無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 今月の予定 | トップページ | シューマン「詩人の恋」 with 藤木大地 in ハクジュホール »

2017年5月10日 (水)

ベートーヴェン講座最終回!

カワイ表参道でのベートーヴェンソナタ全曲演奏会の最終回。30番と31番の事は前回しゃべったので今日は32番だけ。せっかくここまで全曲やってきたので、前半は1番から順番に31曲を振り返ってみました。




しかしよく考えると、30曲位を1時間でしゃべらないといけないと言う事は1曲を2分で終わらせないといけないと言うことに始まる直前に気づき、戦慄を覚えたのですが、かけ足で説明してなんとか1時間ちょっとで全曲をふりかえることが出来ました。短い時間でこうやって全曲を少しずつでも弾いてみると、若い頃のエネルギーと野心に溢れている感じから中期の頃の凄まじい大きな建造物の感じ、そしてそれを経た後の自然な感情の発露までどう変化していったかがよく分かって興味深いです。ベートーヴェンほど生涯を通して作風が変化していった作曲家は少ないんじゃないかな。それも形式的な変化だけではなくて、むしろそれよりも内容の変化、哲学の変化といってもいいかもしれない。
そんな31曲を通り過ぎた後に32番に目を向けてみると、何とも言いようのないほど内容の深い世界が広がっています。神のような天上の世界ではなく、神と対峙した自己の世界、宿命を何とか乗り越えてきた自分自身を見つめる眼差し。第2楽章を弾いていると、あぁこの人は何と強い人なんだったんだろうと切なくなってきます。どんな困難も自分の中で答えを見つけて解決してきた、そんな人にしか書けない旋律です。

« 今月の予定 | トップページ | シューマン「詩人の恋」 with 藤木大地 in ハクジュホール »

音楽」カテゴリの記事

コメント

講座終了お疲れさまでした。
松本先生のおかげで、大好きなベートーヴェンがさらに身悶えしそうなくらいに好きになりました。本日の「ベートーヴェンは決して救いを他に求めたりしない。」というお言葉は、ベートーヴェンを聴くたびに思い出す気がします。講座は終了しましたが、これからも松本先生のベートーヴェンを生で聴きたいので、どうぞよろしくお願いいたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン講座最終回!:

« 今月の予定 | トップページ | シューマン「詩人の恋」 with 藤木大地 in ハクジュホール »