« 三浦一馬バンドネオンリサイタル in 米子 | トップページ | 上里はな子・松本和将デュオリサイタル in 豊橋 »

RSKトーク&チャリティーコンサート

A130922rsk1


さぁ、一体いきなり何の写真なのか。

コスプレ大会か?

いいえ、違うんです。

コンサートなんです。

俳優業に転向したんです。

桃太郎の役なんてやってしまったんですlovely

いや、俳優にはなってないですが、桃太郎をやったのは本当。

少し前まで毎年開催されていて、いろいろな趣向を凝らした舞台で大人気だった、

岡山の山陽放送主催のRSKチャリティーコンサート、

それが今年少し形を変えて復活しました。

その第3部では、岡山ゆかりの桃太郎の物語を音楽劇にしたものを演じたんです。

おなじみ作曲家の中島良史先生が脚本を書き(もちろん作曲も)、台詞はRSKのアナウンサーの方々、

そのセリフに合わせて僕が桃太郎、フルートの上野由恵さんがかぐや姫を演じたんです。

なぜ「桃太郎」にかぐや姫?なんて疑問は愚問です。

いろんなことが起こるのです。

・・・と今なら楽しく説明出来ますが、

音楽劇でセリフに合わせて動いて下さい、とは言われているけど、一体どんな内容なのか(台本はありましたが)、自分は何をすればいいのか、

いまいちよくわからないまま前日のリハに行ってビックリ。

これはめちゃくちゃ大変ではないですか!!

中島先生「もっと、そこで何かやって!!」

マツモト「何かやってって言われても、プロでもないのに無理ですよ〜〜Σ( ̄ロ ̄lll)」

なんてやり取りをしながらふと見ると、抜群に歌も踊りもうまいお姉さんが。

何と今回は、岡山出身のミュージカル女優・歌手の清水由樹さんが、

急遽参加して下さることになったんです。

まさに八面六臂とはこのこと。

中学生・高校生のダンサーたちの振り付けも全部して、彼女達をまとめつつ、

音楽とセリフのタイミングの調整などもし、

演技なんて全くの素人の僕らの振り付けから演技指導まで全部してくれて、

一体彼女がいなかったらこの舞台はどうなっていたんだろう、というくらい心強い存在でした。

前日はホールが閉まる直前までリハをし、

その後も飲みがてら打ち合わせをし、

次の日は(もうすでに本番の日ですね)GPより少し早めに行って、

リハでは演奏とセリフを合わせるのでほとんど時間を取られてしまったので、

細かい動きが必要なところを全部ふりを付けてもらい、

それだけでは足りないので第1部の演奏が終わった後にも練習を一緒にしてもらって、

そんな状態で舞台に出て行ったのに素人演技ながら一応ちゃんと劇になったのが奇跡的です。

脚本は面白いし、演奏もちゃんとしているし、

清水さんはもちろん、おじいさん役を演じたアナウンサーの滝沢さんも素晴らしい演技で、

ダンサーのコ達も上手だったし、

全体としてはなかなか面白い劇になったのではないかと思います。

客観的に見る余裕なんて一切なかったので僕には分かりませんが(笑)。

そして、フルートの上野由恵ちゃんもブラボーでした。

僕は何年か前にセリフ付きでモーツァルト役をやらされていてある程度鍛えられてますが、

おそらくこんなことをするのは初めてだろうに、入り込んだ演技をしてくれたので、

僕もなんとか乗っかれました。

これは団結力の生んだ奇跡ですね。

A130922rsk2

そして順番が前後しましたが、

第1部はオーソドックスにガラコンサート。

僕は岡山出身のピアニスト・中桐望ちゃんと一緒にプーランクの2台ピアノのための協奏曲を演奏しました。

前から大好きだった曲で、メロディーを全部覚えてしまうほどCDを聞き込んでいたんですが、

何せマイナーな曲なので本番で演奏する日が来るとは思っていませんでした。

望ちゃんは芦田門下・角野門下で後輩なんですが、

ホントに素晴らしいピアニストになっていて、

”僕が先輩として引っ張らなきゃ”なんて場面は全然なく、

対等に音楽を出来たのですごく楽しかったですnote

こうやって岡山の音楽家が育って行く姿を見るのも嬉しいものですね。

さて、このコンサートがまたいつあるのかは未定ですが、

やはり岡山ならではのコンサートなので、また来年でも再来年でも出来たらいいな。

それまで皆さん気長に待っていて下さいねlovely

|

« 三浦一馬バンドネオンリサイタル in 米子 | トップページ | 上里はな子・松本和将デュオリサイタル in 豊橋 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

桃太郎先生、(←悪のりすみません)
ご成功おめでとうございます♪

前日のリハからの役者業(?)、
本当にお疲れ様でした。

読んでいてただただびっくりしました。
台詞がない方が逆にかなり大変だと思いますのに
ぜ、前日から本格的合わせだったなんて、
ほぼぶっつけでの動き付けでも
きちんとこなしてしまわれるなんて、
しかも、コンチェルトもなんて、
先日の時差ぼけが全く感じられなかった講座といい
…先生…同じ地球人とは…ごほんげほんっ…
(二回目の悪のりすみません)

プーランクは勿論のこと
このようなあたたかい舞台、
こちらでも是非見てみたいです。

追伸
先生のプーランクを聴くことができずかなりいじけ気味のガルゥが
何故桃太郎にかぐや姫がいるのかと
頭のまわりにたくさん?マークを飛ばしておりました。

投稿: まぁむ | 2013年9月27日 (金) 11時37分

よっ、待ってましたー!桃太郎~~~!!happy02
貴重な写真、どうもありがとうございます。
うふふ。かわいい鬼がいますね。

桃太郎の格好のままピアノを弾かれたのでしょうか?

投稿: ふわふわ | 2013年9月26日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/58266934

この記事へのトラックバック一覧です: RSKトーク&チャリティーコンサート:

« 三浦一馬バンドネオンリサイタル in 米子 | トップページ | 上里はな子・松本和将デュオリサイタル in 豊橋 »