« 冷たい街で | トップページ | 究極の状況での演奏家の力 »

ベートーヴェンピアノソナタ全曲コンサート in カワイ表参道

今日はカワイでのベートーヴェンピアノソナタ全曲コンサートの第2回。

第5番、第4番、第7番、第8番「悲愴」でした。

広島と倉敷での全曲シリーズで演奏してから1年余。

悲愴以外はほぼ初めての曲だったのでその時はずいぶん苦労したものですが、

1年くらい離れてからまた弾いてみると景色を遠くから眺められるようになっている自分に気づきます。

講座もやっているので、いやでもいろいろ掘り下げますし。

とにかく大変なだけでいまいち魅力の分からなかった曲も、ずっと向き合っているとだんだん魅力が見えてくるから不思議ですね。

4番のソナタはかなり生き生きと弾けたと思います。

あの曲を渋く弾く名ピアニストはたくさんいるけれど、生き生きと疾走感を持って弾く人は意外にいないので、

その解釈に一石を投じることが出来るんじゃないかな。

手前味噌ですが。

そして、いかに5番、4番、7番を研究して、想いをこめて弾いても、

やはり悲愴に全部持って行かれてしまうのは致し方ないところ。

これは僕の中での熟練度の違いがそうさせるのか、はたまた曲のエネルギーがそれほどまでに違うのか、
その辺が分からないところではありますが。

次回は月光もプログラムに入っています。

何となく物悲しくて美しい曲、という印象が付いている第1楽章をどうやって張り詰めた緊張感に繋げるか、なんてことも講座でしゃべりたいと思っています。


|

« 冷たい街で | トップページ | 究極の状況での演奏家の力 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

そうですね。やっぱり、やっぱり、悲愴が。。。。。すごすぎました。
初めて生で聴かせていただいて、どーーーん!と強い衝撃波を受けたような。。。(うぅなんて陳腐な表現。)ベートーベンの曲のエネルギーと松本さんの卓越した演奏の力強さがぐいぐいと迫ってきて、圧倒されました。あんな曲を作ったベートーベンとそれをみごとに表現する松本さんに乾杯!という感じです。あぁもう一回聴きたい!いつかまたお願いします!

投稿: kei | 2014年12月 9日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/60759673

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェンピアノソナタ全曲コンサート in カワイ表参道:

« 冷たい街で | トップページ | 究極の状況での演奏家の力 »