« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

倉敷ジュニアスプリングコンサート

くらしき作陽大学藤花楽堂という、
初の大きなホールでのスプリングコンサート、
大成功に終わりましたscissors

まずは震災にあわれた方々への追悼の意味を込めて、弦楽四重奏でバッハのG線上のアリア、
それなら講座生の演奏でヘンデルの水上の音楽、
そしてオケでまずはモーツァルト:フィガロの結婚序曲、そして団員二人のソロでモーツァルトのフルートコンチェルト第2番から第1、3楽章。
休憩を挟んで団員とOG、それからゲストで来てくれた岡山出身のチェリスト、井伊準君とブラームスのピアノ四重奏曲第1番、第1、4楽章、
ヴァイオリンとチェロのソロとオケ伴奏の編曲で、モンティのチャールダッシュ、
そしてオケのフルメンバーでボロディンのダッタン人の踊り。

今回は作陽と提携して初のコンサートで、作陽の学生さんもたくさん参加してくれました。

アンコールはお馴染み、ウエストサイドストーリーからマンボ。

どの曲も、もちろん課題はいくらでもありますが、ジュニアらしい演奏が出来たんじゃないかな。

こんな時期だからこそ音楽の灯をたやさずに、
ともすれば下を向いてしまいそうな人々の顔を上に向かせる力に少しでもなればいいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コンサート中止のお知らせ

3月23日に銀座のヤマハホールで予定されていた、

ホロヴィッツ記念国際コンクール受賞者コンサート in 東京は、

震災の影響で中止になりました。

楽しみにして下さっていた方、すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日カルチャーセンター ~熱情ソナタ~

モーツァルトのコンチェルトの翌日、

朝日カルチャーセンターも予定通り行われました。

こちらは驚くことに、予定していた方はほとんど来られてました。

やはりこの時期、

震災の話を避けては通れません。

まずはこんな中でコンサートなどのイベントを決行する意義、

音楽家には何も具体的な助けが出来ない、ということ、

それでも、何か出来ることがあるということ、もしくはそう信じたいということ、

そんな話をしてから講座を始めました。

本当は何か心の癒しになるような曲目だったら良かったんですが、

この緊迫した時期に皮肉なことに最高に緊迫感のある熱情ソナタ。

それでも、来て下さった方はそれでもいいと思って来ているのだと思い、

熱情の説明に徹しました。

中期のソナタの頂点に君臨するこのソナタは、

極限まで無駄をそぎ落として、極限までの緊張感を持って、

全ての要素が考え抜かれて作曲されているので、

一音一音にまで説明をすることが可能なほどです。

あまりがちがちに固めた講座にしたくなかったので、

あまりしゃべることを考えずに言ったのですが、

いくらでも言いたいことが出てくる!!

すごい曲です。

この曲に愛情や感傷というようなふわっとしたニュアンスはほとんど必要なく、

完璧に造形された音の羅列を全て解き明かしていくことが最も大切なので、

自然と講義は極めて論理的なものになってしまいます。

なので、あまりにも専門的になりそうな時は、ベートーヴェンの他の曲や他の作曲家の曲も引き合いに出しながら、

熱情一色にならないように心がけました。

次回は31番のソナタで、晩年のベートーヴェンの高貴でロマンティックな一面を紹介出来ればと思います。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

NoAコンサートVol.2~未曾有の震災の中での音楽の役割

地震の影響で次から次へとコンサートが中止になっている中、

NoAコンサートVol.2は予定通り行われました。

もしかしたら本番中に地震が来るかもしれない、

大規模停電で途中で中止にしないといけなくなるかもしれない、

原発の状況は一体どうなってるんだろう、

そんなたくさんの不安の中でのコンサート、

もちろん来る予定だった方が皆さん来れるわけではなくて、

お客さんも半分くらいだったのかな、

そんなコンサートですが、

やって良かったなぁと心から思います。

しかも、こういう状況の中にあって、

モーツァルトの、明るさの中に儚さと哀しさが同居しているような音色は、

心の中にスッと風が通り過ぎるように入り込んでくるのでしょう。

今は、

「ほら、何があっても前向きに力強く歩いていこう。」と励まされるベートーヴェンでもなく、

「僕はこんなに傷ついて生きてきたんだよ。(だからあなたも・・・)」と傷を共有してくれるショパンでもなく、

何も言葉を発しない、全てを表すように微笑むだけのモーツァルトが、

一番心に寄り添ってくれるように思います。

23番のコンチェルトの何と純粋で哀しいこと。

全てがありすぎて逆に何もない、

そんな世界なのかな。

コンサート後に話した方が、

東北の被災地の方々は、我々が思っているよりはるかに前向きに、みんなで励ましあって生きている、

と言っていました。

首都圏も大変な状況ですが、

まだまだ元気な僕たちまでふさぎこんだり焦ったりしてしまっては、

日本を立て直す人がいなくなってしまう。

なので、

いつも通りコンサートがあって、

そして、いつも通りではない、

もっと心が救いを欲している状態で音楽を聴けたというのは、

一つの光になるのではないかな。

少しずつ、

少しずつ、

首都圏の生活と心をいつも通りに戻していくきっかけに、

音楽がなってくれればいいな、と思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆東北地震・医師による健康相談室コミュニティ◆

一部のファンの方にはお馴染みかもしれませんが、

Anスカラシップという奨学金を一緒にもらっていた友達のお医者さんが、

被災地の方々のためのmixiコミュニティを立ち上げました。

現場に行くことは出来ないので、せめても出来ることを、ということで、

相談窓口を開いています。

待機しているお医者さんももう80人以上いるようです。

出来るだけたくさんの人に伝わったほうがいいと思うので、

ここで書かせていただきます。

皆さんの力でなるべくたくさんの方に知らせて頂ければと思います。

よろしくお願いします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

愛南町の内海診療所医師の山内美奈と申します。
私が中心となって、
SNS(ソーシャル・ネットワーク)のmixi(日本最大のもの)で、
有志の医者を募り、ボランティアで被災者の健康相談を開始しています。

◆東北地震・医師による健康相談室コミュニティ◆
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5523361 
(Yahoo!で「東北地震」×「健康相談」と検索すると、1番目に表示されます)

すで80人以上の医師がコミュニティに登録し相談待機しており、
被災者の健康相談を行っています。

医者はそろっています。後は、必要とする人と繋げて頂くだけです。

必ずお役に立てることと思いますので、どうぞ放送による周知をお願いいたします。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

地震、そして漆原啓子さん

昨日、どなたも亡くなっていないことを祈ります、とか書いたけど、

そんなに甘いものではなかったんですね。

テレビを見れなかったし、携帯からのネットはなかなかつながらないしで、どのくらいの惨状だったのかを全然知らなかったので、

家に帰ってテレビを見て茫然としました。

車が流れてる…

家まで流れてる…

流れなくても崩落した家、浸水してもう使えない家、

家を持つって一生をかけるくらい大変なことなのに、それが一瞬でなくなってしまう。

それでもまだ生きてれば何かは出来るだろうけど、

どんどん死者の数が増えていく報道を見ながら胸が痛いです。

何にも出来ないのがつらいけど、

きっと音楽にも何か出来ることがあるはず。

今日は漆原啓子さんと芦屋で非公開のサロンコンサートでした。

朝電車は止まってるし、東京駅は混乱してるし、果たして本番までにたどり着けるのか、というのが、一番の心配事でしたが、なんとか開演30分前に到着。

ギリギリな状況であればあるほどやる気が出てきて気も楽になるという変な修正を持つ僕なので、本番はバッチリでしたよ♫

それにしても、縁の深いニュージーランドの被災、そして今回の地震、

震災についてたくさん考える時期なのかな…

とにかく少しでも被害がすくないように祈っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

地震

地震のことで皆さん心配して下さっているようですが、

僕は大丈夫です。

外にいるのでどういう状況になっているのか良く分かりませんが、とにかくすごい渋滞と歩行者の数です…

ニュージーランドからまだほとんど日もたっていないというのに。

どなたも亡くなっていないことを祈ります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

頭に汗をかく男

E3DB380C-D102-44C4-B8AB-895EE2BA2299

最近自分の中で辛いものブームです。

言わずと知れた激辛ラーメン、

その名も辛ラーメン☆

ものすごいそのままなネーミングだなぁと思いながらちょくちょく食べてるんですが、

これにさらにハバネロペッパーというのを思いっきり手首のスナップをきかせて2、3振りすると、

あまりの辛さに別世界にワープできます。

そして、汗だらだら。

しかし皆さん、知ってましたか?

辛いものを食べた時の汗って、

首から上にしか出ないんです。

僕も最近知ったんですが、

確かに体は全く汗かいてない。

いや~、不思議。。。

そういえば、岡山・倉敷に帰った時にはどこのラーメンを食べてるんですか?というコメントがありましたね。

小さい頃は、シンフォニーホールの向かいの天神ラーメンが行きつけでした。

一家で天神ラーメンファンなんですが、平日の夕方までしかやってないので、なかなか行けなかったですね。

それからここ10年くらいでどんどん新しいラーメン屋が出来るようになって、

最初にはまったのは琥家(こや)。

東京でひたすら一風堂ばかり行ってたんですが、琥家も一風堂系の店ですね。

それから、希望軒、ぶんぶく堂、山下商店、くわんやエボリューション、とかに行ったかなぁ。

岡山でも最近は本格的なラーメンが食べれるようになって、嬉しいねぇ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

いよっ自画自賛

BE6FA997-D0C9-4873-9C86-EB1296674152

こんなんいかが(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »