« 月刊ショパン誌上レッスン | トップページ | 石川県縦断ピアノコンサート »

夢のような話

明日は石川・穴水でコンサート。

石川県は南北にかなり長いので、小松空港ではなく能登空港に飛ぶわけなんですが、

一日2便しかないので、今日の夕方にはもう穴水入りなわけです。

最近寝不足だったので、昼前まで寝てたんですが、

夢に中で塩谷哲さんとデュオコンサートをしてました。

出番は第2部の後半。

前半の人がかなり長い曲を弾いていたので、コンビニに行ったわけなんです。

坂をおり、信号を越え。

そしてまた、信号を越え、坂を上って、

ようやくホールに戻るともう前の人たちはとっくに演奏を終えてる。

控室にももう塩谷さんいない!!

急いで着替えて、舞台に行こうとするけど、

何を弾くんだったかな?

あ、そうだ、モーツァルトのソナタだ。

楽譜なんかないけど、暗譜で弾けるんだろうか?

いや、それは無理だなぁ。。。

ん?

違う、2台のソナタじゃなくて2台のコンチェルトを二人でやるんだった。

それならあの辺に楽譜が、

あれ!!

ない、ない、どこにもない。

やばい、もうお客さんもずいぶん待ってるだろうに。

塩谷さんも怒ってないかな。

…………ってとこで目が覚めました。

早く起きなきゃ、と思ってたんだろうね。

本番が近くなってくると、コンサート関係の夢をよく見ます。

明日本番なのに、この曲1回もさらってない!どうしよう!!

なんて夢は日常茶飯事です。

一番印象に残ってるのは、

明日ゲルギエフとショスタコーヴィチのヴァイオリンコンチェルト弾かなきゃいけない!!

って夢でした(笑)

なんでゲルギエフだったんでしょうね。(ツッコミどころはそこじゃないぞ……)

|

« 月刊ショパン誌上レッスン | トップページ | 石川県縦断ピアノコンサート »

日記」カテゴリの記事

コメント

それはやはりきっと、深層心理に「バイオリンをちゃんと極めたい。」というのがあるのでは(笑)
私もその夢の共演が見たいです!
あ、でもやはりピアコンがいいです(笑)

投稿: hiroe | 2012年3月25日 (日) 13時46分

それって、ゲルギエフがバイオリンで松本さんが指揮ですか?
まさに夢の共演ですね(笑)。

投稿: いぞるで | 2012年3月24日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/54296623

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のような話:

« 月刊ショパン誌上レッスン | トップページ | 石川県縦断ピアノコンサート »