« まつきとわたるとはなこのトリオ in 東京 | トップページ | また雨か? »

肩がっ…

むむむ、肩が痛いっ!!

それも肩こりとかじゃなくて四十肩的な。

あ、まだ30代ですが(笑)

最初にこんな感じになったのは2004年に初めてアカデミーアンサンブルと弾き振りをした時。

肩が上がらなくて大変でした。

その後はやはり倉敷ジュニアオケを初めて指揮した時。

あまりピアノだけ弾いててなることはないんですが、

さすがにこれだけ本番たくさんあると変な力が入ったり無理をしたりもしてるんだろうなぁ。

あ、そんなにひどいわけではないのでご心配なく、ではあるんですが。

しかしこの痛みがトリオの後に出るというのが面白いところ。

室内楽だから当然ソロのような音量は必要ないわけなんです。

というか出してはいけない。

弦の二人が何も聞こえなくなってしまう。

だから体はソロよりも楽なんだろうと思ったら、全くそんなことはないんですね。

ソロよりもおとなしく弾こうとすると、音楽もつまらなくなってしまうので、

ソロの時と同じだけの気持ちを発して、同じ音量を体の中で鳴らしてるんですね。

それをそのまま鍵盤に伝えるとすごい爆音になるので、

どこかでクッションを作らないといけない。

それを今回は肩のあたりでやってたんでしょうね。

特に東京公演は3人ともすごい気迫で弾いてたので、いつもよりさらに負荷がかかったのかもしれない。

室内楽でこんなに心も体も燃やしながら演奏出来るって幸せだなぁhappy01

|

« まつきとわたるとはなこのトリオ in 東京 | トップページ | また雨か? »

日記」カテゴリの記事

コメント

追伸
すいません。プラチナ下着(シャツ)は、母には物凄く効いたんですが、大阪に居る祖母に送ったら全然効きませんでした。母の痛みは、弟が医大を中退し父の跡を継げ無くなったのを 父から責められた所為なんで。老人性と精神的苦痛から来るのと違うらしいです。

投稿: | 2012年11月11日 (日) 07時23分

拝啓 柿にあたりました。
モマ・ブレス(松下電器)を母が、倉敷のコンベックスという総合展示場で買って来てくれたんですが、それっ切り何とも無くなりました四十肩。一万円位で。腕輪。それ迄は月一回太っい注射を肩にして貰ってますた。(ヤブ医者だと肩が動か無くなるさうで)近所の老婆は、指の根元に七万位の薄い輪を十本全部してしてましたが、付近のスーパー迄歩いて買い物へ行けるようになったそうです。もっと身体全体が痛む人は、プラチナ下着を母が着てましたが(滋賀に有った会社がまう無い)それも良く効いたさうです。他の会社のは効か無かったさう。
                 草々

投稿: モマ・ブレス | 2012年11月10日 (土) 09時18分

私は約一年間ひどかったですよ~。頭が洗えない(片手で洗いましたけど)、朝激痛で目が覚める、などなど。腕を三角巾で吊って生活したこともあります。今はもう、全身ゆるくなってしまったせいなのか痛くなることすらありません(汗)。

投稿: いぞるで | 2012年11月 9日 (金) 08時22分

あぅぅぅ~bearing四十肩、わたしもなったことあります;
37のお正月早々だったかな。。。年末に忙しかったのと緊張状態が続いた直後になった覚えがあります。(松本さんの忙しさに比べたらへでもないんですがそれでも^^;)
四十肩とかぎっくり腰って、なる前に「あ、このままムリするとヤバイかもbomb」という信号が出てるはずなので、それに気づいたらちょっと休んだりストレッチしたりできるといいんですが。。。

早くよくなりますように。お大事にしてくださいね。

投稿: ふわふわ | 2012年11月 8日 (木) 20時59分

大丈夫ですか?

投稿: ぷぅさん | 2012年11月 8日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/56069235

この記事へのトラックバック一覧です: 肩がっ…:

« まつきとわたるとはなこのトリオ in 東京 | トップページ | また雨か? »