無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 趙静との合わせ | トップページ | さぬきうどん »

2011年7月11日 (月)

昼の音楽さんぽ〜趙静チェロリサイタル

久々の趙静との共演はやっぱり、最高にエキサイティングでした

特に合わせるための特別な練習をしなくてもすっと合う、ってのはいいね。

しかし趙静、相変わらずものすごいエネルギーと求心力です。

ちなみに今日のプログラム。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベートーヴェン:チェロソナタ第2番ト短調op.5-2

メンデルスゾーン:無言歌より

ベネチアの舟歌Ⅱ
春の歌

メンデルスゾーン:チェロソナタ第2番ニ長調

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メンデルスゾーンは特に盛り上がったなぁ

あんまり演奏されない曲だけど、もっと有名になってもいい曲なんじゃないかと思います。

ホールは去年の思い出深い塩谷さんとのコンサートと同じ、勝どきの第一生命ホール。

ピアノ2台の時にはキラキラと輝くような硬質の響きが印象的だったんですが、

弦とだと今度は包み込むような温かい響きに変わって、

やっぱりいいホールです。

さて、今日のコンサートはなんと11時半開演という早さでした。

っということはゲネは10時から。

ってことは朝は恐怖の7時半起き

ちゃんとコンサートに行けて良かった

そして、ってことは終わってもまだ1時前なんです。

お昼ご飯の前に本番が終わるなんて

というわけで、コンサートの後は近くの月島第三小学校にアウトリーチコンサートに行ってきました。

聞いてもらったのは4年生の70人程の子供たち。

最初は何もしゃべらずにメンデルスゾーンのソナタの1楽章を弾いたんですが、

チューニングの時からチェロにみんな釘付けだったのが印象的でしたね。

その後趙静が、「チェロを見たことある人?」と聞くとかなり手が上がったり、

ベートーヴェンはどの写真の人でしょう、と聞くと即座にみんな「左から5番目~!」と答えてたり、

なんだかレベルの高いコ達でした。

さすが月島

でも、すれた感じとかいいコにしてなきゃ、って感じとかなく、みんな素朴で元気で、

逆にパワーをたくさんもらいました。

その後趙静はそのまま大阪へ、僕は自宅へ帰り合わせを、

とワイワイばかやってた頃からは信じられない忙しさですが、

また次の共演の機会を楽しみにバイバイしたのでした。

さぁ、次はいつなんだろうなぁ。

近いうちにあるといいなー。

« 趙静との合わせ | トップページ | さぬきうどん »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

待ちに待った~超静さんとのヂュオ
素晴らしいコンサートに大感激でした。

ハードなスケジュールにも関わらず、アフターの時間をありがとうございます。
こちらに載せました。
http://matsumoto-fan.sakura.ne.jp/11-7-11.htm

ん?大きすぎ??

初めてコメントさせて頂きます。
趙静さん、先日の赤穂国際音楽祭で拝聴しました。
特に、ラベル/ピアノ三重奏で樫本大進氏との、対決とも言えるような対話が印象的です。
チェロだけの曲がプログラムになかったのは残念…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼の音楽さんぽ〜趙静チェロリサイタル:

« 趙静との合わせ | トップページ | さぬきうどん »