« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

第1回カンマームジークアカデミー in 呉

1364710342463.jpg

第1回カンマームジークアカデミー終了。

今年はヒロシマミュージックフェスティバルから脱退独立して初のセミナーということで、

たくさんたくさん不安があったんですが、

去年まで参加していた生徒達は変わらず来てくれて、スタッフさん達も変わらずお世話をして下さって、

そして呉市の全面バックアップでこの素晴らしい文化ホールを毎日使わせて頂いたり、告知も市内全域に回覧板で回してくれたりと、

たくさんの人が動いて下さっていつも通りのいい会になりました。

4日間講師陣も生徒も本気で音楽と向き合って、

一緒に笑い、時には本気で叱って泣き、

その後の修了演奏会はやはり格別でした。

演奏後に泣いてしまう生徒もたくさんいて、

感動の涙でも嬉し泣きでも悔し泣きでも、何にしてもそれだけのものを心に感じてくれたというのが嬉しい。

そして実際たくさんの生徒が来た時とは別人のような音楽をしてくれました。

僕ら演奏家にとってもものすごくチャレンジングな場で、本当に勉強になります。

自分達の練習が全くできないまま迎える講師演奏は本当にキツいんだけど、

何故だか毎年変なエネルギーが湧いてくるのも不思議です。

それにしても、終わってしまって淋しい。

毎日9時にホールに行って21時にホールから出て、

その後飲んでてもホテル帰っても音楽のことか生徒のことしか話してないから、夢の中にいたようで、

今日ようやく「春なんだ」ということに気付きました。

来年も同じ時期に呉でやらせて頂けるので、またみんなに会いたい。

新しい人にもどんどん会いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦一馬バンドネオンリサイタル in 横浜

1363419022298.jpg

先週のキンテートに引き続き、今日は三浦一馬くんとのデュオでコンサートでした。

神奈川県民ホールは10年ぶりくらいかな。

バンドネオンの音が教会のように広がっていき、

すごく気持ちよかった!!

今回は初めて、

レハール:君は我が心の全て
ララ:グラナダ

という歌ものをバンドネオンでやってみたんですが、

これが驚くほど音色とぴったりで楽しかったnote

それにしても、急にお花見日和みたいな気候になってきましたね。

行きの電車も完全に行楽モードな雰囲気。

そんな中僕はこれから本番。

えぇ、お花見に負けないくらい楽しんで演奏しましたよlovely

次の共演は8月です。

楽しみだっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドヴァイヨン先生によるエチュード講座っ・・・!!!

興奮の「からだのしくみと使い方講座」から2日。

体力ギリギリな作陽日帰りレッスンから1日。

頑張って日が昇ったばかりの早朝9時に起きて、またまたカワイに、

今度は西原先生の講座を聞きに行ってきました。

勉強になったー!!

なかなか他の方の講座を聞く余裕が普段ないんですが、やっぱり積極的に足を運ぶべきですね。

「一昨日の講座受講しました」とか、「4月11日のショパンの講座行きます」と声をかけて下さる方もいました。

他にもどんな講座があるのか、挟み込みのチラシをパラパラと見ていて、悶絶!!

130314

なんと、師匠の講座が直前にあるではないか!!しかもエチュード(笑)

これは無言のプレッシャーをかけられているのかΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

いやいや、直前に師匠の講座を聞けるなんて幸せなことです。

あ、もちろん行きますよ。

やべぇ~~、頑張らなきゃ(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

からだのしくみと使い方講座 in カワイ表参道

パーソナルトレーナーの宮坂博さんとの、からだのしくみと使い方講座inカワイ表参道「パウゼ」。

130312
予想以上の反響で80人近くの方が来て下さいました。
何度も打ち合わせをしてシミュレーションしただけあって、いい感じにまとまって、
伝えたいこともいくらかは伝えられたように思います。
自分のしゃべる内容とかも頭の中で構築して何度かシミュレーションしてみたら、やっぱりまとまるね。
いつも行き当たりばったりだったけど、講座はやはりこうあるべきか(笑)
何よりも嬉しかったのは、生徒役を立ててプチ公開レッスンをしたんですが、
ちょっとしたからだのエクササイズを宮坂さんから教わったあとに生徒が弾いた瞬間、
「あ、音が変わった~」という声が客席から聞こえて来たことです。
からだのしくみと使い方を知るのはあくまでも音楽のためで、最終的にはどう音が変わっていくかまで分からないと結局意味がないので、その部分が伝わったというのが嬉しい。
シリーズ化とか出来たらいいなぁ。
130312_2
生徒役のコたちも頑張ってくれましたO(^○^)O

| | コメント (1) | トラックバック (0)

角野先生還暦祝い

芸大の角野裕先生が今年還暦ということで、

卒業生でお祝い会をしました。


1363276008435.jpg


言い出しっぺの一人だったんですが、

実際はほとんど同級生が動いて会を作ってくれて感謝です。

それにしても先生が還暦とか、信じられない。

見よ、この爽やかな笑顔を。


1363276009971.jpg


僕は慣れない司会なんていう大役を仰せつかり、

緊張MAXだったんだけど何とかこなし、

解き放たれてワインを飲み明かす昼下がり。

会が終わった午後3時には一通りほろ酔い気分になってたんですが、

先生の「まだ時間あるんだけど」という一言で半分以上の人がカフェに流れ、

ワインを飲み明かす夕刻。

先生がお帰りになった午後6時にはさらに前後不覚に近づいていたんですが、

「せっかくだからみんなで晩ご飯でも」という誰かの言葉に、その中の半分くらいの人が残り、

ワインを飲み明かす夜更け。

結局10時間くらい飲み続けてたんじゃないか。

しかしなかなか会えない同門の仲間ともゆっくり話が出来たし、初めましての人達とも仲良くなれたし、

何よりもお元気な先生とたくさん話が出来て良かった。

還暦祝いとか関係なく、こういう会を定期的に出来たらいいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三浦一馬バンドネオンコンサート

三浦一馬くんの地元、久喜でのコンサートに、

キンテートで出てきました。

前にも書いたかもしれませんが、キンテートとはピアソラの考案した、

バンドネオン、ヴァイオリン、ギター、ベース、ピアノという編成で、

打楽器は一切ないのにすごいグルーブ感が生まれるんです。

いつもはヴァイオリンが石田泰尚さん韃靼ですが、

今回は高木和弘さんと初めてご一緒して、

ゲストでチェロの宮田大くんも出てました。

1363241831232.jpg

こんなメンバー。

みんな一人一人すごい演奏家なんだけど、このメンバーをまとめあげて自分のやりたい方向に確実に持っていく一馬くんがすごい。

一番若いのにねgemini

自分のことで手一杯な若手ソリストではなくて、

編曲も全部やるし、全体がどういう動きをしているかもちゃんと頭に入っていて、

でもこちらから何か仕掛けるとそれも楽しんで反応してくれる余裕も持ち合わせていて、

別格の巨匠・前橋汀子さんと、もはや身内のようになっているトリオの仲間をのぞけば、

一緒にやっててこんなに楽しいアーティストは他にいないかもしれません。

16日にも横浜で一緒にやるので、楽しみですhappy01note


1363241862800.jpg

おまけ写真。

高木さんの関西弁炸裂トークで大盛り上がりの楽屋catface

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三浦一馬バンドネオンコンサート

三浦一馬くんの地元、久喜でのコンサートに、

キンテートで出てきました。

前にも書いたかもしれませんが、キンテートとはピアソラの考案した、

バンドネオン、ヴァイオリン、ギター、ベース、ピアノという編成で、

打楽器は一切ないのにすごいグルーブ感が生まれるんです。

いつもはヴァイオリンが石田泰尚さん韃靼ですが、

今回は高木和弘さんと初めてご一緒して、

ゲストでチェロの宮田大くんも出てました。

1363241757245.jpg

こんなメンバー。

みんな一人一人すごい演奏家なんだけど、このメンバーをまとめあげて自分のやりたい方向に確実に持っていく一馬くんがすごい。

一番若いのにねgemini

自分のことで手一杯な若手ソリストではなくて、

編曲も全部やるし、全体がどういう動きをしているかもちゃんと頭に入っていて、

でもこちらから何か仕掛けるとそれも楽しんで反応してくれる余裕も持ち合わせていて、

別格の巨匠・前橋汀子さんと、もはや身内のようになっているトリオの仲間をのぞけば、

一緒にやっててこんなに楽しいアーティストは他にいないかもしれません。

16日にも横浜で一緒にやるので、楽しみですhappy01note


1363241764338.jpg

おまけ写真。

高木さんの関西弁炸裂トークで大盛り上がりの楽屋catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山芸大県人会

僕が大学1年生の時に有志で始まったこのコンサートも、もう15回目。

いつもは早島のゆるびの舎でやってるんですが(僕らの頃はテルサだったかな)、節目の年に芸文館でやるということでゲスト出演を頼まれて弾いてきました。

しかし、院3の中桐望ちゃんなんて浜松国際で2位取ってるし、他にも何人もすごくうまいコたちもいて、

生徒の発表会にゲストで出るのとは訳が違うので緊張しましたねtaurus

実際僕自身は、後輩たちにまじって一緒にコンサートに出る、というくらいの気持ちだったんですが、

15回もやってるコンサートということは大学1年生とはもう14歳も違うわけですよね……

今日は僕は

ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズを弾きました。

ピアノは他に、中桐望ちゃんと富田楓ちゃんの2人が出てたんですが、

3人とも芦田田鶴子先生門下であり角野裕先生門下でもあるんです。


1363134870948.jpg


別に自分が導いたわけでも何でもないんですが、何だか嬉しいですね。

終わったあとはもちろん打ち上げnote


1363134873152.jpg


1363134874778.jpg

楽しかった~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »