになってるし。

そんな僕ですが小さいころから変わってないのはひねくれ者なところで、

きっとみんなが感嘆のため息をもらすであろう小高い丘からの眺めや、

シンボルという美しい石橋よりも、

こんな小川の風景が好きだったりする。

A121124_2

ベンチに腰掛けてひたすら水の流れを見ながら、

昔の人はこの池の小さな島を見ながら大海に思いをはせていたんだろうなぁ、

なんてふと考えながら、いつもスマホの画面ばかり見てる自分を恥じた。

しかし次の瞬間、ひねくれ者の本領発揮。

「いや、待てよ、

海までそう簡単に行くことは出来ないから、この庭の池を海に見立てて島を作った。

山までそう簡単に行くことは出来ないから、この庭に丘を作った。

そうして、外の大きな世界へと想いをはせた。

それって、実際に行くことは出来ない場所の映像をテレビやネットで見て夢を膨らませてる僕らと同じじゃないか。

大名はその庭を見渡すことで、きっと全世界を手中におさめているような感覚を持てた。

僕らはゲームで全世界を支配することも出来る。

平安時代の人がかわしていた和歌は、今のメールとそっくりだし、

井戸端会議は電話になって、そしてSNSになっただけ。

なんだ、昔の人は風流で今の人は現代機器に翻弄されてるような印象を持ってるけど、

結局やってることは同じなんじゃないか。」

そして出した結論。

「どんなところにいても、どんなことをしていても、

そこから何かを感じ取れる感受性を持ってアンテナを張って、

それを自分の体の一部にすることが出来る心の余裕を持っている、

それが一番大事。」

うん、いい午前のひとときだった。

さて、ふわふわさんからコメントで指摘されましたが、

今後のコンサート予定を全く更新してませんでした!!!

いかん。

鋭意更新作業を進めていきます☆☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

移動の日々

さぁ、今日も元気に新幹線に乗って神奈川まで、

あれ?東京じゃない?

そう、神奈川まで行ってそのまま家には帰らずに広島に行くんです。

ただいま13泊14日の旅の10日目です。

宮崎→船→神戸→倉敷→山形→盛岡→京都→神奈川

ここまで来たわけだ。

そして、→広島→倉敷→東京。

あとはいつも通りの活動範囲ですね。

これだけ移動してるとかなりエネルギーも必要。

結構な荷物を持って動くのでその体力もですが、

一番キツイのはふとした瞬間に今自分がどこにいるか分からなくなるんですね。

何か考え事をした瞬間、

「あれ?今どこ?広島?………

違う、京都だ!!」

みたいに。

場所の移動に頭がついていってないんでしょうね。

でも世界中飛び回ってる人達はこれに時差ぼけまで加わるので、

つくづく音楽家っていろんな意味でタフじゃないとやっていけないなぁと思います。

あ、着いたtrain

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都へ

京都到着っ!!

盛岡から京都は、

花巻空港から伊丹まで飛んでそこからバスで移動でした。

移動だけで夕方からは暇だから知り合いに会うか、とかいろいろ考えてたんですが、

とてもそんな気力も体力もなく、

スライムのようにホテルに寄生してました。

というわけで腹ごしらえもホテルのバイキングnote


1353642333631.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧