« 浜松国際ピアノコンクールを聞いて | トップページ | ロシア音楽の朝〜あさってのプログラム発表 »

11月を振り返って

11月もついに終わりましたね。
11月が終わって次は12月。
その12月が終われば2018年も終わり。
なんてこった。

さて、盛りだくさんだった11月の活動振り返ってみましょう。

まずはいきなり1日から本番、それもダブルで。

朝は前橋汀子さんの東京芸術劇場でのデイライトコンサート。
弦楽器のアンサンブルやシンセサイザーも入って、とても賑やかな温かいコンサートになりました。



夜はヤマハ名古屋でリサイタル。
東京文化会館のリサイタルと同じプログラムでしたが、ここのところ何度も演奏している曲なのでずいぶんいらない力も抜けてきて、サロンコンサートではありますが壮大な世界を構築できた気がします。



4日は岡山ルネスホールでのリサイタル。
こちらも東京文化会館と同じプログラムでしたが、
タイトルも「松本和将の世界音楽遺産」とし、このシリーズの岡山版と言う位置づけでさせていただきました。
長年弾いてきているルネスホールですが、ピアノがオーバーホールされ、少し響きが変わったので今までとは違う雰囲気になりました。
この日はシューマンが降りてきた…^^;



8日はカワイ表参道でのロシア音楽講座。
今回はムソルグスキー「展覧会の絵」です。
ラヴェル編曲のイメージが強烈に付きまとうこの曲ですが、ムソルグスキーの思い描いたイメージは絶対に全く違うものだったはず。
その足がかりとして「ボリス・ゴドゥノフ」のいくつかの場面を聞いていただきながら、世界観を構築していく解説をしました。



しばらくリハーサル等に時間を費やして、11日は狛江エプタザールでのアンサンブルJOY。
僕が弾いたのはアレンスキーのピアノ三重奏曲とブラームスのピアノ五重奏曲。
アレンスキーは久しぶりに弾きましたが、やっぱり本番で白熱するタイプの曲ですね。
この日も燃えた。
あまり掘り下げていこうと思える曲ではないけれど^^;。
そしてブラームス。
何度弾いても内容の深さに圧倒されます。
今月は月初めから、気づけばブラームスばかり弾いている。







12日は京都のカフェモンタージュで、これまたブラームス。
相方はなこちゃんがいる以外は違うメンバーで、漆原啓子さんのカルテットとの共演でした。
同じ曲を2日連続で違う人たちと演奏すると言うのはとても興味深かった。






翌日13日は前橋汀子さんのコンサートで調布でした。
思いがけずホールの担当者の方が能登でいつもお世話になっている先生のとても親しい方だったり、
1月に三浦一馬くん達とコンサートをやったときの担当者さんが譜めくりをしてくれたり、
何かとご縁を感じるコンサートでした。




そして14日は東京文化会館でのリサイタル。
手探りで始めた「世界音楽遺産」も3回目です。
今回は渋めのプログラムだったので集客には苦労しましたが、
しかし来てくれたお客さんたちは本当に温かく、またシューマンやブラームスを愛する人たちでした。
前回のロシア編は「底無しの響き」でしたが、今回はこの2人の大作曲家の「底無しの愛情」に触れる感動を分かち合うことができました。

タカギさんのところの「恐ろしき」スタインウェイも、去年とは全く違う音色を奏でて大活躍してくれました。








20日は富山でのリサイタル。
これだけシューマンやブラームスを弾いているのだから同じようなプログラムにすれば良いものを、
欲を出してショパンエチュード全曲。
それまでもその後も、歴史上誰にも作れない難易度を誇るこの曲の隠れた側面である、
音楽的な壮大な物語を皆さんに伝えることができたかな。
その素晴らしい世界を1人でも多くの人に伝える伝道師にならなければいけない、と柄にもなくエチュードを弾いていますが、
もっともっと高みを目指さないといけない。





23日は毎年呼んでくださっている宇都宮でのリサイタル。
10回記念でひとまず区切りと言うことで、今までの9回からの希望が多かった曲を元にプログラムを組みました。
まるでお祭りのようなプログラムでしたが、最後の熱情ソナタに向けて不思議と1つの物語が作られていくように感じ、
それはまた毎年呼んでくださった方々、またいつも来てくださる方々との物語でもあったのかもしれません。
またこれからもたくさんご縁があることを願いながら…






24日は郷土の大先輩岩崎洸先生とのプリモ芸術工房での共演。
去年に引き続き2回目です。
ここのところはショパンづいているようで、メインはショパンのチェロソナタ。
昔趙静とよく弾いた曲ですが、年月が経ってみると捉え方も随分変わって大きな目で俯瞰できるようになり、
またテクニック的にもあれほど難しかったものがずいぶん楽に弾けるようになったので、このショパン晩年の心情に少し近づけた気がします。


|

« 浜松国際ピアノコンクールを聞いて | トップページ | ロシア音楽の朝〜あさってのプログラム発表 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月を振り返って:

« 浜松国際ピアノコンクールを聞いて | トップページ | ロシア音楽の朝〜あさってのプログラム発表 »