« ベートーヴェン講座最終回! | トップページ | 6回目を迎える語りと音楽 @ フィリアホール »

シューマン「詩人の恋」 with 藤木大地 in ハクジュホール

今日はハクジュホールでカウンターテナーの藤木大地氏との共演でした。ウィーン国立歌劇場に日本人のカウンターテナーとして初めてデビューした後の初リサイタル、とても大事なタイミングでのリサイタルに選んだ曲はシューマンの「詩人の恋」。
ハクジュホールでのワンダフルoneアワーは、2月にまつきとわたるとはなこのトリオで出演した時と同じく昼と夜の1時間ずつ2公演。歌にはかなりハードだと思いますが、どちらも素敵な時間でした。それにしても詩人の恋素晴らしい曲ですね。たった30分の歌曲集なのに映画のような濃さがある。そして、他のシューマンのピアノと同じく、もしくはそれ以上に、心を込めれば込めるほど音に必ず表れる。その日によって、その時によって、心というのは変わるもので、毎回弾き方も変わってくる。テンポも何もかも、変わってくる。そういう僕の変化に藤木氏は喜んで乗っかってくれるのでとても楽しい。もちろん彼自身もその時によってどんどん変化していく。
普段歌の伴奏をすることはあまりないのだけど、歌曲自体は好きなので、こういうやりとりが出来る相手とだったらいろんな曲をやってみたいな。

ちなみにプログラムはこんな感じ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
シューベルト: アヴェ・マリア D.839
シューマン:詩人の恋 op.48
シューベルト:春の想い D.686
夜と夢 D.827
水の上で歌う D.774
魔王 D.328
音楽に寄せて D.547
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

他のシューベルト歌曲も素敵なものばかり。魔王はさすがに会場も盛り上がりましたね。
藤木氏とは28日のフィリアホールでの語りと音楽シリーズでも共演します。今回はシューベルト編で「美しき水車小屋の娘」です。ピアノソロではさすらい人幻想曲を弾きます。

それまでにあと3回本番と2回講座だ。倒れたりはしないけれど、毎回毎回最高の音楽が出来るように出来る限りの準備をしていい精神状態で集中して臨まないといけないですね。



|

« ベートーヴェン講座最終回! | トップページ | 6回目を迎える語りと音楽 @ フィリアホール »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい演奏でした。
おっしゃるように、松本さんのピアノのニュアンスの変化に合わせるように藤木さんが変えていく様子が手に取るように分かって、とても幸せな時間でした。
ありがとうございます。

投稿: | 2017年5月20日 (土) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/65305939

この記事へのトラックバック一覧です: シューマン「詩人の恋」 with 藤木大地 in ハクジュホール:

« ベートーヴェン講座最終回! | トップページ | 6回目を迎える語りと音楽 @ フィリアホール »