無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月21日 (土)

久しぶりの倉敷でのリサイタル




倉敷市芸文館でのリサイタル終了。この秋は本当に大変だった!
10月始めからベートーヴェン祭りが始まって、1ヶ月半でハンマークラヴィーアを含む計11曲のソナタ。先週のシューマンと今日のブラームス。他にもアンサンブルに伴奏に講座に。死ぬかと思ったけど生きてます。それも結構ちゃんと生きてます。
もっとこうやっとけばよかった、もっと出来たのにという思いは山ほどありますが、それでも一つ一つの本番を大切にして、ちゃんと思いは伝えられたと思う。何よりも作曲家が偉大なので、家ではさらうのにとにかく必死だった曲もいざステージで解き放たれると、途端に弾きながら涙が出そうになったことも何度もあった。疲れでグッタリして練習も出来ない日もあったけど、こうやって本番で演奏するとまたエネルギーをもらって元気になれる。
こんなことを仕事としてやれて幸せだし、自分の好きな曲を弾ける境遇にいられることにも本当に感謝。
そして充実した気持ちで音楽に向き合えていることを、家族にも感謝。
まだまだ本番は続きますが、自分の中ではちょっとした一区切りです。



それにしても、新幹線で獺祭が買えるなんていい時代になったもんだー。

2015年11月20日 (金)

リハ




芸文館で明日のリサイタルのリハ中。
調律師さんたちが寄ってたかってピアノを調整してくださってます。どんどん音が変わるから魔法のようですね。

2015年11月18日 (水)

ショパンエチュード全曲講座 in 名古屋 第2回目

今日は名古屋でのショパンエチュード講座の第2回目で、Op.10-7から10-12までについて解説してきました。頭の中がブラームス祭りになってて昨日の夜から必死にショパンモードに切り替えたんだけど、いざしゃべりだすと言いたいことが山ほど出てきて余裕で時間オーバーしてしまった(・・;)
今回はモデル受講生さんも入って、10-8と10-12は軽く公開レッスンのようなこともしながら講座を進めました。
次回は来年5月11日、Op.25-1から25-6までを取り上げます。


2015年11月14日 (土)

シューマン!



シューマン〜追憶のトロイメライ、終わり!
朗読とのコンサートなので物語にうまくはまる曲を主催者さんから指定されるわけなんですが、ほとんどが初めての曲でアップアップでした。クライスレリアーナも幻想小曲集もちゃんとやったことがなかった。中でも、全く存在も知らなかったクララ・ヴィークの主題による即興曲(変奏曲のほうじゃないよ)がすごいテンポの5声のフゲッタとか出てきて死にそうでした。
でも、直前まで必死に練習してたのに、いざ本番で弾き始めると涙が出るほど想いが伝わってきて、何の気負いもなく歌が紡ぎ出せだから不思議だった。ベートーヴェンみたいに臨戦態勢になるんでもなく、ショパンのように痛みを絞り出すんでもなく、ただただ今生きていて愛も苦しみもあってというのを偽りのない気持ちで語りかけるだけでいい表情になる。昔は苦手だったけどそろそろ近づけるようになってきたかな。
今回は朗読が松平定知さんだけでなく、クララ・シューマン役として好本惠さんも加わって、華やかさも出ました。
次回はクララ・シューマンとブラームスのお話。あ、来年ですが。お楽しみに。

2015年11月11日 (水)

葛城ユキさんミニライブ @ 東京倉敷ふるさと会

東京倉敷ふるさと会に顔を出してきました。今回のアトラクションは葛城ユキさんのミニライブ。
倉敷出身者とはいえこんな大物が来るとは!第10回だからか?
恥ずかしながらちゃんとお聞きしたのは初めてだったんですが、魂の歌でした。もう60超えてるはずなのに声もバリバリ出てるし。
元気をもらいました。
一度ちゃんとライブを聞きに行きたいなー!



2015年11月10日 (火)

一息




自宅に帰って1杯のエスプレッソをゆっくり飲むのも悪くない。少しだけ余裕が出てきたのかな。ここで気を抜いたらまたあとでテンパるのがパターンなので、気を引き締めていこう。
それにしてもカレンダーが9月のままだ(笑)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »