無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月23日 (日)

レッスンの醍醐味?

最近レッスンで生徒が思いもかけない良い演奏をしてくれて嬉しい気持ちになると言うことが続いている。大事なことだから何度も何度も繰り返し言ってきた、しかしできない、もう無理かなと若干諦めかけていたけれどそれでも大事なことだからもう一度言ってみると、人が変わったように音楽的な演奏になった、と言うことが何度もあったのだ。こうなってくるとレッスンはとても楽しい。別にビシバシ叱りたいわけでは全くないのだ(笑)


生徒ができなくても決してあきらめてはいけない。何度も肝に銘じているのにまた肝に銘じさせられた。100回言ってダメでも101回目にできるかもしれない。また、同じ内容でもちょっと視点を変えていってみると驚くほど理解してくれると言うこともある。あくまでも人の感覚なのでそこに気づくのはなかなか難しいけど、それこそがレッスンの醍醐味でもある。

先日とても面白いことがあった。ショパンのスケルツォ2番をレッスンしていた時のこと。冒頭の三連符のパッセージがどうにも杓子定規だったので、手を替え品を替えいろいろやってみても全然変わらない。弾いてみせても、説明してみても、踊ってみても、何も変わらない。わりと感受性豊かな生徒だったのできっと変なところにはまり込んでしまっているんだろうと思っていたが、ふと冒頭のパッセージとともに蚊取り線香のグルグルが頭の中に浮かんできた。「もう万策尽きたか」と思っていたところだったので、半ばヤケで「ほら、蚊取り線香の感じだよ!」と言ってみたところ素晴らしい音楽が出てきた。いやはや、驚いた。それで話が通じたことにも驚いたし、ショパンの音楽で蚊取り線香を思い浮かべる自分にも驚いた。

こんな変なポイントに共感する感性でいいんだろうかと思ったけれど、きっと良いのだろう。考えてみると、まっとうな話がまともに通じる(だけの)生徒というのは音楽的にはある領域からなかなか伸びなくなる。やはり感性。そのようにして音楽家には変な人が多くなっていくのだろう(´-`)

2020年2月16日 (日)

前代未聞!4台ピアノ8人のピアニストのコンサート@岡山シンフォニーホール

今日は岡山シンフォニーホールで4台ピアノ、8人のピアニストのコンサートでした。ソロから始まりだんだんピアノと人が増えていくという面白い構成。

まずは最初のソロを務めさせていただきました。英雄ポロネーズ。久しぶりにこのステージでソロを弾きましたが、やっぱり気持ちいい!

そして連弾、2台ピアノと続き、4台ピアノ4人でのベートーヴェン運命、8人での展覧会の絵とマーチメドレー。8人のものは長生淳さん編曲。編曲というよりあれは完全に作曲でしたね。超絶難しい^^;。最初は全然合わず、どこがどうズレてるのかも分からないほど大変でした。でもうまく合うと今まで聞いたこともない世界が広がる。感動的でした。

満員のお客さんも大盛り上がりで本当に良かった。そして岡山にもたくさんの素敵なピアノ仲間が出来ました。

いやぁ、それにしても大変だった(笑)

0b8edd17aae745e1afc70d9a57f7dfb8C5fd86d308094b6e92427c8d8db7540c13ee97beba1740bd9553749883009f135bd6342a22f44faebede9c88e0bbf3c3

2020年2月 2日 (日)

音の玉手箱XV in さいたま

翌日22日は浦和の柏屋楽器での「音の玉手箱」。子供のためのコンサートなんですがなんと今年で15回目!!100人ちょっとのスペースではありますが2回公演があっという間に満席になる公演に育ちました。アンケートを見ると1回目から全部来てくれている人もいて感謝感激です。このコンサートで育って音高でピアノを頑張っている生徒もいます。

今年はバロックから近代までということで、バッハから始まりドビュッシーやラヴェルまでのたくさんの曲を弾きました。午前の部は小さい子供向け、午後の部は大きな子供や大人向けという2本立て。午前の部では普段のコンサートでは弾かない子供用の曲もいくつか弾きました。その中の一つ、レッスンで見本で弾いたことくらいしかない平吉毅州のチューリップのラインダンスを弾かないといけないんだった、ということに気付いたのが本番4日前∑(Д)。それから楽譜を入手して隙間時間をフル活用(と言っても他にやらないといけない曲も山ほどある)してにわか暗譜。地味に緊張しましたねー。意外なほどいい演奏が出来ましたが。あと、小さい頃によく弾いてた「人形の夢と目覚め」が実はすごくきれいな曲だということに今回初めて気づきました。

それぞれの部の後半は例年通り初見大会。リクエストが書かれた紙を箱の中から引いて出た曲を弾くというものです。楽譜はそれぞれ持ってきてくれるのですが、今年はドビュッシーの版画の「塔」が出たり、聞いたこともないデュランという作曲家(デュラン版のデュラン?)のワルツだったり、はたまたベートーヴェンの13番ソナタの終楽章だったり、なんだかレベルが高かった。聞くところによるとプロコフィエフのソナタを持ってきている人もいたそうでΣ( ̄ロ ̄lll)。いくら初見が得意と言ってもなかなか^^;。子供たちとの初見連弾もとても楽しかった。ピアノをはじめて9ヶ月という幼稚園生から音大生顔負けの演奏をする大学生まで、いろんな出会いがありました。

終わった後は(主に暗譜が不安だったチューリップのラインダンスとシューマン献呈で)ぐったりだったけど、充実した一日でした!

来年も面白いプログラムを考えてますよー。

98503cdd3d3640e8b608d1eba3db77db32a1dfe510b346e29010aa1bab61dd43

2020年2月 1日 (土)

三浦一馬&松本和将デュオリサイタル in 三鷹

今日は久々の都内での三浦一馬君とのデュオでした。会場は三鷹市芸術文化センター風のホール。

すんばらしいホールでした!!!どんな小さい音でも聞こえるし、残響が豊かだけど音の輪郭もハッキリ聞こえる。こんなホールはなかなかないんじゃないかな。


前半はドビュッシー、ラヴェル、バルトークなどの若干しっとりと。しかし最後のショパンスケルツォ第2番で会場のボルテージは一気に最高潮に。そのままの勢いで後半のピアソラ&ガーシュウィンプログラムへ。

「ブエノスアイレスの冬」は本当に名曲ですね。弾き始めた頃はなんだかつかみどころのない曲だな、と思ってたんだけど今では血が沸きそして涙が出る。

一馬君と最初のコンサートの時にゲネで楽譜なしで即興で合わせたラプソディ・イン・ブルーも大事なレパートリーになりました。

アンコール2曲目のリベルタンゴが終わった瞬間は、会場がブラボーなのか雄叫びなのか分からないたくさんの声で埋め尽くされました。クラシックのコンサートでこの盛り上がり方はすごい!嬉しいね!!


一馬君とは315日に倉敷音楽祭でも共演します。このままの勢いで大盛り上がりになるといいなぁ!

50c00376aac344b4a12afa8c3101914d8144aa8835004829aa1e103d15c5cbc8

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »