« 10月1日、トロイメソーニャの合わせ | トップページ | »

雨男敗れる・・・・か?

聞いて下さいよ!!!

ちょっと前までは、明日も雨の予報だったんですよrain

わが師匠、芦田田鶴子先生と、ダンスの加藤ひろ子さんは、

どちらも超晴れ女らしく、

「今回は和君に負けたわ~~~!!」って言われて、

「ムフフ、勝ったscissors」と心の中で思ってたのに、

負けたっっbearing

いや、まだ分からないぞ。

絶対雨降らせちゃるfish

・・・・・じゃないな、そりゃあ晴れてるほうがお客さんにとってはいいもんなぁ。

こうなったら、客席に涙の雨を降らせちゃるっpunch

(クサッ・・・・。あ、今思いついただけですtaurus

さぁ、明日もがんばろshine

絶対楽しいコンサートになるぞnote

|

« 10月1日、トロイメソーニャの合わせ | トップページ | »

日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
heart01今日、倉敷市民会館大ホール、「トロイメ・ソーニャ」、 〜舞う音楽とダンスが奏でる4つのメルヘン〜
に、行きました。
fuji音楽は、クラシックあり、ジャズあり、フラメンコあり、また、ダンスあり、朗読ありと、盛り沢山で、終演まで、なんと、3時間20分もかかりました。
午後4時開演から、7時20分に、終わりました。
松本和将さんと、芦田田鶴子さんのピアノ、他には、くらしき作陽大学卒業のバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、クラリネット、エレクトーンの7人の若い方達。
あと、ソプラノ。

本来は、クラシック専門の演奏家ばかりなのに、ジャズ、フラメンコ音楽も、松本さん、芦田さん、伴奏の作陽大学卒業の方達の息が、ピタッと合い、見事な合わせでした。
若い方達は、音楽的センスがおありで、非常に、感心しました。
リズムの切れが良く、楽しく聞けました。
松本さんは、ジャズ界の、ビル・エバンス作曲の、ワルツ・フォー・デビューやら、シューマン、ピアノ協奏曲、歌のピアノ伴奏と、何をしても、ピタッと決まり、格好良かったです。
素晴らしい合わせを聞けて、感激でした。
fish最後のシューマン、ピアノ協奏曲が、1番印象に残りました。
松本さんは、この曲を、以前、弾かれた事が、おありですか?
教えて下さいね。
初対面で、あれだけ、息が合うとは、すごいsign01
素晴らしいコンサートを、ありがとうございました。

投稿: リエ | 2011年10月 1日 (土) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/52875499

この記事へのトラックバック一覧です: 雨男敗れる・・・・か?:

« 10月1日、トロイメソーニャの合わせ | トップページ | »