« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

3日連続コンサート

秋ですな〜。
3日連続本番から何とか生還して東京に帰ってきました。
27、28は倉敷と広島でベートーヴェンソナタ全曲演奏会の第5回。

プログラム↓

〜〜〜〜〜
第12番変イ長調Op.26「葬送」
第18番変ホ長調Op.31-3「狩り」
第19番ト短調Op.49-1
第21番ハ長調Op.53「ワルトシュタイン」
〜〜〜〜〜

ついにワルトシュタインまでこぎつけました!
中期になると安心するね^_^。
しかし広島は本番前に2時間ほど解説講座をしたから、久々にぐったりでした(^^;;
もうちょっとペースを考えないといかんなー。。

それから29日は尾道で毎年恒例生徒たちとのコンサート。
今年ははなこを連れて行ってフランクのソナタなどいろいろ二人で弾きました。

僕らの出番の後半はこんなプログラム

〜〜〜〜〜
エルガー:愛の挨拶
ヴィエニアフスキ:スケルツォ=タランテラ
ショパン:バラード第4番
フランク:ヴァイオリンソナタ

〜アンコール
クライスラー:愛の喜び
マスネ:タイスの瞑想曲
〜〜〜〜〜

お客さんがすぐ目の前だし、少し動くとすぐ分かるし、生徒たちのゲネも聞いて本番も誘導したりいろいろしないといけないし、控え室はみんな一緒だし、いろんな意味で究極の本番だけど、こういうとこで弾いてると鍛えられますね。
久々の夫婦共演もやっぱり安心感があっていいですね^_^





さて、明日はフィリアホールで松平定知さんの朗読と一緒にショパンを弾くの会。
うまくいくような気がしてきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ustream

昨日(だっけ?)チラッと公表した、Ustreamでのコンサートライブ配信(1.18の浜離宮朝日ホールでのニューイヤーリサイタル)、
9/2の夜に決行することになりました!!
また詳しくお知らせしますね^_^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20140831

「松本和将/熱情〜松本和将ライブシリーズ5」の発売を記念して、
このCDのライブレコーディングを行った2014年1月18日の浜離宮朝日ホールでのコンサートを、Ustreamでライブ配信します。
しかも、なんと!!
僕自身のライブでの解説付き♪♪
解説が生で入ったら演奏が聞きにくくなるんじゃないか、という懸念もありますが、初めての試みなので何はともあれやってみて考えよう☆☆
あとからアーカイブなどで演奏だけ聞けるバージョンも作る予定です。
まだ詳しい日時は決まってませんが、9月の始め頃になると思います。
お楽しみに〜〜♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ発売!




現物が届いた!!

「松本和将/熱情〜松本和将ライブシリーズ5」
8/29発売です。

ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」
ブラームス:3つの間奏曲Op.117
ワーグナー=リスト:「タンホイザー」序曲
が収録されています^_^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

望郷のポロネーズ

そういえば、8月31日のショパン〜望郷のポロネーズ〜@青葉台フィリアホールは、満員御礼となったみたいです。
嬉しいな〜〜♪♪
元NHKの名物アナウンサー、松平定知さんの朗読に載せてショパンの名曲を奏でるコンサートです。
といっても、朗読の後ろでピアノが弾くのではなくて、朗読→ピアノ→朗読→ピアノ・・・という風に進んで行きます。
故郷ポーランドを出て、ウィーン・パリと旅をしている間にワルシャワがロシア軍によって陥落させられる場面や、マジョルカ島で苦しんでいる場面、いろんな場面のショパンの手紙を読み解いて行くことによってその人生をたどります。
いつも向き合っているショパンだけに、台本を読んでいるだけで感情移入がすごく出来て、いいコンサートになりそうな予感がしています。
20140831a

| | コメント (1) | トラックバック (0)

旅行☆☆

8月は例年コンサートが少ないので、少しだけ休暇を取って旅行に行って来ました。

というか夫婦二人ともなかなか休みが取れないので、半年たってようやく旅行に行けたというか・・・・
さて、
A140813101
これはどこでしょう?
あ、間違えた。
こっちだ。
1408146
あれ、これも違うっ!!!!
こっちだ↓
A140813111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手筒花火

誕生日のブログの写真がなんだか皆さん不審に思ったことでしょう。

その答えがこの動画ですnote

うちの奥さんの実家である愛知県は三河地方で、手筒花火デビューをしてきましたhappy02

三河では、この手筒花火が出来ると男として一人前と認められるようです。

松本和将、35にしてようやく男になってきましたO(^○^)O

Images

手筒花火とは、このようなものです。

これに、「これでもか!」というほど火薬が詰まっていて、

それに火をつけて直に手で持ちます。

Images2

そうするとこんな風になるわけです。

当然頭の上から火の粉が降り注ぎます。

服は刺し子の丈夫なものを着ていて、頭にも手ぬぐいをまいて、完全武装ではあるのですが、

それでも火の粉はあちこちから入って来ます。

僕は幸いにも手を軽くやけどしたくらいでしたが、義弟は服の中に火の粉が入ってお腹までヤケドしていました。

A0064511_21342186

最後には”どーん”という凄まじい音とともに下の部分が爆発します。

耳のすぐそばでその音を聞くので、しばらく耳がキーンとするほど。

これ、テレビで見たことある人もいるんじゃないかな。

CMでキムタクがやっていたあれです♪♪

初めてやる人は緊張で何も覚えていないことが多いと言いますが、

そこは演奏会で鍛えた精神力、最初から最後まで冷静な状態ですべてを堪能しました。

今回挑戦したのが3斤という大きさの物。

もう一度くらい3斤をやったら、次はもう一つ上の5斤にも挑戦してみたいものです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »