« セザール・フランク | トップページ | 日本橋三井タワーアトリウムコンサート »

2月を振り返って

年が明けたかと思ったらあっという間に2月は終わりましたね。2月はまさにコンサートラッシュでした。息つく暇もなかったような気がしていますが、振り返ってみましょう。

まずは2月2日はサントリーホールブルーローズにて「第9回チェロの日」。岩崎洸先生との共演でショパンのチェロソナタなどを演奏しました。ブルーローズは15年以上も前にリサイタルをして以来でしたが、こんなにいい響きだったっけ、と思いながら残響を堪能しながら最晩年のショパンのほとんど救いのない、しかしわずかに残された希望と憧れの世界に思いを馳せました。



翌日2月3日は毎年恒例柏屋楽器さんでの「音の玉手箱XII」。今年はショパンの作品の各カテゴリーから一曲ずつと言うことで、バラード、スケルツォ、マズルカ、ワルツ、エチュード、ノクターン、ポロネーズなどなどたくさんの曲を演奏しました。ソナタはさすがに長いのでそこには入れられませんでしたが。後半はこれまた恒例のリクエストコーナーと連弾コーナー。とても楽しく盛り上がりました。



2月8日は大阪フェニックスホールにて藤木大地カウンターテナーリサイタル。12月の紀尾井ホールとはほとんど違うプログラムで、この短い期間でよくぞここまで別のプログラムを仕上げたものだと感嘆。武満徹「死んだ男の残したものは」から林光「死者の迎える夜のために」の流れは思わず涙が流れそうでした。





翌日2月9日は愛知県立芸術劇場にて前橋汀子さんのリサイタル。この日はスプリングソナタ。後半はもちろん名曲集です。どちらかと言うとクールなお客さんの多い印象の名古屋の会場が大盛り上がりでした。



またまた翌日2月10日は別府にてハーモニーアス別府のラストコンサート。3年前にバンドネオンの三浦一馬くんと2人で出演したシリーズですが、今回はその2人に川久保賜紀ちゃん、上里はな子ちゃんも加わってとても豪華なメンバー!ガラコンサートのように一人一人演奏するだけではもったいないので、一馬くんとプログラムを話し合い、この日にしかできない組み合わせの演奏がいくつも実現しました。ハーモニアスさんにとって最後のコンサートがとても良いコンサートになって本当によかった。





2月16日はこれまた15年ぶり位に訪れるルネこだいらでの前橋汀子さんのリサイタル。15年前は秋山和慶さん指揮東京交響楽団とのブラームスのピアノ協奏曲第1番だったんですが、担当の方がその時のことを覚えていてくださいました。



翌日2月17日は毎年恒例になってきた倉敷のフレンチの名店ポン・ヌフでのリサイタル。今回はフランス物のプログラム………と思っていたんですが、直前にやってしまった。やっぱりどうしてもブラームスを弾きたくなって、「6つの小品Op.118」も入れちゃいました(^◇^;)。コンサートホール顔負けの音響とすばらしいベヒシュタインの音色でどれも気持ちよく演奏できましたが、特にフランク「プレリュード、コラール、そしてフーガ」は教会での大合唱のような響きを作り出すことができて演奏しながら作品に感動していました。



2月24日は倉敷の西のほう、玉島市民交流センターで子供と大人のためのコンサート。子供だけではなく、小さな子供さんがいて普段なかなかコンサートに行けない親御さん達にも楽しんでいただこうと言う企画です。よくある子供のコンサートのよりも本格的な演奏、でも本格的なコンサートよりはプログラムが聴きやすい、という意外とありそうでないところをいつも狙っています。


|

« セザール・フランク | トップページ | 日本橋三井タワーアトリウムコンサート »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

今日4/2日、玉島テレビでコンサ-ト模様を放映しています 素晴らしいとしか言いようがありません
私が初めて松本さんのピアノを拝聴したのは、音大の体育館でした 松本さんはまだ高校生でしたが、そのテンポの良い活き活きとした力強い演奏に私は身を乗り出して聴き惚れたのを昨日のように思い出しております

音楽に特に詳しくない私でも 感動とは…と感じ入ります
又、倉敷でお会いできる日を楽しみにしております  

投稿: | 2019年4月 3日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月を振り返って:

« セザール・フランク | トップページ | 日本橋三井タワーアトリウムコンサート »