無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« また雨か? | トップページ | 日本丸 »

2012年11月11日 (日)

トリオ上田公演

1352866628271.jpg

まつきとわたるとはなこのトリオ、

上田公演終了しました。

今回は打ち上げの写真。

やはり長野はそばですな。

なんだかそば量がおかしいぞっ。

わたるの縮尺もおかしいぞ。

しかしこれ、一切編集なしなんです

さて、週末はまたもや雨の予報が出てました。

1352866632636.jpg

上田は18時から降り始めるということだったんですね。

開演が15時だから何とか終わるまでは持つはず、

なんて世の中そんなに甘くない。

間違えた。

ピアニストの雨男パワーはそんなに甘くない(笑)

1352866634643.jpg

途中長野の美しい山々の紅葉を眺めながら3人でレンタカーで上田に着いたのが11:30頃。

それからリハをすること2時間あまり。

終わって控え室から外を見ると、、、、、

雨っ

ヴァイオリニストもチェリストも晴れパワー、

主催者さんも晴れパワーらしいんですが、

…………

勝った(笑)

雨の力を借りて、本番も最高の出来でした

まずはモーツァルト:ピアノ三重奏曲Kv.548

それからソロコーナー。

今日は僕は、モーツァルト:ピアノソナタKv.330ハ長調の第1楽章とシューマン:トロイメライを弾きました。

ここのピアノはグロトリアンという珍しいピアノで、

古き良き時代のまろやかで渋い音がするので、いつものように派手に英雄ポロネーズとかではなく少ししっとり目なものを選んだんですが、

後から調べたところによるとどうやら、このグロトリアンというピアノはクララ・シューマンが愛したピアノらしい。

それでふっとトロイメライが弾きたくなったのかなぁ

そしてはなちゃんのソロコーナーは久しぶりのドヴォルザークの4つのロマンティックな小品から第1曲と、我が母の教えたまいし歌。

わたるがマーク・サマーのジュリー・オーというかっこいい無伴奏と、愛の讃歌。

とってもいい雰囲気で休憩に入って、後半はチャイコフスキーの偉大な芸術家の思い出。

何回弾いてもこの曲はやっぱりすごい曲だ。

ブラームスにしばらく没頭してその緻密さと深さに浸った直後は、

あまりチャイコフスキーに戻りたくないなぁなんて一瞬思ったりもしたんですが、

いやはや、こっちもホントにすごい曲です。

50分もある大曲なんですが、たくさんの方からあっという間でした、と言ってもらったのは嬉しかったですね。

さて、いつの間にかトリオのツアーも折り返し地点です。

何だか淋しい気もするけど、残りの公演もいい演奏出来るように頑張ります


« また雨か? | トップページ | 日本丸 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリオ上田公演:

« また雨か? | トップページ | 日本丸 »