« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

3大ピアノコンサート in 杉並公会堂




今日は杉並公会堂で、3大ピアノ★プロジェクト PIANO三重弾! Part Ⅷ 〈特別ガラ・コンサート〉でした。斎藤雅広さんプロデュースの3台のピアノを使った豪華なコンサート、今回は杉並公会堂開館10周年のCD発売記念ということで、斎藤雅広さん、近藤嘉宏さん、宮谷理香さん、須藤千晴さん、冨永愛子さんと僕の6人のピアニストでのガラコンサートでした。
最初は6人全員登場して3台のピアノをそれぞれ連弾で合計12手のバッハから厳かに(?)。しかし次のチャイコフスキー花のワルツからもう全開です。途中ソロも挟みながら、マイ・フェアレディありボサノバあり、超速のラフマニノフの2台のタランテラもあり、そして最後はまたまた6人のスーパーモーツァルトで締めくくり。アンコールは毎回恒例らしい、スターウォーズでもう音の洪水です。ブラームスの後期を弾く精神とはもはや別人、こういうお祭り騒ぎもまたいいですね。
当日聞きに来られていた三舩優子さんもCDには参加されているので、サイン会には飛び入り参加。
普段みんなで集まってワイワイすることのないピアニスト同士なので余計楽しいですね。
さて、今月は残すところは24日の埼玉は北本での遠藤真理ちゃんとのコンサート、29日の川口での前橋汀子さんのコンサート、それから30日のカワイ表参道でのベートーヴェンソナタの講座です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラームス&シューマンヴァイオリンソナタ全曲演奏会













ブラームス&シューマンヴァイオリンソナタ全曲演奏会。
6月12日は広島のライフワン221ホール
6月13日は倉敷の小田珈琲館
6月15日.16日は京都のカフェモンタージュとプチ全国ツアーのようになりました。
小田珈琲館での最後のコンサートもとても盛り上がり、小田さんにも喜んでもらえたので本当に良かった。京都のカフェモンタージュはデュオでは初登場でしたが、やはりとても気持ちのいい空間で、道路とドア1枚へだてているだけにも関わらず別の時間が流れているような感覚になります。かつてのヨーロッパのサロンもこんな雰囲気だったのだろうか。
今回は広島と倉敷は全曲演奏会の第2回ということで、
ブラームスの1番「雨の歌」、幻想小曲集Op.73、シューマンの2番。
京都と1日目は雨の歌とシューマン2番。
シューマン2番は僕にとっては初めての曲で、なかなか理解するのが難しかったのですが、相方にはずいぶんと近い世界だったようで、たくさんのヒントをもらってのめりこめるようになりました。
そして京都2日目は、
ブラームス2番、シューマン1番、ブラームス3番。
シューマンは2番を何回も弾いた後に1番を弾くと、小品を弾いているかのようなスケールに感じてしまいました。もちろん素晴らしい曲なんだけど、シューマンが1番を書いてすぐに2番を書いたというのも分かるような気がします。この日は、4日間も弾き続けて日常との境界がなくなっていたからか、ブラームスの3番で今までにない世界が見えてきました。
さて、次は何の曲をやろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田珈琲館でのラストコンサート!




6月は半ばに上里はな子&松本和将デュオでツアーがあります。
6月12日広島・ライフワン221ホール
6月13日倉敷・小田珈琲館
6月15日京都・カフェモンタージュ
6月16日京都・カフェモンタージュ
広島と倉敷はブラームス&シューマンヴァイオリンソナタ全曲演奏会の第2回ということで、ブラームスの1番「雨の歌」、シューマンの2番などを弾きます。
京都は2日間かけてブラームス&シューマンヴァイオリンソナタ全曲演奏会です。

そのうちの2日目、小田珈琲館さんでのコンサートが思いがけず大切なコンサートになってしまいました。今までモーツァルトピアノソナタ全曲演奏会やベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会など数々のわがままプログラムをさせて頂いていた場所なのですが、6月いっぱいでお店を閉めることが決定したそう。というわけで、6月13日の僕らのコンサートが最後のコンサートとなります。
珈琲店の後は雑貨屋兼貸しギャラリーとして続けられるそうですが、ここの名物でもあったベヒシュタインのピアノはなくなってしまうようで、この先ピアノが入るコンサートが聞けることはないと思います。
是非ともいいコンサートにしなくては!!
さて、その前に明日は2度トリオで登場させて頂いた(僕はその前に小森谷巧さんとの共演でも)中澤ホールで、2台ヴァイオリンとピアノの饗演コンサートです。こちらももちろんいいコンサートにしなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »