« NoAコンサート後記 | トップページ | 演奏活動50周年 前橋汀子ヴァイオリンリサイタル in 横浜 »

カワイ竜洋工場

何度か行ったことのある浜松のカワイ竜洋工場。

新しい試作品が出来ると呼んで下さり、

僕はそれを弾いて、ああでもない、こうでもない、と意見を言わせて頂いて、

それがまた次のピアノに生きてくるわけです。

技術者さんたちといろいろお話しながら、

「この音質はこんな感じだけどどんな狙いですか?」

とか

「ここがもうちょっとこうなったら弾きやすいけど、何かやったら変わりますか?」

とか、楽しくやってるんですが、

よく考えたら将来のピアノ界のためにめちゃくちゃ責任あるお仕事ですね。

そして、今回は中島和彦先生門下の先輩の末永匡くんと一緒に行きました。

行きの新幹線の間じゅうずーーっとしゃべってて、

相変わらず会話のテンポも速いし、いろんなこと知ってて、音楽への想いも熱くて、

話しててホントに楽しい!!

そのまんまの勢いで、浜松に着いたらまずは恒例のうなぎ。
120524
そしてカワイの工場に向かい、資料館見学です。

カワイのグランドピアノ第1号から、ハンマーフリューゲル、チェンバロなどのレプリカ、

ミニアップライトなんてものまであって、

おもちゃを与えられた子供のように二人ともはしゃいでました。

120524_3
と、ここで終わったらたんなる観光になってしまうので、

その後は試弾室に1時間半ほどこもって、二人で2台のピアノを弾き比べながら、

ああでもない、こうでもない、と議論を交わし、

そのうちどんどん話が膨らんでピアノ界全体のことから音楽界のことまで、

どんどん脇道にそれていってたわけなんですが、

一人で「う~~ん」と考えるのと違って、人と話しながらどんどん考えが膨らんでいくのはすごく楽しい♪♪

その後また技術者の方も交えて、これまたどんどん話が盛り上がっていき、

終わってしまうのが名残惜しいほどでした。

こういう機会があるのは本当にありがたいことです。

次はいつ浜松に行けるかな~~
happy01

|

« NoAコンサート後記 | トップページ | 演奏活動50周年 前橋汀子ヴァイオリンリサイタル in 横浜 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この工場でGPを試弾して購入を決めたことがあります。もう手放してしまいましたが。。。
ここの池の形がグランドピアノなのですよね。notes
それを見てはしゃいだ事を思い出しました。
もちろんうなぎも食べました。

投稿: こばやし | 2012年6月 5日 (火) 21時27分

松本さん、こんばんは^^
新しいピアノの試作品を・・・というお話を読んで、前回のペダル講座のときのベートーヴェンのお話を思い出しました!
ということは松本さんは現代のベートーヴェンですねsmile

明後日は弟3回ペダル講座ですね~。毎回予習をしてから臨むのですが、さすがにリストのソナタロ短調や、フランクは全く未知の世界なので、せめて「トロイメライ」を久しぶりに弾いてみよう~♪と思ったら、楽譜が見当たらずcoldsweats02ただいま捜索中です。

投稿: ふわふわ | 2012年6月 5日 (火) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/54833430

この記事へのトラックバック一覧です: カワイ竜洋工場:

« NoAコンサート後記 | トップページ | 演奏活動50周年 前橋汀子ヴァイオリンリサイタル in 横浜 »