« 2018年! | トップページ | 1月の予定 »

2018年の展望

お正月も終わり、世の中が動き始めましたね。
年末のあの慌ただしくも1年が終わってしまう寂しさを感じさせる空気、お正月の何とも言えないのんびりとした空気。
一体そこからどうやって日常に戻るのだろうと思っていたけれど、戻ってみるとその時間もまた当たり前のように流れていくので不思議なものです。

さて、年の終わりに1年のコンサートをいくつか振り返ろうかと思っていたのですが、なんと大晦日に体調を崩してしまってできず(笑)、
年が明けてからやっても今更感がありありなので、今年の展望を。

去年とても盛り上がったリサイタル「松本和将の世界音楽遺産」の東京公演第3回は、11月14日(水)に行います。会場は同じく東京文化会館小ホール、今度はドイツロマン編というコンセプトで、ブラームスとシューマンを取り上げる予定です。

去年好評をいただいたロシア編の再演も、4月24日にフィリアホールであります。

モーツァルト・ヴァイオリンソナタ&ピアノソナタ全曲シリーズという大きな挑戦も3月から始まります。





同じ3月にはライフワークとなりつつある呉の室内楽マスタークラス、カンマームジークアカデミー in 呉、プロデュースを任されている倉敷音楽祭の地元にゆかりのある音楽家の室内楽シリーズ、狛江エコルマホールでの同世代のピアニスト4人によるコンサートなど目白押し。








他にも今年は大分でソプラノの とのコンサートがあったり、北海道・高崎・松山・宇都宮でのリサイタル、岡山方面でのコンチェルト、また各地でのレッスンやセミナーなどまた音楽に溢れた1年になりそうです。

|

« 2018年! | トップページ | 1月の予定 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/66250482

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年の展望:

« 2018年! | トップページ | 1月の予定 »