« ラフォルジュルネ | トップページ | ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会第7回 in 広島 »

トッパンホールランチタイムコンサート 〜藤木大地カウンターテナー ウィーンからのラヴレター




大学時代からの盟友、藤木大地とのコンサート。

誰もが驚いたカウンターテナーへの転向から早4年、今回はドイツ語の歌曲でまとめてきました。

テノールの頃からよく共演していたけれど、その頃はイタリア歌曲やアリアが中心で、

大地とドイツ歌曲をこんなにも濃密にやる日が来るとは思いませんでした。

ドイツ歌曲は主に、シューベルトやシュトラウス、ベートーヴェンと言ったピアノのことも知り尽くしている作曲家が書いているので、

ピアニストにとってはとても興味深い。

イタリアの物は歌ありきのものが多いけれど、さすかドイツ人、骨格ありきで歌が書かれています。

そうすると室内楽をやるのと同じような組み立て方と、相手とのやり取りが必要となってきます。

今回はとても理性的かつ感覚的なやり取りが出来て、とても楽しかった。

いろんな方に「こういう曲はやっぱりピアノはソリストにやってもらうと生きるね」と言ってもらえたのも嬉しかった^_^

次の大地との共演は7月18日の、呉の蘭島閣です。

|

« ラフォルジュルネ | トップページ | ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会第7回 in 広島 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

松本さん、こんばんは(*^_^*)
先日のトッパンホールでの藤木さんとの共演、素敵でした!
初めて聴く曲ばかりだったのですが、松本さんのピアノから鳥の声や夕暮れの気配など、いろんな情景が感じられて、映画や舞台の背景が見えるような感じで聴いていました。
あとから歌詞を調べてみたら、想像していたとおりの場面がいっぱいあって驚きました!

投稿: ふわふわ | 2015年4月28日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/61502687

この記事へのトラックバック一覧です: トッパンホールランチタイムコンサート 〜藤木大地カウンターテナー ウィーンからのラヴレター:

« ラフォルジュルネ | トップページ | ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会第7回 in 広島 »