無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 究極の選択 | トップページ | 雪っ!! »

2012年1月18日 (水)

ショパンとの対峙

1326897471844.jpg

終わったー。

終わった終わった

長かったショバンシリーズの完結編が終わりました。

幻想ポロネーズとともにショパンの魂は天に昇っていったかな。

ここ3,4年取り組んできたショパンも、ひとまずここで打ち止め。

先のことも考えないといけないけど、

とりあえず飲もう(笑)

« 究極の選択 | トップページ | 雪っ!! »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいコンサートお疲れ様でした。

日本のクラシック音楽の聖地である東京文化会館でのコンサートは、また特別な感じがしますね。。
客席から見ていて2009年の第一章の時の松本君は、何時もと違った「気合いと集中力」でピンと張り詰めた空気と緊張感を感じがしましたが(もちろんいつもの松本ワールドはありながらも・・)今回は「程よい集中力と柔らかな空気感」での空気を感じるコンサートに思えました。

本当にどの曲の演奏も素晴らしく、演奏家が曲と対話というか作曲家と、どんな風に交信を交わし会話を楽しんでいるのかなと・・思うようでした。。(今回の超カッチョィィ~ コンサート用のチラシのようなイメージ。。)

そんな訳で当日の夜は、幸せな気分で美味しくお酒を頂きました。。 やっぱり松本君は、オンリーワンの演奏家で素晴らしくもあり、楽しくもありですよぉ~。。。

このシリーズのフィナーレに相応しい最高の演奏をありがとうございました。まだふわふわしています。タイトル通り「苦悩から昇華へ」の過程を辿る事が出来ました。ノクターン13番、バラード4番、幻想ポロネーズが特に素晴らしかった〜。CD発売が楽しみです。

バラード4番、鳥肌たちました。素晴らしい演奏聴けて本当に幸せでした。ありがとございます。次はラフマニノフ聴きたいな。

お疲れ様でしたCD楽しみにしてます ショパンへのオマージュ1と2いつも聴いています♪ 今回のコンサートが3になりますか
待ち遠しいです

素晴らしい演奏ありがとうございました。
熟成された極上のワインとチーズを頂いたようで、まだ夢見心地です。

幻想ポロネーズの最後のあの音にのってショパンが昇天していったかのように感じました。

松本さん、ショパンシリーズおつかれさまでした
まるでショパンの声が聞こえてくるような気がいたしました。
本当に素晴しい演奏でした!!!

お疲れさまでした。
ショパンの最終章も大成功
おめでとうございます。

こちらのページに載せました。
http://matsumoto-fan.sakura.ne.jp/12-1-18.htm

東京文化会館~
お疲れ様でした。
かっこよかったです!
素敵でした!

おつかれさまでした~
ショパンの魂が天に昇っていくところ、しかと見届けましたよ!
ショパンますます好きになりました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンとの対峙:

» 松本和将氏 オール ショパン プログラム演奏会  ~第3章 苦悩から昇華へ~を聴いて [Yuris blog; Sa-dou, Piano, Opera, Investment, Southeast Asia, Mideast,]
先日、東京文化会館小ホールで行われた松本和将ピアノリサイタルへ行ってきました。2009年10月、2010年12月に続くシリーズ最終回、「生誕200年記念『ショパンとの対峙』~第3章 苦悩から昇華へ~」というタイトル。 前回の演奏会ですでに松本氏は今回の演奏会に... [続きを読む]

« 究極の選択 | トップページ | 雪っ!! »