無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 三浦一馬&松本和将デュオリサイタル in 三鷹 | トップページ | 前代未聞!4台ピアノ8人のピアニストのコンサート@岡山シンフォニーホール »

2020年2月 2日 (日)

音の玉手箱XV in さいたま

翌日22日は浦和の柏屋楽器での「音の玉手箱」。子供のためのコンサートなんですがなんと今年で15回目!!100人ちょっとのスペースではありますが2回公演があっという間に満席になる公演に育ちました。アンケートを見ると1回目から全部来てくれている人もいて感謝感激です。このコンサートで育って音高でピアノを頑張っている生徒もいます。

今年はバロックから近代までということで、バッハから始まりドビュッシーやラヴェルまでのたくさんの曲を弾きました。午前の部は小さい子供向け、午後の部は大きな子供や大人向けという2本立て。午前の部では普段のコンサートでは弾かない子供用の曲もいくつか弾きました。その中の一つ、レッスンで見本で弾いたことくらいしかない平吉毅州のチューリップのラインダンスを弾かないといけないんだった、ということに気付いたのが本番4日前∑(Д)。それから楽譜を入手して隙間時間をフル活用(と言っても他にやらないといけない曲も山ほどある)してにわか暗譜。地味に緊張しましたねー。意外なほどいい演奏が出来ましたが。あと、小さい頃によく弾いてた「人形の夢と目覚め」が実はすごくきれいな曲だということに今回初めて気づきました。

それぞれの部の後半は例年通り初見大会。リクエストが書かれた紙を箱の中から引いて出た曲を弾くというものです。楽譜はそれぞれ持ってきてくれるのですが、今年はドビュッシーの版画の「塔」が出たり、聞いたこともないデュランという作曲家(デュラン版のデュラン?)のワルツだったり、はたまたベートーヴェンの13番ソナタの終楽章だったり、なんだかレベルが高かった。聞くところによるとプロコフィエフのソナタを持ってきている人もいたそうでΣ( ̄ロ ̄lll)。いくら初見が得意と言ってもなかなか^^;。子供たちとの初見連弾もとても楽しかった。ピアノをはじめて9ヶ月という幼稚園生から音大生顔負けの演奏をする大学生まで、いろんな出会いがありました。

終わった後は(主に暗譜が不安だったチューリップのラインダンスとシューマン献呈で)ぐったりだったけど、充実した一日でした!

来年も面白いプログラムを考えてますよー。

98503cdd3d3640e8b608d1eba3db77db32a1dfe510b346e29010aa1bab61dd43

« 三浦一馬&松本和将デュオリサイタル in 三鷹 | トップページ | 前代未聞!4台ピアノ8人のピアニストのコンサート@岡山シンフォニーホール »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三浦一馬&松本和将デュオリサイタル in 三鷹 | トップページ | 前代未聞!4台ピアノ8人のピアニストのコンサート@岡山シンフォニーホール »