無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

HMF開講

29日から、初めての尾道でのHMF開催。

メンバーは去年と同じく、

音楽監督:小島秀夫先生

ピアノ:松本和将

ヴァイオリン:上里はな子

ヴィオラ:生野正樹

チェロ:向井航

という講師陣に、

演奏員としていつもお馴染み広響の先生方、ピアノの下田望ちゃんという、

一年に一度しか会わない人もいるけど、なんだか家族のような雰囲気になれるメンバーです。

今年は受講生も去年よりはるかに多くて、

しかも施設が10時まで使えるということで、

かなり過酷なスケジュール。

去年までも過酷だったけど、

さらに過酷(笑)

でもねぇ、これが楽しいんだな

忙しすぎて写真が撮れなかったので、

主催者の小島先生の奥様のブログから無断拝借

といっても、あまりたくさんはないですが。

110503hmf2

小島先生の息子で、広島が誇るホープ、小島りょう君とのチャイコフスキーのトリオ第2楽章。

一応彼は受講生扱いなんですが、

もう完全に対等に合わせを出来る素晴らしい音楽家です。

110503hmf

お馴染み、まつきとわたるとはなこのトリオ。

いや、ホントにこの名前のままでいいんだろうか(笑)。

せっかくトリオを組んだことだし、今回は課題曲にトリオも入れているので、

講師演奏もトリオをやらせてもらうことにしました。

別にかぶせたわけでもなんでもないのですが、

曲はりょうくんとやるチャイコの第1楽章。

そして、合奏というのが毎回必ずあって、

これまたチャイコの弦楽セレナーデの第1楽章なんですが、

その中に見たことのある顔がっ!!

110501hmf

ピアノの松本先生だ☆

去年よりは弾いてる姿もさまになってるかな??

ピアノの松本先生、ヴァイオリンの上里先生の特訓のもといつになくしっかり練習をして、

一応ちゃんと弦セレが弾けるようになってHMFに臨んだのでした。

しかし毎日ヴァイオリンを持って会場に行くも、

レッスンが詰め詰めで合奏の練習にはほとんど参加出来ず、

この回も何とか半分だけ参加できて後は本番という、

非常に怖い状態。

でも、合奏ってやっぱり楽しいな

さぁ、これから5日間、体と頭と心が果たして持つんでしょうか☆

限界に挑戦

2011年4月28日 (木)

もうすぐヒロシマミュージックフェスティバル

もうすぐヒロシマミュージックフェスティバルです。

いやはや、タイトルと文章の始まりが一緒とは、なんと芸のない(笑)

他のレッスンのために一足先に広島入り。

今月はよく広島に来てる気がする。

今回はなんと広島(尾道も含めて)12泊の旅です。

ほぼ半月だ

さて、今回のフェスティバルはどんな雰囲気になるんだろうなぁ。

珍しく寝付けずに、というか半端な時間に寝てしまって夜中に起きたら寝れずに朝日を見てしまったので、

諦めてゆっくりいろんな音楽を聞いていたら、

たくさんの想いと記憶がよみがえってきて胸がいっぱいです。

そうだ、もっと自分の中で音を鳴らせばいいんだ。

切ない音

哀しい音

幸せな音

もっともっと、

もっともっと、

いや、まだ足りない、

もっともっと。

音を鳴らして、

世界を作って、

あとはそれを実際の音にしてピアノに託すだけ。

自分に自由に、

自分に正直に、

さぁドアを開けて歩き出そう。

光と涙の音の世界へ。

2011年4月17日 (日)

巨匠と行くプロコフィエフの旅

巨匠・前橋汀子との新たなるプログラム、

プロコフィエフのヴァイオリンソナタ。

今回は第1番をご一緒させて頂きました。

この曲、カッコイイんですよ

2番もきれいで、カッコイイけど、

僕は個人的には1番のほうが奥に秘めた力があるような気がして好き。

何年か前に黒川侑君と共演して以来、

弾くのは2回目なんですが、

プロコワールドにはまりそうです。

そして前橋ワールドにはとっくにはまっています(笑)。

初めて共演する曲なので、入念に合わせをしました。

ちょっと油断をするとお互いの弾いているところが分からなくなってずれてしまいやすい曲なので、

しっかり把握もしなくてはならず、

だけど緊張感とか勢いとかかなり必要なので決して冷静に頭で弾いてる感じになってはならず、

なかなか難しい曲ですが、やればやるほど面白い☆☆

そして、巨匠とご一緒するのは初めてかもしれない、サロン・コンサート。

場所は町田の素敵なギャラリー&ホール、アートスペース・オー。

小さいヤマハのピアノだったんですが、すごく豊かな音がしてビックリです

今日のプログラムは、

エルガー:愛のあいさつ

モーツァルト:ヴァイオリンソナタト長調KV.301

プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第1番

休憩

フランク:ヴァイオリンソナタイ長調

マスネ:タイスの瞑想曲

フォーレ:夢の後に

サン=サーンス:序奏とロンド・カプリッチオーソ

今日はゲネプロからすごい気迫でした。

おうちでの合わせとは全く違う緊張感。

そのまま本番に突入して、

また今回も迫ってくるような緊張感。

プロコにはピッタリですね

そしてこれまた合わせでは聞いたこともないほどの美しい音色も飛び出してきて、

これぞ本番マジックですねぇ。

それにしても、

あのお年で(失礼!)あれだけのすさまじいモチベーションと体力を維持し続けてるっていうのがすごい

なんせ、合わせの時なんて3時間くらいぶっ続けて弾いてて、

僕のほうがへこたれそうになりましたからねぇ(笑)

だいたいの演奏家が、

うまく行くと円熟味、

ちょっと失敗すると無難なほうに走ってしまうのに、

巨匠はいつまでも崖っぷちギリギリを攻めるような演奏。

いやはや、すごいです!!

僕もがんばろ。

ジムを(笑)


2011年4月16日 (土)

入浴タイム♪

Img_5514

Img_3914

2011年4月14日 (木)

ジム

ついについに・・・・・





110414_2

スポーツジムに通うことにしました(笑)

今までもやせようと何度も行こうと思いながら、

重い重い腰は上がらなかったんですが、

重い重い腰がさらに重くなってきて、

どうも体のキレまでなくなってきたような気がして、

真剣に危機を感じてついに行くことに踏み切ったわけです。

んで、行ってみると、

今日はまだ導入くらいのことしかやってないけど、

ん~~~~、楽しい

待ってろよ~~~、夏の海!!!

(違うか・・・)



2011年4月13日 (水)

こちらはくらしき作陽大学の桜。

110411

きれいでしょ

なので、みんな作陽においでおいで(笑)

110411_2

こちらは、新幹線の「さくら」。

あんまりいい写真が撮れなかったなぁ。

なんせ、柵ギリギリまで出て携帯構えてたら、

すかさず駅員さんがすぐそばに待機してたからねぇ(笑)。

そういえば、中庄駅のエレベーターにこんなのありました

110220

こういうちょっとしたことが嬉しいねぇ☆☆

2011年4月11日 (月)

A110409

尾道のレッスン場所のすぐそばの桜。

去年の春も同じ場所で桜を撮っていました。

100417

こちらはロードスター付きですが。

春が来て、またいつの間にか春が来て、

そうして1年がグルグルグルグル回っていく。

景色も人も物も、グルグルグルグル回っていく。


2011年4月 9日 (土)

カメ

Img_3765

2011年4月 7日 (木)

だるま

Img_8046

2011年4月 4日 (月)

特別コンサート in 東広島

広島で一番長くレッスンに通っているピアノ教室の発表会で、
特別コンサートという形でゲスト出演してきました。
なかなかコンサートを聞く機会のない東広島の方にもたくさん聞いてもらいたい、というそこの先生の希望で、コンサートは公開にしました。
先に3時間ほど発表会があるので、朝早くリハーサルをして一旦ホテルに帰ってから、ゆっくりホールに行ったんですが、
まだその時は発表会真っ最中。
聞こえてくる生徒の音が、気になる気になる(笑)。
あ、あそこのところちゃんと弾けるかな?
お、こんなにいつもは思い切って弾かないコなのに。
ほら、そこのところ注意したばっかりなのに。
うわっ、大丈夫かな!!
なんていろんなことを感じてしまうので、あまりしっかり聞きすぎると今度は自分が弾けなくなりそうで、楽屋に閉じこもってたんですが、
また気になって舞台袖に行ったり、
いや、集中しないといけないから、と部屋に戻ったり、なかなか忙しく動いていました。

プログラムはこんな感じ。

ショパン:幻想即興曲
モーツァルト:ピアノソナタハ長調KV.330
吉松隆:プレイアデス舞曲集より
ショパン:バラード第4番ヘ短調Op.47
ホロヴィッツ:カルメン変奏曲

アンコール
モーツァルト:ピアノソナタ変ロ長調KV.332より
第2楽章

あ、ちなみに、場所は広島大学の中にあるサタケメモリアルというホール。
広島大学って東広島にあるんですねぇ。
最近まで知らなかった。
ホールはすごくいいホールでした
2月にサロンコンサートをしたあらえびすからも近くて、同じ先生の主催なので、
あらえびすが良かったから、と言って今回も来て下さった方が多かったそうです。
あらえびすでのコンサートは、普通にはなかなかないくらいの感情移入を持って弾けた、ものすごく成功したコンサート。
と、いうことは、お客さんは今回もそのレベルの演奏を期待しているわけです。
いやぁ、プレッシャーだなぁ(笑)
でもいいですね、そういう緊張感。
最初っからすごいレベルのものを期待されてて、その期待をさらに上回らなければならない緊張感。

果たして今回上回れたかは分かりませんが、
そんな緊張感の中不安もたくさんあったんですが、
かなりうまく行ったように思います。
サロンコンサートの目の前で伝わる臨場感とはまた違った、きれいに天井まで音の消えて行く、ホールならではの美しい音空間を創造できたかな、と。

バラード第4番は特に今年ずっと弾きつづけることになる曲なので、
これを皮切りにどんどん深めていけるといいなぁ。
そして、東広島でのコンサートもどんどん根付いて行くといいなぁ。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »