« 小森谷巧&松本和将デュオリサイタル in 上田 | トップページ | 更新 »

小森谷巧さんレコーディング

長野のコンサートに引き続き、今度は小森谷さんのレコーディングに参加して来ました。

スタジオは茨城のT-TOC STUDIO。


1343275491492.jpg


あの筑波サーキットの近くです。

燃えるなぁ(笑)

ジャズ中心のレーベルで、秋吉敏子さんのCDとか作っている方のスタジオなんですが、

年に1枚くらいクラシックも出したいということで小森谷さんに白羽の矢が立ったそう。

ジャズのスタジオと聞いて特にピアノの状態とか心配してたんですが、

素晴らしい音色のベヒシュタインが置いてあって感動しました。

やっぱりベヒシュタイン好きだなぁ。

特にシューベルトのソナタのような繊細な曲では、

今まで自分が出したことのないような音色がどんどん出て来て楽しいです。

生徒に譜めくりしてもらってたんですが、1日目の終わりに少し弾かせてみたらこれまた今まで聞いたことのないようないい音色で弾いてるし。

これだけいろんな音色が出るピアノだと耳もイマジネーションも育ちますよねぇ。

さて、今回の曲目は

シューベルト:ヴァイオリンソナタイ長調

シュニトケ:古典的組曲

シュニトケ:ヴァイオリンソナタ第1番

シューベルト:連祷

です。

プレイバック聞いてても特にシューベルトの時の小森谷さんの音色は涙が出そうなほどきれい!

そしてシュニトケのソナタとかでは打って変わってリズム感あふれるエキサイティングな雰囲気になってます。

そして、このレーベルの責任者の今野さん、

ミュージシャンでもある僕と同世代の方なんですが、

この人がまたすごい!

都内ではなくて、音と電源のことを考えてわざわざつくばのあたりにスタジオを作るというだけでもそのこだわりが分かりますが、、

音楽に対するセンスの鋭さがハンパない。

そもそもそんなにクラシックを知らないらしいんです。

そして楽譜も読めない。

でも、僕らが弾いてるのをちょっと聞いて、少しだけ言葉で説明したらどんな音を求めているか瞬時に悟ってくれて、

あっという間にセッティングができてしまうんです。

これは天才だ。

きっといいCDになるだろうなぁ。

皆さんお楽しみに。

多分仕上がりは12月ごろだろうということです。

その前にオマージュ3が出るよhappy01


1343275496861.jpg

|

« 小森谷巧&松本和将デュオリサイタル in 上田 | トップページ | 更新 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/55282908

この記事へのトラックバック一覧です: 小森谷巧さんレコーディング:

« 小森谷巧&松本和将デュオリサイタル in 上田 | トップページ | 更新 »