« 園田高弘先生メモリアルコンサート | トップページ | 園田高弘先生メモリアルコンサート〜本番を終えて »

せんくら3日目

仙台クラシックフェスティバル2013、

3日目のソロリサイタルも無事終わり、これから東京帰ります。

今日のプログラムは

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ショパン:幻想即興曲

シューマン:アラベスク

ショパン:黒鍵のエチュード、革命のエチュード

ブラームス:間奏曲Op.118-2

ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

45分の短いコンサートなので、なかなかプログラミングが難しくて、

やりたいものとメジャーな曲をどちらも入れたらこんなにチグハグになってしまいましたaries

コンサートの副題は"ショパンとドイツの巨匠たち"。

主催者さんも一体どんなタイトルにするのよ!!と悩んだことでしょう。

今回はエル・パークのギャラリーホール。

前回来た時よりも会場が一回り大きくなりました。

それでも結構たくさんの方が来てくださっていて嬉しかったですねnote

さて、今回のメインは言うまでもなく熱情。

トークでも言いましたし、書いこともあるかもしれないですが、

「檻」のお話。

ベートーヴェンがあまり好きでないある生徒になぜベートーヴェンが好きじゃないのか?と質問した時に、

「檻に閉じ込められてるような気がするから」と答えたんですね。

なるほど、気持ちは分からないでもない。

でも、まだ彼女は檻に閉じ込められている段階で止まってたんですね。

そうじゃない、ベートーヴェンを演奏することによって聞いている人を檻に閉じ込めなければならない。

熱情なんてその際たるもので、最初から最後までお客さんに身動き一つさせてはいけない。

そのために必要なことは全て書かれてるんです。

人間の心理を知り尽くしたかのように、いや実際知り尽くしてたんでしょうね、

引きつけておいていなくなる、気持ち良くさせといて突き落とす、

そろそろ爆発するのかなと思わせたところではぐらかす、

そんなことを延々と続けて、最後は地の底に落ちていく。

凄まじいエネルギーを持った曲です。

しかし不思議なのは、これだけ人の心をコロコロと転がすようなことを書いているのに、

意地悪な印象は全く受けないんですよね。

だから、きっと本当は優しい人だったんだろうなぁ、という気がする。

自信もすごくあったんだろうなぁ。

じゃないと、作品1-1で変ホ長調なんて調を選べないですよね。

この「檻に閉じ込める」作曲の仕方をベートーヴェンがいつ始めたのかというと、

ピアノソナタで言うと5番からだと思う。

1番もその気がないではないけれど、まだまだ書法が完成してない感じがするんですが、

5番は実に分かりやすい。

怖いまでのエネルギーを持って始まり、それが徐々に収束していくのかと思いきや、実はまだまだ余力があってさらに爆発する。

コンパクトに作られているので若干のあっけなさはありますが。

特に3楽章は面白いですね。

昨日仙台のホテルで一人で譜読みをしながら踊ってたのですが(笑)

そうしたら

悪魔「そっちだよ

いや、あっちだよ

いやいや、こっちだよ~~!

と、見せかけて実はそっちだよ

いや、あっちだよ

いやいや、こっちなんだよ~

おいでおいで

さあさあおいで

ほーら引っかかった

回れ回れ

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる

(いなくなる)」

男「あれ、ここは楽園だろうか、さっきまでいた恐ろしい悪魔は消えたのだろうか」

なんて情景がどんどん浮かんできて楽しくなりました。

そして特筆すべきことが一つ。

この曲にすでに運命の動機が出てくるんです!!

奇しくも同じハ短調。

そういう意味でも、同じような雰囲気が流れているのも分かる気がしますね。

あとは、自分がどこまでそれを表現できるようになるか。

あと1週間。

がんばろcancer

|

« 園田高弘先生メモリアルコンサート | トップページ | 園田高弘先生メモリアルコンサート〜本番を終えて »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

「百年後、今の子供達によって、日本のピアニズムが確立されてたらいいな。」と話されました。

グローバル化が急速に進む中、今まで以上に「日本て? 日本人て?」とあらためて考え模索する人も急速に増えていると思います。

7年後、東京オリンピックも開催されます。
ジャパンピアニズム、やっぱり松本さんが、「今でしょう!!」

その必要性を強く感じておられ、確かな実力をお持ちの松本さんなら、きっと成し遂げられると思います。

投稿: ファン | 2013年10月 9日 (水) 11時48分

松本さん☆こんばんは☆。前に「体の使い方」講座を受講しまして、今度はなんと「呼吸」講座をするとのこと。おっ!と思ってしまいました。行けたら行きたいです。その前の22日パウゼは行けそうですので、楽しみにしています。踊りながら譜読みをなさるとは…私には、無理無理って感じ。さすがですね!ベートーベンの解釈も…気をつけていないと、私はすぐ引っかかってしまうタイプなので、悪魔には、油断大敵ですよね。園田たかひろ先生のコンサートも行ってみたいです。これから、リサイタルが沢山なので、今月はとても楽しみです!

投稿: ちゃま | 2013年10月 6日 (日) 20時11分

踊っているうちに?桃太郎でもでてきそぅですね。。smile

あれも、これも、松本先生の演奏できいてみたいです!
頑張ってください♪

投稿: ぷぅ | 2013年10月 6日 (日) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/58332255

この記事へのトラックバック一覧です: せんくら3日目:

« 園田高弘先生メモリアルコンサート | トップページ | 園田高弘先生メモリアルコンサート〜本番を終えて »