« Ustreamアーカイブで見れます | トップページ | 広島のプログラム »

リサイタル in 宇都宮

宇都宮でのリサイタル、無事終わりました。

2008年から毎年やっていて、去年は1年空いてしまったんですが、またいつもの温かい雰囲気の中で演奏できて嬉しかった!

今までは宇都宮市文化会館でやってたんですが、今回は少し趣向を変えて一芸館という素敵なサロンで。




何でもオーナーご夫妻がジャズピアニストの山下洋輔さんが大好きでこのサロンを建てたとか。

実際山下さんも何度もソロで来られていて、ちょっと前には山下さんのギタリストの渡辺香津美さんのデュオコンサートもあったそう!

すごいですね〜!!

ちなみに今日のプログラムは以下の通り。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ラフマニノフ:ヴォカリーズ
チャイコフスキー:「四季」より1月 炉端にて、4月 松雪草、6月 舟歌、9月 狩り
ラフマニノフ:エレジーOp.3-1
プレリュード Op.3-2「鐘」

――――休憩――――

シューマン:トロイメライ
ブラームス:間奏曲 Op.118-2
スクリャービン:
エチュードOp.8-2嬰ヘ短調
エチュードOp.8-8変イ長調
エチュードOp.8-12嬰ホ短調
ピアノソナタ第9番Op.68「黒ミサ」
ラフマニノフ:
プレリュードOp.32-12嬰ト短調
プレリュードOp.23-5ト短調
プレリュードOp.23-2変ロ長調

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

サロンコンサートだというのにかなり濃厚なロシアの音楽ばかりです。

黒ミサとかかなりマニアックなものもあるにもかかわらず、とっても温かい拍手をたくさんもらえて、

あぁ、帰ってきたなぁという気持ちになりますね。

いつも来てくれて応援しているお客さんがたくさんいるというのは、

安心して弾くこともできますし、

その反面期待度もどんどん高くなるので気が抜けないという面もあり、

演奏家にとっては非常に充実した場所になります。

今日はサロンコンサートということでちょっと調子に乗って、

アンコールではリクエストを募ってみました。

まぁ大体「子犬のワルツ」か「幻想即興曲」あたりが来るんだろうなんてたかをくくっていた自分を大反省。

最初のリクエストはなんとスクリャービン。

5番のソナタなら弾けますがあまりにもマニアックになるのでやめておいて、

他のリクエストを聞いたところ今度はチャイコフスキーの四季から5月。

皆さん結構詳しいものですね〜。

5月も弾いたことがない曲だったので仕方なくお断りして、

次はと言うとまた四季から11月トロイカ。

えぇ弾きましたともaries

5 6年ぶりくらいに弾くので正直自信はなかったですが、

えいっ、と弾いてみると意外と覚えているものだ。

そして次なるリクエストは月光の1楽章。

これは最近ベートーヴェンソナタ全曲コンサートをやっているので弾けるはず。

1楽章弾き始めるとどうにも止まらなくなって、というか曲自体が強烈に要求をしていて、

結局全楽章弾いてしまいました。

アンドラーシュ・シフもこの前ベートーヴェンの30番をアンコールで全楽章弾いていたし、

ルドルフ・ゼルキンはゴールドベルクを全曲弾いたことがあるらしいし、

きっといいよね。

実際お客さんは大盛り上がりでした。

と、そんな充実の宇都宮日帰り演奏の旅、

唯一の心残りは正嗣の餃子が食べられなかったことでしょうかcoldsweats01


|

« Ustreamアーカイブで見れます | トップページ | 広島のプログラム »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/60357976

この記事へのトラックバック一覧です: リサイタル in 宇都宮:

« Ustreamアーカイブで見れます | トップページ | 広島のプログラム »