« 上里はな子・松本和将デュオリサイタル in 豊橋 | トップページ | ぶらぁぼ »

アンドレ・プレヴィン、比類なき温かい天才

21日の戸塚でのコンサートに向けて、移動中にベートーヴェン大公の勉強中。楽譜を見ながらいろんな人の演奏を聴いていると、今まで見えてなかったたくさんの気持ちが見えてくる。この時間が一番の幸せ。あ、違う、本番の次に幸せ。指が動くようになるために練習してる時間は正直しんどい。こうやって頭の中でいい音楽が鳴りさえすれば指は勝手に動いてくれればと思うんだけど、そういうわけにはいかないねぇ。



今のところ僕の中で大公のベストレコーディングは、プレヴィン・ムローヴァ・シフのもの。カザルストリオよりもデュ・プレよりもケンプよりも、僕はこっちが好き。
プレヴィンという人はホントに懐の深い天才だな、と思う。近寄りがたい天才、常軌を逸した天才、頭回りすぎで冷たく感じられる天才、いろいろいるけれど、プレヴィンのは温かい天才だな、と。んーちょっと違うかな。心を開かせてくれる天才、かなぁ。学生の頃は、アシュケナージのラフマニノフコンチェルトの指揮をしてる人くらいの認識で、ラフマニノフの交響曲も振ってるな、というくらい。ショスタコのピアノコンチェルトでバーンスタインの指揮でピアノも弾いてたからびっくりしたんだけど、あぁ、指揮者だけどもともとピアノも弾くんだな、と。ショルティもミュンフンもそうだし、それ自体はそこまで。そのあとで何気なくジャズのオムニバスを聞いていて圧倒的にカッコいい「マイ・フェアレディ」を聞いて、何気なく演奏者欄を見た時の衝撃!!プレヴィンのプロフィールに何となく「ジャズ」というワードは見たことがあったけど、本気でジャズから出発した人だとは全く思っていなかった。今の時代2つのジャンルをまたがって活動している人はたくさんいるけれど、ジャズファンはプレヴィンをジャズピアニストだと思ってるし(「え?クラシックの指揮もするの?」)、クラシックファンはプレヴィンをウィーンフィルなんかも指揮するクラシックの音楽家だと思ってるし、こんな人は他にいないんじゃないかな。もちろん大公の演奏が好きなのは、そんなすごい人だから好きなわけじゃなくて、単純に聞いてて心地よいからです。カップリングになってるブラームスの1番もまた素晴らしい。

|

« 上里はな子・松本和将デュオリサイタル in 豊橋 | トップページ | ぶらぁぼ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/65923713

この記事へのトラックバック一覧です: アンドレ・プレヴィン、比類なき温かい天才:

« 上里はな子・松本和将デュオリサイタル in 豊橋 | トップページ | ぶらぁぼ »