無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« トリプルコンチェルト in 京都 | トップページ | 演奏家の魅力について »

2016年9月19日 (月)

ACT音楽セミナー

4日間にわたるACT音楽セミナーが終わりました。
















音楽家を目指す学生や実際に演奏活動をしている人向けの呉のカンマームジークアカデミーとは違って、こちらもアマチュアの方も参加してみんなで楽しく音楽をしましょうというコンセプトで、前回前々回までは確かに僕ら講師も楽しんで演奏して、呉ほどしんどくなかったような気がしていたのですが、今回は気が遠くなりそうでした。それもそのはず、朝は6時半には起きて8時半か9時くらいまでに会場に行き、都内3つの会場を移動しながら夜8時くらいまで弾き続けて、家に帰ったら11時を過ぎているという生活でしたから。でも、僕らも参加3回目にしてずいぶんこの会の皆さんとの関係も濃くなってきたような気がして嬉しいです。そうすると基本がっつりやらないと気が済まない松本上里夫妻は、とことんまで言ってしまうわけで、そりゃあエネルギーも使いますね。でも、良くなるというのが分かっているのにそれを言わずに通り過ぎるというのはどうにも出来ない。もちろんこれからプロ奏者になるわけではない趣味の方には、逆立ちしても出来ないようなことはいいません。ただ、楽しむだけと言ってもこのセミナーに参加するほどの意識を持っている方々であれば、せっかくならもう一つ二つ上のレベルに上がれたほうがより豊かな音楽生活が送れるのは間違いないです。テクニック的なことだけではなく、音楽との向き合い方や精神状態のコントロールの仕方などの含めて。もちろんこれからプロの音楽家を目指す学生向けには、逆立ちしても出来ないようなことでも容赦なく要求します。でないと将来食っていけないわけだから。
そんな3日間のレッスンを経ての最終日の10時間にも及ぶ修了演奏会は、やっぱり感慨深いものがありましたね。最後のシューマン五重奏を弾いた時のあの高揚感。普通に演奏会のステージで弾くとはまた違う感覚が生まれたかもしれません。
さて、休んでる暇はないぞー。次の曲たちの練習をしないと!!

« トリプルコンチェルト in 京都 | トップページ | 演奏家の魅力について »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACT音楽セミナー:

« トリプルコンチェルト in 京都 | トップページ | 演奏家の魅力について »