« コンサート情報更新 | トップページ | 塩谷哲&松本和将ジョイントコンサートその2 »

塩谷哲&松本和将ジョイントリサイタル

いやはやいやはや、うまくいった~~happy01

もう、アドリブがちゃんと出来るかどうか心配で心配で。

先月くらいから頭の中はずっとそのことでいっぱいだったような気がします。

ジャズピアニストなわけじゃないから、セオリーどうりのきれいなアドリブなんて出来っこないし、

きれいにまとまっただけのアドリブなんかしても面白くないし、

でも欲張りすぎると途中で崩壊して止まってしまうし。

ってとこまで書いた時点でエネルギー切れで、ただいま19日の夜でございます(笑)。

あ、日付は16日で出すんだけどthink

ものすごいエネルギーを使って、普段ありえないようなアンテナを張ってたみたいで、

昨日(18日)までまだ体に疲れが残っていて、首が回りませんでした(笑)。

それにしても、あんなに頭の中がクリアーで冷静で、しかもアドレナリンが噴き出すような状態のままアドリブが出来たのは初めてだったなぁ。

クラシックではもちろんあります。

音楽に完全に入り込んだまま頭の中が冴えわたり、

遠くの空気の粒の一つ一つまで見えてきて、

その空間のどこにでも手を伸ばせば届くような気がするあの感覚。

しかし違うのは、クラシックでは偉大なる作曲家達の作った曲という確固たる「道」があるのに比べて、

ジャズのアドリブでは自分でその道を作っていかないといけない。

相手がいたらその相手がどんな色の道をどこに敷いていくか、ちゃんと見てないといけない。

そのアンテナの張り方は尋常じゃないですね。

前のリハの時に「あこがれのリオデジャネイロ」の最後のアドリブパートで、どんどんすごいところまで連れて行かれてしまったと書きましたが、

あれはリハだから僕を試すつもりでやってるのかなぁと思ったら、

なんと本番はそれどころじゃないくらい遠いところまで連れて行かれてしまいました(^_^;)

そこまで行ってしまうともう怖がっていても仕方ない!!

そう思った瞬間僕の中の何かが吹っ飛びました。

怖かったけど楽しかった~~♪♪

他の曲も本番ならではのインスピレーションが出せたと思うし、

すごくいいコンサートになりました
happy01

Dscf2675

|

« コンサート情報更新 | トップページ | 塩谷哲&松本和将ジョイントコンサートその2 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/55687856

この記事へのトラックバック一覧です: 塩谷哲&松本和将ジョイントリサイタル:

« コンサート情報更新 | トップページ | 塩谷哲&松本和将ジョイントコンサートその2 »