無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« こどものためのゆかいなコンサート | トップページ | ヒロシマミュージックフェスティバル修了演奏会 »

2012年5月 7日 (月)

ヒロシマミュージックフェスティバル


6日間にわたる宇宙一ハードなセミナー、ヒロシマミュージックフェスティバルが終わりました。

すっごい疲れてるはずなのに、なんだか元気。

祭りの後の淋しさもあるはずなのに、なんだか満たされている。

今回は特にすごく充実した講習会になった気がします。

いつもの向井大先生(「大」は体の大きさを表しています)が来れなくて、

よく共演もする金子鈴太郎君に来てもらったんですが、

彼のレッスンも素晴らしかったですね!!

どんどん生徒たちを金子ワールドに引き込んでいく。

次回は向井と二人来れたりしたら最高だろうなぁ。

はなこ先生も演奏もレッスンもどんどんパワーアップしてて、

ピアノの受講生のすぐそばで一緒になってすごいエネルギーで弾いてくれたら、

普段から見てるコなのに今までに見たこともないような表情で演奏してたりして、

ホントに充実してました。

生野くんはヴィオラならではのホンワカした空気感と視点で、いろんなアドバイスをしてくれて、

ピアノの下田望ちゃんはまだ受講生だった頃から知ってるんだけど、

感動するほどいい音出せるようになって、

受講生たちの指導もツボを心得てて安心して任せられるようになって、

感無量です。


会場は尾道から海を挟んだ向島なので、毎朝フェリー通勤


1336369944992.jpg


こんなメンバーで毎日一緒に行動して楽しくないわけがない!

ずっと笑いながら、でもこれ以上ないくらい真剣にレッスンして、

最初は自分の音を弾くだけで精一杯だったコがだんだん人が何を弾いているか見て聞けるようになっていって、

最後には笑顔すら浮かべながら誰かと一つの音楽を共有することの喜びを感じてくれている姿は感動的ですね。

国内の他の音楽祭とは違って、講師陣皆ほぼボランティアで参加しているので、

仕事でない分余計に生徒の成長が喜びに感じられるのかもしれません。

会場では、保護者の方々を始めとするたくさんの方が、これまたボランティアのスタッフとして動いて下さってました。

たとえいい先生が来ても、たとえトップにすごい人が据えられていたとしても、

現場で動いてくださる方なしにはこういう企画は成り立ちません。

尾道に泊まり込みでお世話をしてくださる方々に感謝感謝!!

さて、そんなこんなで最終日の修了演奏会を迎えます

« こどものためのゆかいなコンサート | トップページ | ヒロシマミュージックフェスティバル修了演奏会 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシマミュージックフェスティバル:

« こどものためのゆかいなコンサート | トップページ | ヒロシマミュージックフェスティバル修了演奏会 »