« 佐賀バルーンフェスタ | トップページ | わらすぼ »

上里はな子&松本和将デュオリサイタル

今月3回あるデュオリサイタルの第1弾ですhappy01

浪漫座という昭和の香りのする名前の会場なので、

どんな場所なんだろうと思ってたんですが、

昭和どころか明治まで遡るような建物で、

素敵な空間でした。


1321015222900.jpg

だいたいこういう空間は、雰囲気はいいけど響きはそこまでないことが多いのに、

響きもホールのようにあるという会場で、

ホームコンサートのようにではなく、響きのいい賞ホールのように演奏の出来ました。

今日のプログラムは以下の通り


エルガー:愛の挨拶

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

ショパン:幻想曲ヘ短調

ショパン:黒鍵のエチュード

ドヴォルザーク:我が母の教えたまいし歌

深川甫:ラグーナ・ヴェルデ

休憩

フランク:ヴァイオリンソナタイ長調

(アンコール)

モーツァルト:トルコ行進曲

クライスラー:愛の喜び

お、こうやって見ると、愛で始まって愛で終わるコンサートだ(笑)

アンコールのクライスラーはいろいろ会場で試し弾きしてて決めたんですが、

なんと伴奏も暗譜bomb

それから、実は最初はショパンのバラード4番を用意してたんですが、

リハで何かの拍子に幻想曲を弾き始めたらそれがすごく気持ち良くて、

みんなに聞いてもそっちのほうがいいということで、急遽変更したり、

それから昨日ちょうど黒鍵のエチュードをレッスンしたコが最前列で黒鍵を食い入るようにして見てたり(笑)

なかなかスリリングなこと満載なコンサートでしたが、

抜群の安定感のはなちゃんにも助けられて、

楽しく演奏出来ましたhappy01note

終わった後にパチリcamera


1321015273036.jpg

主催の深川甫君も一緒にパチリcamera


1321015287072.jpg

どこかで名前を見たことがあるな、と思ったあなた、

そうsign01

正解ですnote

正にそこですflair

この日記の少し上ですhappy01

彼は佐賀県出身の作曲家で、

ヴィオラの生野正樹君を通して友達になったんですが、

今回は彼の曲を弾かせてもらったんですね。

色彩がどんどん変わっていく中に浮かんで流れていくような、素敵な曲でしたnote

ボリビアの湖の名前からタイトルをつけているみたいですが、

どおりで譜読みを始めた瞬間ボリビアの見てたりの景色が頭の中にスーッと浮かんできたわけだhappy01note

(ウソです…catface)

さぁ、第1弾の成功で弾みをつけて、

2回目の広島、3回目の恵比寿でもいい演奏するぞgoodhappy01

|

« 佐賀バルーンフェスタ | トップページ | わらすぼ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/53220764

この記事へのトラックバック一覧です: 上里はな子&松本和将デュオリサイタル:

« 佐賀バルーンフェスタ | トップページ | わらすぼ »