« コンサート&セミナー in パリンカ(仙台) | トップページ | 月刊ショパン誌上レッスン »

消える記憶、消す記憶、焼き付ける記憶

120320


ソフトをアップデートしたらiPhoneから絵文字が送れなくなってしまったので、

復元をしてみたらメールやカレンダー、連絡先が消えてしまった。

カレンダーと連絡先はiPadにも同じものが同期されてるから無事なんですが、

メールが消えてしまった。

なんで同期に失敗したんだろう・・・・

昔のデータをほじくり出してきて、去年の5月くらいまでのは戻ったんですが、

その後1年近くのメールは全部パァ。

思い出がつまったメールが。

何回もデータを復元してみて悪あがきして、

アップルのサービスセンターにも電話していろいろ可能性を聞いてみましたが、

ダメみたい。

送り主に全部転送してもらおうか、とか思いましたが、

これはきっと神様が「前を向いて歩きなさい」って言ってくれてるんだな、と思うことにしました。

楽しい思い出、幸せな思い出は自分の心の中に深く刻みつけていればいい。

いつでも思いだして、その時間、その場所、その景色、その匂い、一緒にいた人のもとに行ける。

苦しい思い出、つらい思い出は、

消えたメールと一緒に忘れてしまおう。

そう思ったら優しくなれる気がしてきた。

悲しくなった気がしてきた。

優しいと悲しい、幸せと孤独は同義語。

男は皆、心の中に孤独感を持ってるんだと思う。

生まれ持って。

それを丁寧に包んで、頑丈な箱に入れて、梱包して、

鉄の扉を閉めて、鍵をかけて、

そして記憶のかなたに封印する。

でも、本当に幸せな瞬間はその隠されたものを全部解き放った時なんだと思う。

「最近楽しいのね。」と言われる音を出している時の自分は偽りの自分。

それは、悲しさを封印して楽しさにだけ目を向けてる瞬間。

本当に幸せなのは、孤独感まで全部受け止められている瞬間。

何も隠していない瞬間。

怖い。

もしその支えがフッと抜けてしまったら、

全部が崩れてしまう。

だからまた殻に閉じこもってしまう。

その殻は、元の殻とは違うものになっている。

一度開いた扉は、また開くしか道がない。

もう少し、

もう少しで開ける。

そうすると、演奏しながら涙も溢れてくるはず。

悲しさと孤独感と、

あと心のあたりがぽーっと温かくなってくる感覚が出てくるはず。

メールが消えた、たったそれだけのことだけど、

なんだかいろんなことに気づかされた気がする。


|

« コンサート&セミナー in パリンカ(仙台) | トップページ | 月刊ショパン誌上レッスン »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/54269791

この記事へのトラックバック一覧です: 消える記憶、消す記憶、焼き付ける記憶:

« コンサート&セミナー in パリンカ(仙台) | トップページ | 月刊ショパン誌上レッスン »