« リサイタル in 三原久井 | トップページ | 綾瀬遠征 »

譜読み

最近のすごいスケジュールを見て、

「一体いつ練習してるんですか?」とよく聞かれるんですが、

いつ練習してるかと言えば、

今練習してるんですnote

20111024

新幹線は譜読みの場所ですhappy01

ものすごく練習しないと弾けない曲だったら無理ですが、

そこまで難しくない曲の場合、弾かなくても練習出来るもんなんですよ。

だって、指の動きも体の動きも全て脳がつかさどってるわけで、

その音にちゃんと体と指が移動して、その指が動けば正しい音は出るわけで、

まずは楽譜を見て音楽の流れと和声と表情と一つ一つの音を把握して、

それから頭の中で体の動き、指の動きをシミュレーションしていけば、

だいたいのものは出来るわけです。

あとは弾いてみてイメージしたのと違ってたり、思いがけず難しかったりするところをさらって、

頭で思い描いたものと実際に出た音を近づけていけばいいわけです。

そうやっていくと、結構合間の時間を使えば意外と練習出来るもんでhappy01

そうそう、「弾かなくても」と書いてますが、

逆に「弾かないほうが」練習になることもたくさんあります。

よくあるパターンなんですが、

レッスンであまりにも歌えないので声に出して歌わせてみると、

ピアノを弾いてるのと全く同じように歌ってしまうコがいます。

ピアノだと実際の打鍵のテクニックとか、あと音が減衰してしまうこととか、いろんな障害があるので、

歌ってみたら自然なフレーズ感になるだろうと思って歌わせるんですが、

全く一緒。

本当は

「歌うようにピアノを弾く」

ことをしないといけないのに、

「ピアノを弾くように歌って」しまうんですね。

結局、ピアノを実際に弾いて譜読みを初めて、毎日必死に練習してるうちに、

自分の出してる音がその曲のイメージになってしまうんですね。

そしたらそこから発展のしようがなくなりますよね。

これが、弾かずに練習してたら、難しいところでも何でも自分にとって最も理想的な音楽が頭に浮かんでくるんですよね。

後は、そこに向かって進んでいくだけ。

僕の場合は必要に迫られて弾かずに練習してるわけなんですが、

どうしてもピアノが目の前にあって時間もあったら弾いてしまうので、

この忙しい生活もなかなかいいのかもhappy01note

忙しくても心は落ち着いて音楽とともにある気がしてますしconfident

さて、思いがけず語ってしまった・・・・

譜読み譜読みdash

|

« リサイタル in 三原久井 | トップページ | 綾瀬遠征 »

日記」カテゴリの記事

コメント

sign05るほどflair ピアノなくても練習できるんだっsign03 むしろそっちの方が頭で歌のイメージができるんだ〜happy02 すごい! 目からうろこです。 やってみよっsign03

投稿: ようこ | 2011年10月28日 (金) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/53074274

この記事へのトラックバック一覧です: 譜読み:

« リサイタル in 三原久井 | トップページ | 綾瀬遠征 »