« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

アラフォー突入

本日35歳を迎え、アラフォーに突入しました。

「若い頃は成熟した晩年の演奏家の姿ばかり追いかけ、年をとった今は若い頃の自分の姿を追いかけている」と言っていたピアニストがかつていましたが、

そろそろそういう時期に入るのかな〜。

いや、まだ早いかcoldsweats01

成熟し、しかも若々しく(見た目じゃないよ(^^;;)あり続けたいものですhappy01



| | コメント (1) | トラックバック (0)

前橋汀子ヴァイオリンリサイタル in 名古屋、富山

ベートーヴェン全曲コンサートの2日後には、気持ちを入れ替えて前橋さんのリサイタル。





まずは毎年恒例名古屋の県立芸術劇場で。




今年は、サントリーホール大ホール、みなとみらい大ホール、ザ・シンフォニーホールという、




オケがやるようなホールでのコンサートがいくつかありましたが、




ソロでこんなホールを埋められる日本人アーティストは本当に希少ですよね。




他にも、9月には札幌のkitara大ホール、10月には東京芸術劇場もあります。




目白押しですね。




名古屋のまた2日後には、今後は富山市の隣・射水市でのコンサート。




800人くらいの中規模のホールなんですが、とっても響きのいいホールでした。




終わった後にピアノもはけて何もない舞台で写真を撮ってもらいました。






いつもピアノがあるのが当たり前なので、新鮮ですねconfident




舞台俳優さんなんかはきっとこんな感覚なんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコードの発売




上里はな子&松本和将デュオのフランク、グリーグ:ヴァイオリンソナタ、
実はレコードも作ったんです(^ ^)(^ ^)。僕自身はギリギリレコード世代ではないんですが、現物が届いた時の感動!!レコードって圧倒的な存在感ですね^ - ^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「熱情」編集中




ベートーヴェンリサイタルからそのまま、「熱情」のCD編集中。

1.18の浜離宮でのリサイタルから、

ベートーヴェン:熱情

ブラームス:3つの間奏曲Op.117

リスト=ワーグナー:タンホイザー序曲

が入ります。

乞うご期待clock

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ベートーヴェンピアノソナタ全曲コンサート第1回 in カワイ表参道

広島のライフワンと倉敷の小田珈琲館でやっているベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会、

あちらはもう折り返し地点の第4回を終えたのですが、東京での記念すべき第1回となるカワイ表参道でのコンサートも無事終わりました。

順番は広島・倉敷と同じ。

第1回は

第1番へ短調Op.2-1
第2番イ長調Op.2-2
第6番ヘ長調Op.10-2
第3番ハ長調Op.2-3

です。

初期のソナタの面白さ伝わったかなぁ。

この全曲演奏会シリーズを始めてから、何回か弾いた曲ばかりなので、

今回はわりと余裕を持って演奏出来た気がします。

それにしても、4日前にはエチュード全曲を弾いていたので切り替えが大変。

本当はもっと落ち着いてじっくり腰を据えて取り組みたいのに、なんでいっつもこんなキツキツスケジュールになるんだろうなぁ。

お客さんの反応とはいまいちずれていたけど、自分の中では前半の1番2番が今までにないくらい落ち着いてコントロールして弾けました。

3番の2楽章もやっぱり素晴らしい楽章だ。

せっかくベートーヴェンにこれだけどっぷり浸かったので、また今度軽く分析でも書いてみるかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リサイタル in 井原(岡山)




井原でのショパンエチュード全曲演奏会終了。
盛り上がりすぎて大洋で変な声出た気がする(笑)。
Op.10はまだしも、Op.25はテクニック的な難しさが全くそこに存在しないかのような音楽がしたいものだ。
少しずつ近づいている。
後戻りは一切していない!

それにしても盛り上がった日のコンサートではCDがよく売れる^_^。
今回完全にソロ、それもショパンのコンサートなのに、トリオとデュオのCDも持って行った分が全部売れたのは嬉しいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベートーヴェンピアノソナタ全曲解説講座

ベートーヴェンピアノソナタ全曲解説講座、シリーズ1の第2回無事終わりました。
相変わらずおとといくらいまで頭の中にはたくさんの断片があるだけであとは白紙だったんですが、昨日の夜から突然蜃気楼のように建物が出来上がって来ました。いやいや、蜃気楼じゃ困るな。
普段から山ほどCD聞いて、本も読んで(そんなにたくさんは読めないけれど)、いろんな人と話をして、どんどんイメージを、いや、妄想を膨らませているのがこういうところで役に立ってくる。いろんなところでレッスンして、「なんで出来ないんだろう」ってん〜と考えて、「そうか、この和音をこんなバランスで、音色で弾いて、このフレーズをこんなつなぎ方で弾いて、そのためにはこんな腕の使い方で指の形でやれば出来るんだ」って見つけ出すようなことをしているのも、こういうところで役立ってくる。
言葉にしてしゃべれば頭の中が整理されるから、自分の演奏にも役立ってくる。いいことだらけじゃないか。
一つ気をつけないといけないのは、言葉にすることによって言葉の範囲に制限されてしまわないようにすることですね。いつでも自由な感性を持っていないといけない。というわけで、17日には東京はカワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」で、ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会第1回があります。Op.2の3曲と第6番Op.10-2を演奏します。
このような理由につき、講座で言ったことと全く違うことをする可能性もありますのでお含みおき下さいbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上里はな子&松本和将デュオCD発売開始!

と言っても、発売日はすでに6月25日だったのでしたaries

Facebookに書いたらこっちにも書いたつもりになっていましたwobbly




フランク、グリーグ:ヴァイオリンソナタ
上里はな子(vn.)、松本和将(pf.)

数々の大舞台でソリストを務めてきた上里はな子(Vn.)と松本和将(Pf.)によるデュオ・シリーズ第1弾。それぞれの音がうねり、絡み合い、溶け合う。二人で奏でているとは思えない世界を創り出すスリリングな作品。

〈曲目〉
フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調 
グリーグ:ヴァイオリンソナタ 第3番 ハ短調 作品45 

¥2,916 (税込)
定価:¥2,916 (税込)
品種:CD
商品番号:RKCP-8102
発売日:2014/06/25
発売元:(有)ローヴィング・スピリッツ
JAN:4544873081026


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »