« ショパン講座 | トップページ | ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会第3回 in 倉敷 »

假屋崎省吾さんとのコラボ

去年の2月から何度か出演している「オペラ・プレミアム」

アナウンサーの松平定知さんや、ソプラノ歌手のサイ・イェングァンさんと一緒に今まではやっていたんですが、

もともとはお花の假屋崎省吾さんともコラボをする、という企画だったんです。

今まではなかなか予定が合わずご一緒出来なかったんですが、今回ようやくご一緒することが出来ました。

まずは、ピアニストの斎藤雅広さんに作って頂いた、ワーグナーとヴェルディの有名曲をちりばめた激烈な「祝典序曲」で幕開け。

最初から假屋崎さんとのコラボでした。

假屋崎さん、リハで一度だけ僕が弾くのを聴いただけなのに、曲の長さから何から覚えてしまうようで、

曲の終わりでちょうど最後の一差し。

すごいですねぇ。

でもそんな処理能力より何よりも、お花がゴージャスで美しい!!!

その後も、ワーグナー=リスト:イゾルデの愛の死、

ヴェルディ:「椿姫」から乾杯の歌(ピアノソロ)でお花をコラボして、舞台には3つの花が並んだんですが、

いやはや、すごい光景でした。

母が華道をやっていたにも関わらず、見て名前を言える花は多分5つにも満たないほど素養のない僕ですが、

ちゃんと美しい物に触れて勉強しないといけないな、と想いを新たにしました。

A1402214

A1402218

A1402219

|

« ショパン講座 | トップページ | ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会第3回 in 倉敷 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/59181794

この記事へのトラックバック一覧です: 假屋崎省吾さんとのコラボ:

« ショパン講座 | トップページ | ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会第3回 in 倉敷 »