« 第1回ほっと龍山ピアノマスタークラス その1 | トップページ | 第1回ほっと龍山ピアノマスタークラス その3 »

第1回ほっと龍山ピアノマスタークラス その2

20日は、パーソナルトレーナーの宮坂博さんも合流しての体の使い方講座&レッスンでした。





まずは1時間くらいの目安で座学、だったのですが、宮坂さんの豊富な知識がそんな時間で収まるわけもなく、2時間近く喋り続けたのでした。
ちなみに、宮坂さんは仕事としてはパーソナルトレーナーの取締役(?)をしているのですが、整体師さんでもあり、武道もやり、出身は早稲田の哲学という異色の経歴の持ち主で、その知識も驚くほど広いんです。
そして、例えば僕が「昔のハイフィンガーの影響か、肘を外に出して弾く人が多い」という話からバレエの姿勢の話に繋がったり、とにかくその引き出しをつなげていくのがうまい。
久しぶりにお話して僕もたくさん刺激を受けました。
それから、少ない時間だけど一人一人の問題点を解決させるためのアドバイスレッスン。




指のトレーニングではないので、体の使い方の観点からのレッスンなのですが、結局のところ「呼吸」と「腰・肩甲骨」に行き着くんですねぇ。
話の中で僕が試しに弾いてみたり、という場面がちょくちょくあるんですが、僕の動きを後ろで見ながら宮坂さんがよく驚いてるんですね。
トレーナーさんから見てもなかなか難しい動きをしているようで、演奏家というのは自然に手と指を動かしているだけのように見えてかなり高い身体能力を要求されるみたいですね。
あ、「運動苦手なんだ」っていう人も心配いらないです。
僕も体育は一番苦手な科目でしたから(笑)。
ピアノを弾くための体の動きがうまく出来ればそれでいいわけです。
ピアノを練習しているだけで自然といつの間にか出来るようになる、というのが理想ですが、なかなかそうもいかないのでこういうところで徹底的に学べばきっと体も使えるようになるはずです。

レッスンの後は、地元の方のための健康講座を宮坂さんがされたのでみんなで聴講。
高齢者が半分以上のこの地域なんですが、驚いたのは皆さん元気なこと!
毎日山を歩いてるからですかねぇ。

この日は宮坂さんも宿に泊まられたので、晩ご飯を食べながらまた引き続きみんないろんな話をしてくれて、そして男の受講生が一人いたので大浴場でまたいろんな話をしてくれ、出てからもまた何人か集まってきたんでいろんな話をしてくれて、延々何時間話したんだろう。
宮坂さん自身も楽しそうでした。






つづく

|

« 第1回ほっと龍山ピアノマスタークラス その1 | トップページ | 第1回ほっと龍山ピアノマスタークラス その3 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/62154657

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回ほっと龍山ピアノマスタークラス その2:

« 第1回ほっと龍山ピアノマスタークラス その1 | トップページ | 第1回ほっと龍山ピアノマスタークラス その3 »