« 6回目を迎える語りと音楽 @ フィリアホール | トップページ | 6月の予定 »

5月を振り返ってみた

まずは5日のピティナのコンチェルトセミナー。前半は高校生2人のコンチェルトの公開レッスン。2人ともとても音楽的で楽しかった。弾き方のことももちろん言ったけれど、コンチェルトだからここはこんなバランスで、こんなやり取りの仕方で演奏したほうがいい、というアドバイスもしました。後半は講座。コンチェルトについて話をするというなかなか難しいコンセプトでしたが、例によって話し始めるとどんどん言いたいことが出て来て、また例によって時間をはみ出してしゃべり倒してしまいました。そして最後にはやはり、これからの日本の音楽界を豊かなものにしていくための提言、本当の意味で音楽家として上達すると言うのはどういうことなのか、目先のコンクールのことばかり考えることによる弊害、などをお話しして締めくくりました。伝えたい事はたくさんあります。





13日には、同郷のチェリスト大島純さんとロシアものばかりのチェロソナタのコンサート。ピアニストにとってかなり大変なプログラムでしたが、そもそも寝ててもできるような簡単な曲を弾いても仕方ない。とてもやりがいのあるコンサートでした。





17日はカワイ浜松でペダリングセミナーの第2回「基本編」。導入編では全体的なイメージだけをお伝えしたのですが、今回はかなり詳しく体系的に分析したペダルの使い方をお話しました。


19日はカウンターテナーの藤木大地さんとのコンサート。2月のトリオのコンサートに引き続きハクジュホールです。シューマン詩人の恋とシューベルトの歌曲を数曲。ハクジュの透明な響きにピッタリのプログラムで、時空を超えたような感覚になりました。





21日はおなじみカフェモンタージュでトリオのコンサート。シューマン&ブラームスピアノ三重奏曲全曲シリーズの第2回で、奇しくもどちらも第2番でした。あまり演奏されない曲ですがどちらも素晴らしい!





22日、23日はまたまたカフェモンタージュで2日連続のベートーヴェン後期3大ソナタ。この3つのソナタ、特に最後のソナタはピアニストにとって、どんな音楽家にとっても、人類にとって特別なものだと思います。ベートーヴェンという1人の人間、しかし度重なる苦難を乗り越え、常に前に進み続けた偉大な人間が、31曲のソナタを書き終えて最後にたどりついた世界。まだこの後にいくつも他のジャンルの曲があるとは言っても、作曲者と神との対話のようなものに思いを馳せずにはいられません。





24日、25日は広島と梅田のカワイでペダリングセミナーの第一回「導入編」。最初はとりあえずピティナの課題曲のペダルの踏み方を知りたい、と言う位で来た方も、どんどん音楽的な話をしていくうちにのめり込んで聞いてくださっているように見えて嬉しかったですね。日本の音楽界の未来はきっと明るい。


そして今月最後のコンサートは28日。大好評をいただいているフィリアホールでの「語りと音楽」シリーズ、今回はシューベルト編です。シリーズでは初めてゲストとして、カウンターテナーの藤木大地さんにも歌ってもらいました。19日にシューマンを一緒に演奏したばかりですが、今回はシューベルトの「美しき水車小屋の娘」。ピアノソロではシューベルト唯一のヴィルトゥオーゾピース「さすらい人幻想曲」。これはさすがに難しかったし、5連続本番の中隙間時間を見つけて練習をしないといけなかったんで大変でしたが、こういう曲でも落ち着いて弾いたら確実に弾けるようになったというのは大きな収穫でした。





以上、5月を振り返ってみました




|

« 6回目を迎える語りと音楽 @ フィリアホール | トップページ | 6月の予定 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/65353683

この記事へのトラックバック一覧です: 5月を振り返ってみた:

« 6回目を迎える語りと音楽 @ フィリアホール | トップページ | 6月の予定 »