無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

FTVジュニアオケ写真

早速写真を送ってもらったのでアップします♪

1a
A
3a

2013年7月28日 (日)

FTVジュニアオーケストラ

FTVジュニアオーケストラとのチャイコフスキーピアノ協奏曲、無事終わりました。

子供達もどんどん本番が近づくごとに音が変わって行きしたね。

じゃあ最初からやれよ(笑)というのは倉敷ジュニアも同じだったな~。

みんなこれからどんな音楽家、愛好家になっていくんだろうなぁ。

このオケは母体がテレビ局なので、ふくたんというかわいいマスコットキャラクターも出動。

1375004656336.jpg

楽屋までダッシュで携帯取りに帰って一緒に取ってもらいました。

それから、昨日は誕生日だったので関係者でお祝いしてくれました。

1375004668520.jpg


ありがとうございます(^ ^)

さて、これから広島~。

福島から広島はなかなか遠いぞ( ̄ー ̄)


2013年7月27日 (土)

ペダル・テクニック講座第4回

一昨日の柏屋楽器での講座から息つく間もなく今日はカワイ表参道でペダル・テクニック講座です。

第3回までかがあたかもエチュード講座のようになっていて、

頭の中が腑抜けのようになっていて、

しかもエチュードコンサート前練習のためにスケジュール空けてたツケが一気に一気にやってきてすごく忙しかったので、

一体何をしゃべるのやら、という感じでしたが、

案の定本番10分前くらいにグアーっとアイデアが出てきて、モチベーションも上がって来るんですよね。

なのでしゃべる順番考えたり時間配分したりするのも本番直前。

別にいい加減にやろうとしてるわけではなくて、1、2週間前からずっとそのことが頭の中をグルグルしてるのに、

近くならないと全く頭の中が整理出来ないんですよね。

この直前追い込み体質なんとかならないものか。。

でも、もともとの知識やスキルなしには整理も出来ないので、

まとめようとせずにとにかくいろんなことを知っていろんなことを考えて、

断片的な要素であってもとにかく積み上げておくというとこは大事なのかもしれませんね。

前日から夕食の献立を考えておくわけではなくて、とりあえず考えられるありとあらゆる食材を揃えておく、と。

何でもあるから、料理を始めてからインスピレーションがどんどん湧いてきても何とでもなる、と。

しかも知識は食材と違って鎖 腐りもしないし、お金もかからない。

ふむふむ、だんだん自分のスタンスが分かってきたぞ!

さて、次の講座は9月19日のペダル・テクニック講座最終回。

今から知識の断片を拾い集めよう。

生まれてこのかた34年

今日で34歳になりました。

パチパチパチパチ。

たくさんの方にメッセージ頂きました。

ありがとうございます。

なんだかそろそろ自分がいくつなのか分からなくなってきましたね~( ̄▽ ̄)

まあ歳だけとっても内面が成長していなければ意味がないですし、

逆に言うと今何歳かをちゃんと覚えておくよりも自分の内面が今どのくらい成長しているのかを見つめるほうが大事なので、

「何歳ですか?」と聞かれて10秒ほど答えに詰まっていてもボケたと思わないで下さい(^^;;

今年もいい音楽が届けられますように。

2013年7月18日 (木)

阿部真也と仲間たちコンサート

1374756184430.jpg

茗荷谷のラリールという素敵なサロンに、音楽仲間たちのコンサートを聞きに行ってきました。

ヴァイオリンはおなじみ上里はな子ちゃん。

ヴィオラの阿部真也くんもまだ共演したことはないですが、仲良くさせてもらってます。

もう一人ヴァイオリンは、懐かしのベルリンドイツオペラで演奏している青谷由香里ちゃん。

チェロは一度松本ライオンズクラブのコンサートでご一緒したこともある、朝吹元くん。

仲間たちのコンサートを客席で聞くというのは楽しいですね。

特に後半のシューベルト死と乙女は素晴らしかった

シューベルトでああいう血が沸騰しそうになる緊迫感のある曲ってピアノにはないから、羨ましい。

いっそのこと編曲してしまおうか

2013年7月12日 (金)

まつきとわたるとはなこのトリオ、動画アップ♪

興奮のエチュードコンサートから一日、

もう完全に現実世界に戻っています。

我ながら切り替え早すぎだなぁ

というわけで、5月12日の倉敷は児島でのピアノトリオの演奏を、

Youtubeにアップしてみました。

まずはブラームスのピアノ三重奏曲です。

第1楽章♪♪

第2楽章♪♪


第3楽章♪♪


第4楽章♪♪

2013年7月11日 (木)

ショパンエチュード全曲演奏会 in カワイ表参道

ショパンエチュード全曲演奏会、無事終わりました~~♪♪
こんなものを自分が本当に弾ける日が来るとは全く思ってませんでしたが、やってよかった!!
がむしゃらに練習して、よ~く考えて、たくさん研究して、知らず知らずのうちに固まっていた部分や、もうちょっと訓練すれば動くようになる部分など、たくさん発見出来て、前よりもはるかにピアノが楽に弾けるようになりました。

しかも、ショパンエチュードは音楽的にも素晴らしい、という誰もが知っている事実を、全曲通してやることでさらに深く感じることが出来ました。
特に最後の25-12「大洋」は全曲続けてやらなかったら本当の魅力に気付かなかったかもしれない。

この曲集が完璧に弾ける人は、たくさんとは言わないけど世界にはきっと何十人も、何百人もいて、
僕にしか出来ないエチュードというのは何なんだろう、とずっと考えていたんですが、
終わった後にお客さんと話していると少しは達成出来たのかな、という気がします。

「オケのような響きがしました。」とか
「最後に向かってどんどん舞台が広くなって行くような気がしました。」とか
たくさんの嬉しい言葉を頂きました。

さて心機一転明日からは新たな曲の譜読みや練習頑張ろう♪♪

来て下さった皆さん、応援して下さった皆さん、ありがとうございました(^-^)


1373556541810.jpg


1373556545948.jpg


1373556548573.jpg

2013年7月10日 (水)

RSKラジオ

久しぶりにRSKラジオに出演します。

来週月曜日、15日の13時から15時の間のどこかででますよ。

もう少ししたら情報アップ出来ると思うんですが、9月にRSKのチャリティーコンサートが復活するので、そのPRなどです。

「ごごラジVIViッと!」

2013年7月 9日 (火)

吸音板

1373371537047.jpg

練習用に借りたワンルームが響きがガンガンだったので、カワイの方が吸音板を持ってきてくれました。

賃貸なので壁には取り付けられないですが、ずいぶん変わるもんですねぇ!!

まつきメール

松本和将本人から、コンサート情報などのメールが直接届く、

「まつきメール」なるものを始めてみました。

ブログのメインページの左側にアドレス登録フォームがあるので、

そこにアドレスを入力して下さい。

まだ何もちゃんと準備の出来てない見切り発車なので

どんな感じになるかわかりませんが、

隔週くらいでは配信しようと思ってます。

他にも大事なコンサートが決まった時など速報を出すと思います。

昨日の夜に思い立って設置をしたんですが、

もうすでに申し込みがあり、

いやはや皆さん見てますな~

嬉しいことです

2013年7月 7日 (日)

エチュードリサイタル完売!!

7月11日のカワイ表参道でのショパンエチュード全曲リサイタル、


なんと本番1週間前にして完売御礼です!!!

いやぁ、こういうものには皆さん食いつくんですねぇ(笑)

ひっそりとやるつもりだったのに、もはやそれは叶わないようなので、

これはもう一丁やったるしかないっ!!

最高のエチュードが弾けるようにあと数日、

最後の詰めをしたいと思います

2013年7月 4日 (木)

ミラノ国際ジュニアコンクール

生徒の動画つながりでもう一つ。


先日から何度か登場している、

ミラノ国際ジュニアコンクールで1位最高位をもらった下岡萌々子ちゃんの、

コンクール本番の動画がYoutubeにアップされたので、

こちらでも。

2013年7月 3日 (水)

第1回カンマームジークアカデミー修了演奏会ーその4


そして田中郁也くん、坂本早季ちゃんによるブラームス。

田中くんはこれまた10年近い付き合い。

しかしここ数年で驚くほど変わりました。

男になりました。
こんなかっこいいブラームスを弾けるようになるとは。
坂本さんは2回目の参加。
これまた4日間の合わせでどんどん変わって行き、感動の本番になりました。


そして岡山から参加の井上君のモーツァルト。
決してテクニックがずば抜けているわけではないんですが、
何をどうすればいいか、頭の中で全て分かっている理知的な演奏に一同ビックリしました。
とても室内楽初めてとは思えないですね。


他にも、希望がなかったので載せなかったですがすごく頑張っていた組もありました。

ヒロシマミュージックフェスティバル時代も考えると、僕はこれで9年目になるんですが、

ここまで凝縮した結束力の強かった回は今までなかったように思います。

音楽がやりたくて、もっとうまくなりたくて集まった人ばかりで、

叱咤激励されながら僕ら演奏家とともに4日間過ごしたあとの演奏会では、

たくさんのいい音色とともにたくさんの涙も見ました。

うれし涙も悔し涙もあるだろうけど、でもそれだけの想いがそこにあったということが大切なんだと思う。

また後で講師のミニコンサートの様子もアップするので見て下さいね☆

第1回カンマームジークアカデミー修了演奏会ーその3

次は吉竹千彰ちゃんのベートーヴェン。
このアカデミーの前身のヒロシマミュージックフェスティバルの時代からずっと参加してくれているので、ずいぶん長いこと聞いているのですが、
ここ1年のアカデミー講師の個人レッスンで大変貌。
カルテットなので僕は今回はレッスンしていないのですが、今までを知っている身からするとこれまた大感動でした。


そして、高須友利恵ちゃん、宮田侑ちゃんによるメンデルスゾーン。

高須さんは3回目、宮田さんは2回目、ずいぶん顔なじみな二人ですが、この組み合わせは初めてでした。
このくらいの年代の子たちは、なんとなくではなくて本当に目的意識も問題意識もたくさん持って参加してくれるので、やりがいがあります。
うまくいったところもうまくいかなかったところもありますが、
4日間一緒に合わせをして本番にかけて、いろんな想いが弾けて涙が出るような瞬間もありました。

第1回カンマームジークアカデミー修了演奏会ーその2

ここからはプログラム順。

まずは森杉美希ちゃん(中2)のモーツァルトで幕開け。
最初は自分のパートを弾くだけで精一杯で、自分の音を聞くことも共演者の音を聞く
ことも出来てなかったのですが、
ホールで合わせをしていくうちにずいぶん解き放たれた表情になっていきましたね。

そして茨城からはるばる参加してくれた大越菜奈ちゃん(中1)。

腕が痛くなるほど練習してきてくれたんですが、

演奏する楽しみや音の広がりをたくさん感じてくれて、
終わった後の笑顔が印象的でした。

お次は地元呉の若尾涼介くん(中2)。
最初はあまり周りも聞けず、自分のやりたいことも表せないという状態だったので、
か〜なり厳しいレッスンをしたのですが
本番までには見事に変身して語りかける音楽をしてくれて感動でした。



第1回カンマームジークアカデミー修了演奏会ーその1

3月末に広島は呉で行われた第1回カンマームジークアカデミー。

修了演奏会の模様がyoutubeにアップされたので、こちらでも紹介しますね。

まずはトリをつとめた岡田柚香ちゃん(中3)。

中3でこのブラームスの渋いトリオの内容を理解するだけでも大したものですが、

初日の合わせまでには、室内楽に必要な他のパートの読み込みなども完璧にやってきていて、驚きました。

きっといい室内楽奏者になるだろうね。

そして、ミラノ国際ジュニアコンクールで1位最高位を取ったことでも話題になっている、下岡萌々子ちゃん(中1)。

前半のトリをつとめました。

荒削りなところもあるけれどさすがのオーラで聴衆と共演者を惹き付けます。

こういう生まれながらに持っている(んだと思う)惹き付ける力というのは一体何なんだろう。



2013年7月 2日 (火)

ひとやすみっ

くまもんが巨大すぎて若干恐いですが(笑)


1372779957458.jpg

続きを読む "ひとやすみっ" »

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »