« モーツァルトヴァイオリンソナタ全曲達成 | トップページ | 10月の予定 »

9月を振り返って

9月は30日しかないのかっ!油断してたら今月を振り返るのが出来ないところでした。

まずは16日17日は久々の能登で1月まで4回かけて行う公開レッスンシリーズの第1回。



超居心地のいい能登。前回公開レッスンで行った時にまだ1年生だった子が高学年になっているのを見ると時間の流れを実感しますね。



17日の夜になんとか台風の中東京に帰りそのまま広島までたどり着き、



翌日18日はカワイ広島での上里はな子・松本和将デュオリサイタル。



2人での演奏としては初めてのベートーヴェン・クロイツェル、これはちょっと2人の代名詞になりそうな感じになってきました。



ちょうどカープが優勝した瞬間が本番中で、打ち上げに向かう商店街は赤いユニフォームで埋め尽くされてました。



翌日19日は午前中にペダリングセミナーの最終回。前回基本編でひたすら説明したペダリングの座学的な知識を、実際にどう実践するかということをたくさんの曲を演奏しながら解説しました。



そのまま京都に移動しておなじみのモンタージュでモーツァルトヴァイオリンソナタ全曲演奏会の4回目。エピソード1ということで初期にマンハイムで作られたソナタ。



翌日20日は締めくくりの第5回、この日はエピソード5でがっつりと後期のソナタでまとめました。このシリーズを通してモーツァルトの今まで知らなかった面がたくさん見えたし、モーツァルトの得意な相方のはなちゃんに助けられて自分だけでは出来ないような音色がたくさん出ました。2人にとって初めての曲が多かったのも、先入観なしに向き合えて良かった。



24日は前橋汀子さんの名古屋公演。いつもの愛知県立芸術劇場が改修中だったので古式ゆかしい名古屋市民会館で。しかし驚くほど音響がよく、コンサートはもちろんいつも通り大盛り上がりでした。

<!--image:10-->

27日は松山でショパンエチュード全曲講座。

<!--image:11-->

2時間でOp.10と25の全曲を説明するという決死の企画でしたが、やれば出来るもんだ。

<!--image:12-->

さらっとそれぞれの曲を説明するだけではつまらないので、Op.25に隠された悲劇の物語(最後は光に包まれる)の解説や、譜読みの仕方のことや、いろいろとしゃべりました。それにしても松山は独特ののんびりした空気が流れていて居心地がいい。前日のレッスン前にも駅前の温泉に入ったし、講座あとの夕方も道後温泉に入ったし、仕事しにきてるのか温泉に入りにきてるのか(笑)。

<!--image:14-->

また11月に行くので楽しみです。
そんなこんなで9月は過ぎて行きました。10月から少しずつ忙しくなっていきます。

|

« モーツァルトヴァイオリンソナタ全曲達成 | トップページ | 10月の予定 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/65857069

この記事へのトラックバック一覧です: 9月を振り返って:

« モーツァルトヴァイオリンソナタ全曲達成 | トップページ | 10月の予定 »