« ヤングプラハ音楽祭創立20周年記念コンサート in 東京 | トップページ | ぷよ »

前橋汀子~室内楽の夕べ~

巨匠との室内楽、

僕にとっても初めての大公トリオが終わりました。

年末にほぼ譜読みの状態でヒィヒィ言いながら初合わせをしてから1ヶ月弱。

チェロの毛利さんの素晴らしいまとめ役もあり、

どんどん3人の音楽が近づいてきた気がします。

それにしても巨匠前橋さん、

あんなにすごい方なのに合わせの時はすごく謙虚で、

毛利さんにあちこちで「ここはこれでいい?」「ここはどうしたらいい?」

と聞いていました。

あたかも自信がないかのようにいろいろアドバイスを求めてるのに、

ひとたび音を出すと圧倒的な存在感。

そういえば、アルゲリッチとチョン・ミュンフンが連弾のリハをしてる時もそんな感じでした。

全部チョン・ミュンフンに仰せのままに、って感じでやってるのに、

音を出すとすごい存在感。

それも、決して押しつけがましかったりしゃしゃり出たりするわけではなく、

何気なくスッと出しただけの音がすごい力を持っていたりする。

この世界でここまでずっとトップを走り続けてきた人ならではですね。

そんな人が、ハイフェッツを生で聞いた時には「なんで私はヴァイオリンをやっているかしら。」と思った、と・・・・

一体どこまで上には上がある世界なんでしょ。

自分もどんどん登りつめていきたい。

どんどんもっといい音が出せるようになっていきたい。

ここ何年かずっと忙しく走り続けてきたから、

そろそろ少し自分を磨くことに時間を充てる時期なのかなぁ。

まあ時間がたてば自ずと道は見えてくることでしょう☆


|

« ヤングプラハ音楽祭創立20周年記念コンサート in 東京 | トップページ | ぷよ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/50721141

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋汀子~室内楽の夕べ~:

« ヤングプラハ音楽祭創立20周年記念コンサート in 東京 | トップページ | ぷよ »