無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 大フーガ〜園田高弘メモリアルシリーズ | トップページ | ミッキー »

2016年10月14日 (金)

運命と私




ベートーヴェン4番のコンチェルトの2楽章。若い頃は、なぜオケが強く始まるのにピアノはそれを無視するかのように弱々しく演奏しなければならないのか納得がいかなかった。オケをうまく引き継ぐためには、フォルテとは言わないまでもある程度の勢いと充実感のある音色で弾くべきではないのかと思い、実際にそのように弾いていた。でも、これはきっと「運命」と「自己」というようなことなんだろうなぁ。ピアニストはただ佇んでいればいい。そしてだんだん周りの音が遠ざかっていき、その内面にスポットライトが当てられていく。歳を重ねるとだんだんいろんなことが見えてきて、本当に楽しいと思う。

« 大フーガ〜園田高弘メモリアルシリーズ | トップページ | ミッキー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運命と私:

« 大フーガ〜園田高弘メモリアルシリーズ | トップページ | ミッキー »