« 音楽鑑賞の時間 | トップページ | 塩谷哲さんと »

未来への架け橋 Piano Concert in 児島

Ap1020303

1月にリサイタルをした児島市民交流センター「ジーンズホール」で、

未来への架け橋コンサートを開きました。

瀬戸大橋の架かる児島地区で、未来ある生徒達の演奏を皆さんに聞いてもらい、

そして最後に自分も演奏するという、

何度か広島方面ではやってるんですが、倉敷では初の試みでした。

児島の米山楽器さんの主催でさせて頂いたので、1部は米山楽器店の生徒さん、

2部に僕の生徒達、

3部に自分の演奏というプログラムだったんですが、

先生業とピアニスト業の両立というのは何度やっても大変coldsweats01

でも、今まで成長を見てきた生徒たちの演奏に囲まれて自分も弾けるって、幸せなことだなぁとしみじみ思いました。

終わった後はみんないい笑顔。

Img_5765

やっぱり本番は一番育つ場所ですね。

どんどんみんなうまくなってくれるといいな☆

僕も本番で育ってますcoldsweats01

というか、本番がなかったらここまで育ってなかったかもcatface

コンサートという極限の場で、自分の持てる物を振り絞って出して、

崩れず、ぶれず、

守りに入らず、自分勝手にならず、

演奏するって本当に1回1回が人生の試験のようです。

でも、それで自分の奥底に眠っている者もどんどん掘り起こせて、

聞いてくれている人の心にも何かを届けられる、

素敵な瞬間ですよね。

ちなみに、今日の僕のプログラム。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ラフマニノフ:プレリュードOp.3-2「鐘」

ブラームス:6つの小品Op.118

ショパン:ノクターン第2番

ショパン:英雄ポロネーズ

~アンコール~

シューマン:トロイメライ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本当はスクリャービンのソナタを2曲弾く予定にしてたんですが、

ここ1週間くらいで、どうしても心にじんわりと染み込むような曲が弾きたくなり、

ブラームスにさせてもらいました。

なんだか今日は最後の英雄ポロネーズのあたりでは変なエネルギーが湧き出してた気がするなぁ。

このままフルリサイタルサイズだったらどうなってたんだろう。

さぁ、そろそろ東京に着きますhappy01

|

« 音楽鑑賞の時間 | トップページ | 塩谷哲さんと »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/55566734

この記事へのトラックバック一覧です: 未来への架け橋 Piano Concert in 児島:

« 音楽鑑賞の時間 | トップページ | 塩谷哲さんと »