無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 生野正樹×松本和将デュオリサイタル in 大分 | トップページ | 生野まつきデュオ別府公演 »

2013年8月 2日 (金)

生野松本デュオ福岡公演

昨日の大分に引き続き福岡公演。

今日はこじんまりとしたサロンコンサートです。

しかしプログラムは同じ。

ヒンデミットのヴィオラソナタはサックスの平野さんともよく弾いた曲で、

大好きな曲なんですが、

ヴィオラソナタなのに(失礼っ!)オーケストラのような分厚さと迫力があるんですね。

ブラームスの1番も同じように迫力ある曲ですが、

個人的にはヒンデミットのほうが盛り上がります。

そんな凄まじい曲をサロンで弾くのでちょっと心配だったんですが、

いやはや、盛り上がりました(笑)

このソナタ、さすがドイツ人のヒンデミットが書いたと思わせる、

すみずみまで考え抜かれて構築された曲で、

最初から最後まで息をつかせる暇もなく緊張感を繋げていくあたりは、

ベートーヴェンから脈々と受け継がれた伝統を感じます。

プロコフィエフとだいたい同世代の作曲家なので、パッと聞き分かりにくい部分もあったりするんですが、

実はすごく歌に溢れていて、

前衛的に聞こえるんですが意外と古典的な和声展開をしてたり、

それでもヒンデミット以外の何物にも聞こえない響きを作り出していたり、

これはもっともっと世に知られていい名曲たと思います。

ヴィオラのコンサートが少ないから演奏されないんだな(笑)

福岡の夜はもちろんラーメン!!

を食べたらしいのですが打ち上げでたくさん飲んだので覚えてません(笑)

« 生野正樹×松本和将デュオリサイタル in 大分 | トップページ | 生野まつきデュオ別府公演 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生野松本デュオ福岡公演:

« 生野正樹×松本和将デュオリサイタル in 大分 | トップページ | 生野まつきデュオ別府公演 »