« 松本ピアノフェスティバル | トップページ | ラフォルジュルネ »

松本ピアノフェスティバル最終日

松本ピアノフェスティバル、最終日も大盛り上がりに終わりました。僕は14時からのペダル講座を担当、そのあとは最後の大舞台、ピアノ・ザ・プレミアムを客席から聞かせてもらいました。
全国初、ノージャンルのピアノフェスティバルということで、
2台ピアノでヴァン・ヘイレンからチャイコフスキーまでカッコよく演奏するライル・クライス、クラシック部門からは山本貴志くん、そしてなんと綾戸智恵さん、レ・フレールなどのビックネームも出演してロックフェスさながらの盛り上がりを見せました。
これだけのものを作り出してまとめ上げた松本ピアノ協会の代表・猿田泰寛くん(彼は芸大の3学年上のピアニストです)の才能に感服です。そしてこのフェスティバルのためにものすごくたくさんの方がボランティアで動いていたことをレセプションで知り、感謝です!
このフェスティバルがこれからもずっと続いていくことを心から願って、東京への途についています。
さて、今日はラフォルジュルネ!!気持ちを切り替えてブラームスのパシオンを表現します。

|

« 松本ピアノフェスティバル | トップページ | ラフォルジュルネ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/61536882

この記事へのトラックバック一覧です: 松本ピアノフェスティバル最終日:

« 松本ピアノフェスティバル | トップページ | ラフォルジュルネ »