« トリプルコンチェルト | トップページ | 次なるアルバム »

前橋さん、サントリー、シンフォニー

前橋さんの年間コンサートの軸の一つである、サントリーホールと大阪のザ・シンフォニーホールのコンサートが終わりました。どちらも超満員。超満員と言いますが、定員が決まってる以上満員を超えるものはないはず。でも、普通は「満員」と言っても来なかった人がいたりお付き合いでチケットだけ買う人がいたりでところどころ空いてるんですよね。でも前橋さんのコンサートは本当にぎっしり満員。本当にすごいことです!それを毎年ですもんね。
いくらいい演奏をしても、聞いてもらってナンボ。僕も頑張らないとなー。
さて、休む間もなく明日はカワイのベートーヴェンシリーズ。いよいよ熱情の回です。
熱情が素晴らしいのはもちろんなのですが、他の4曲の比較的小さなソナタが弾けば弾くほど味が出てくる曲で、とても面白い!特にもっとも軽く考えていた(失礼m(_ _)m)カッコウなど絶妙な間のある素晴らしい曲だし、存在意義のわからなかった(またまた失礼)22番も熱情とセットで弾くとその世界がよく分かってきました。さすがベートーヴェンですねぇ!








|

« トリプルコンチェルト | トップページ | 次なるアルバム »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

他の曲も十分聴きごたえがあって素晴らしいのですが、熱情はなんというか人知を超えたものがあるんじゃないかと思えてなりません。そんな最後まで一部の隙もないベートーベンの熱情という楽曲を見事に表現されて圧倒されてしまいました。どこかにしがみついていないと吹き飛ばされそうでしたよ。やはり松本さんのベートーベンは格別です! 月光の音源化もうれしい限りです。

投稿: kei | 2016年7月16日 (土) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/63900308

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋さん、サントリー、シンフォニー:

« トリプルコンチェルト | トップページ | 次なるアルバム »