« 塩谷哲&松本和将ジョイントリサイタル | トップページ | 小曽根真ピアノトリオ »

塩谷哲&松本和将ジョイントコンサートその2

ちなみに昨日のコンサートのプログラムは下記の通りでした。


・ミヨー:スカラムーシュ(2台)
 
・松本ソロ (当日発表)
  ショパン:ノクターン第8番 変ニ長調 op.27-2
        ワルツ第2番 変イ長調 op.34-1

・塩谷ソロ(当日発表)
  ビル・エヴァンス: ワルツ・フォー・デビー

・塩谷 哲:Valse (2台)

   〜〜〜〜〜〜休憩〜〜〜〜〜〜〜

・モーツァルト:2台のピアノためのソナタ ニ長調 K.448

・塩谷 哲: 組曲「工場長の小さな憂鬱」より(2台)
  1.純白の野心 2.森に棲む妖精たちのラベル貼り 4.慈愛  8.彩られる明日へ

・塩谷 哲: Spanish Waltz (2台)

<アンコール>

 塩谷 哲: あこがれのリオデジャネイロ(2台)

 ミヨー  :「スカラムーシュ」よりBrazileira(2台)

最初の曲というのはさすがに固くなってしまうことが多いですが、最初っからノリノリの曲を選んだおかげで、最初っからノリノリでした。

そして、心をこめて久しぶりのノクターン8番を弾き、そこからはワルツだらけです。

ソルトさんソロでワルツ・フォー・デビー、そして2台でのvalse。

芸大生時代、まだ10代の頃にこの曲作ったって言うから天才だねeye

この曲の真ん中は完全フリーのそれぞれのアドリブ。

この日はいい感じで次のフレーズが聞こえてきましたね。

こういう雰囲気のアドリブをするっていうのが、クラシック演奏家としてその世界に入る意義なのかなぁなんて思う今日この頃。

そうそう、少し脱線するんですが、子供の頃にエレクトーンやってる友達と「いい曲だなー」って言ってた曲があるんですよ。

自分でピアノに編曲して弾いたりもしていた、その曲のタイトルは「海溝」。

後になって知ったんですが、何と作曲塩谷さんだったんですよね。

それも、中学くらいの時にJOCで作ったという。

天才だscissors

さて、後半はとっても楽しいモーツァルトからnote

僕はとってもワクワク、ソルトさんはガチガチ(笑)

でもソルトさんとやってると、きっとモーツァルトの時代もこんな跳ねるビート感があったんだろうな、という生き生きした感じが伝わってきて、とっても楽しい。

ジャンルは違えど、きっと感じるものが似てるんでしょうね。

そして、ソロソルトのアルバムに入ってる「工場長の小さな憂鬱」から何曲か抜粋で2台版にしたものを。

とは言ってもソロの譜面に、ここのパートをどっちが弾くっていう記号を書き込んだだけでしたが(笑)

そしてプログラム最後はspanish waltz。

これは盛り上がった!!

途中のアドリブのところも3回も回してドンドンテンション上がって行って。

そうそう、きっと初めて聞いた人にはどこまでが譜面に書いてあってどこからがアドリブなんてことは分からないと思うんですが、それでいいんです。

知ってる人は、今回はそこの部分こんな風に弾いたか、なんて思いながら弾く楽しみがもちろんありますが、

知らずに聞いても、そのアドリブによって僕ら自身の気持ちもどんどん変化して行って音符が作られていって、その結果出来上がったものを楽しんでもらえればそれでいいんだと思う。

アンコールは懸案の「あこがれのリオデジャネイロ」でしたが、昨日のブログにも書いたようにぶっ飛んで、自分でも驚くほど楽しく弾けました。

そのままなだれ込むようにスカラムーシュの3曲目。

アンコールバージョンでかなり崩して(ソルトさんが^^;)。

ちょくちょくキャッチし損ねたところはありましたが、楽しく弾けたからいっか(^_−)−☆

その辺も含めて、どれだけテンション上がってても、どれだけ打ち合わせにないその場の気分でも、

全てをキャッチしながら自分からも仕掛けられるようになれたらいいなぁ。

サイン会もたくさんの方が並んでくれました。


1348112073540.jpg

譜めくりは愛弟子二人にやってもらったんですが、塩谷さんの思いつき(思いやり?)で前に出されてフルネームで紹介されて、インタビューまでされるという面白い展開になってましたhappy01

こういうすごい人の音楽を間近で聞いた経験が何かに生きてくるといいねぇ!

そして、毎月我が家のように使わせてもらっている、主催のヤマハ広島店の方々と。


1348112096581.jpg

|

« 塩谷哲&松本和将ジョイントリサイタル | トップページ | 小曽根真ピアノトリオ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/55702426

この記事へのトラックバック一覧です: 塩谷哲&松本和将ジョイントコンサートその2:

« 塩谷哲&松本和将ジョイントリサイタル | トップページ | 小曽根真ピアノトリオ »